Ruby 2.1.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > objspaceライブラリ > ObjectSpaceモジュール > allocation_sourcefile

module function ObjectSpace.#allocation_sourcefile

allocation_sourcefile(object) -> String[permalink][rdoc] [added by objspace]

objectの元となったソースファイル名を返します。

[PARAM] object:
元となるソースファイル名を取得したいobjectを指定します。
[RETURN]
objectの元となるソースファイル名を返します。存在しない場合はnilを返します。
例:test.rbというファイルで下記のスクリプトを実行した場合

require 'objspace'

ObjectSpace::trace_object_allocations_start
obj = Object.new
puts "file:#{ObjectSpace::allocation_sourcefile(obj)}"   # => file:test.rb
ObjectSpace::trace_object_allocations_stop

[SEE_ALSO] ObjectSpace#trace_object_allocations_start, ObjectSpace#trace_object_allocations_stop