Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Arrayクラス > slice!

instance method Array#slice!

slice!(nth) -> object | nil[permalink][rdoc]

指定した要素を自身から取り除き、取り除いた要素を返します。取り除く要素がなければ nil を返します。

[PARAM] nth:
取り除く要素のインデックスを整数で指定します。

例:

a = [ "a", "b", "c" ]
a.slice!(1)     #=> "b"
a               #=> ["a", "c"]
a.slice!(-1)    #=> "c"
a               #=> ["a"]
a.slice!(100)   #=> nil
a               #=> ["a"]
slice!(start, len) -> Array | nil[permalink][rdoc]
slice!(range) -> Array | nil

指定した部分配列を自身から取り除き、取り除いた部分配列を返します。取り除く要素がなければ nil を返します。

[PARAM] start:
削除したい部分配列の先頭のインデックスを整数で指定します。
[PARAM] len:
削除したい部分配列の長さを整数で指定します。
[PARAM] range:
削除したい配列の範囲を Range オブジェクトで指定します。

例:

a = [ "a", "b", "c" ]
a.slice!(1, 2)     #=> ["b", "c"]
a                  #=> ["a"]

a = [ "a", "b", "c" ]
a.slice!(1, 0)     #=> []
a                  #=> [ "a", "b", "c" ]