Ruby 2.2.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > bigdecimalライブラリ > BigDecimalクラス > sign

instance method BigDecimal#sign

sign -> Integer[permalink][rdoc]

値が正 (sign > 0)、負 (sign < 0)、その他 (sign == 0) であるかの情報を返します。

n = a.sign

としたとき n の値は a が以下のときを意味します。() の中の数字は、実際の値です (「bigdecimal/内部構造」を参照)。

n = BigDecimal::SIGN_NaN(0)                 # a は NaN
n = BigDecimal::SIGN_POSITIVE_ZERO(1)       # a は +0
n = BigDecimal::SIGN_NEGATIVE_ZERO(-1)      # a は -0
n = BigDecimal::SIGN_POSITIVE_FINITE(2)     # a は正の値
n = BigDecimal::SIGN_NEGATIVE_FINITE(-2)    # a は負の値
n = BigDecimal::SIGN_POSITIVE_INFINITE(3)   # a は+Infinity
n = BigDecimal::SIGN_NEGATIVE_INFINITE(-3)  # a は-Infinity