Ruby 2.5.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > win32oleライブラリ > WIN32OLE_VARIABLEクラス

class WIN32OLE_VARIABLE

クラスの継承リスト: WIN32OLE_VARIABLE < Object < Kernel < BasicObject

要約

OLEオートメーションの変数情報をRubyで参照するためのクラスです。

OLEオートメーションサーバは、定数(WIN32OLE.const_load)、メソッド/プロパティ(WIN32OLE_METHOD)、イベント(WIN32OLE_EVENT)のほかに変数をクライアントへ提供できます。WIN32OLE_VARIABLEクラスは、サーバが提供する変数の情報をオブジェクト化します。変数情報にはCOMで決められた構造体やユーザ定義型のフィールド情報などがありますが、最も良く利用されるのはenum(列挙型)のメンバ情報です。enumのメンバは定数として利用できます。

WIN32OLE_VARIABLEのオブジェクトは、WIN32OLE_TYPE#variablesメソッドを利用して取得します。

サンプルコード

require 'win32ole'

tobj = WIN32OLE_TYPE.new('Microsoft Excel 14.0 Object Library', 'XlSheetType')
variables = tobj.variables
variables.each do |variable|
  puts "#{variable.name}=#{variable.value}"
end

実行結果は以下となります。

xlChart=-4109
xlDialogSheet=-4116
xlExcel4IntlMacroSheet=4
xlExcel4MacroSheet=3
xlWorksheet=-4167

@see WIN32OLE_TYPE#variables

インスタンスメソッド

定義 説明
name -> String
to_s -> String

変数名を取得します。

ole_type -> String

変数の型を取得します。

ole_type_detail -> [String]

変数の型と属性を取得します。

value -> object | nil

変数の値を取得します。

variable_kind -> String

変数の種類(VARKIND)を取得します。

varkind -> Integer

変数の種類(VARKIND)を取得します。

visible? -> bool

変数の可視性を取得します。

継承したメソッド

! != __id__ __send__ instance_eval instance_exec method_missing singleton_method_added singleton_method_removed singleton_method_undefined !~ <=> == === =~ _dump class clone define_singleton_method display enum_for eql? equal? extend freeze frozen? hash initialize initialize_copy inspect instance_of? instance_variable_defined? instance_variable_get instance_variable_set instance_variables is_a? itself marshal_dump marshal_load method methods nil? object_id pretty_inspect pretty_print pretty_print_cycle pretty_print_inspect pretty_print_instance_variables private_methods protected_methods psych_to_yaml public_method public_methods public_send remove_instance_variable respond_to? respond_to_missing? send singleton_class singleton_method singleton_methods taint tainted? tap to_a to_ary to_hash to_int to_io to_proc to_regexp to_str trust untaint untrust untrusted? yield_self .new .yaml_tag ::ARGF ::ARGV ::DATA ::ENV ::FALSE ::NIL ::RUBY_COPYRIGHT ::RUBY_DESCRIPTION ::RUBY_ENGINE ::RUBY_ENGINE_VERSION ::RUBY_PATCHLEVEL ::RUBY_PLATFORM ::RUBY_RELEASE_DATE ::RUBY_REVISION ::RUBY_VERSION ::SCRIPT_LINES__ ::STDERR ::STDIN ::STDOUT ::TOPLEVEL_BINDING ::TRUE