Ruby 2.3.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > optparseライブラリ > OptionParserクラス > order

instance method OptionParser#order

order(argv) -> [String][permalink][rdoc]
order(argv) {|s| ...} -> [String]
order(*args) -> [String]
order(*args) {|s| ...} -> [String]

与えられた argv を順番にパースします。オプションではないコマンドの引数(下の例で言うと somefile)に出会うと、パースを中断します。 argv からオプションを取り除いたものを返します。

ブロックが与えられている場合は、パースを中断せずに引数をブロックに渡してブロックを評価し、パースを継続します。argv を返します。

下の例で言うと、コマンドの引数 somefile よりも後ろにオプションを置くことができません。-b もコマンドのオプションではない引数として扱われてしまいます。

[PARAM] argv:
パースしたい引数を文字列の配列で指定します。
[PARAM] args:
パースしたい引数を順に文字列として与えます。
[EXCEPTION] OptionParser::ParseError:
パースに失敗した場合、発生します。実際は OptionParser::ParseError のサブクラスになります。

例:

$ cat opt.rb
require 'optparse'
opt = OptionParser.new

opt.on('-a [VAL]') {|v| p :a }
opt.on('-b') {|v| p :b }

opt.order(ARGV)
p ARGV

$ ruby opt2.rb -a foo somefile -b
:a
["-a", "foo", "somefile", "-b"]