るりまサーチ (Ruby 2.5.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
33件ヒット [1-33件を表示] (0.009秒)
トップページ > バージョン:2.5.0[x] > クラス:Rational[x]

ライブラリ

キーワード

検索結果

Rational#*(other) -> Rational | Float (2.0)

積を計算します。

...

@param other 自身に掛ける数

other に Float を指定した場合は、計算結果を Float で返しま
す。

//emlist[例][ruby]{
r = Rational(3, 4)
r * 2 # => (3/2)
r * 4 # => (3/1)
r * 0.5 # => 0.375
r * Rational(1, 2) # => (3/8)
//}...

Rational#**(other) -> Rational | Float (2.0)

冪(べき)乗を計算します。

...す。other が有理数であっても、計算結果が無理数だった場合は Float
を返します。

//emlist[例][ruby]{
r = Rational(3, 4)
r ** Rational(2, 1) # => (9/16)
r ** 2 # => (9/16)
r ** 2.0 # => 0.5625
r ** Rational(1, 2) # => 0.866025403784439
//}...

Rational#+(other) -> Rational | Float (2.0)

和を計算します。

...other 自身に足す数

other に Float を指定した場合は、計算結果を Float で返しま
す。

//emlist[例][ruby]{
r = Rational(3, 4)
r + Rational(1, 2) # => (5/4)
r + 1 # => (7/4)
r + 0.5 # => 1.25
//}...

Rational#-(other) -> Rational | Float (2.0)

差を計算します。

...@param other 自身から引く数

other に Float を指定した場合は、計算結果を Float で返しま
す。

//emlist[例][ruby]{
r = Rational(3, 4)
r - 1 # => (-1/4)
r - 0.5 # => 0.25
//}...

Rational#-@ -> Rational (2.0)

単項演算子の - です。 self の符号を反転させたものを返します。

...単項演算子の - です。
self の符号を反転させたものを返します。

//emlist[例][ruby]{
r = Rational(3, 4)
- r # => (-3/4)
//}...

絞り込み条件を変える

Rational#/(other) -> Rational | Float (2.0)

商を計算します。

...しま
す。ただし 0 以外の整数に等しい場合は Rational で返します。

//emlist[例][ruby]{
r = Rational(3, 4)
r / 2 # => (3/8)
r / 2.0 # => 0.375
r / 0.5 # => 1.5
r / Rational(1, 2) # => (3/2)
r / 0 # => ZeroDivisionError...

Rational#<=>(other) -> -1 | 0 | 1 | nil (2.0)

self と other を比較して、self が大きい時に 1、等しい時に 0、小さい時に -1 を返します。比較できない場合はnilを返します。

...返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational
(2, 3) <=> Rational(2, 3) # => 0
Rational
(5) <=> 5 # => 0
Rational
(2, 3) <=> Rational(1,3) # => 1
Rational
(1, 3) <=> 1 # => -1
Rational
(1, 3) <=> 0.3 # => 1
Rational
(1, 3) <=> nil # => nil
/...

Rational#==(other) -> bool (2.0)

数値として等しいか判定します。

...でなければ false を返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational
(2, 3) == Rational(2, 3) # => true
Rational
(5) == 5 # => true
Rational
(0) == 0.0 # => true
Rational
('1/3') == 0.33 # => false
Rational
('1/2') == '1/2' # => false
//}...

Rational#abs -> Rational (2.0)

自身の絶対値を返します。

...自身の絶対値を返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational
(1, 2).abs # => (1/2)
Rational
(-1, 2).abs # => (1/2)
//}...

Rational#ceil(precision = 0) -> Integer | Rational (2.0)

自身と等しいかより大きな整数のうち最小のものを返します。

...//emlist[例][ruby]{
Rational
(3).ceil # => 3
Rational
(2, 3).ceil # => 1
Rational
(-3, 2).ceil # => -1
//}

precision を指定した場合は指定した桁数の数値と、上述の性質に最も近い整
数か Rational を返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational
('-123.456').ceil(+1...
...) # => (-617/5)
Rational
('-123.456').ceil(+1).to_f # => -123.4
Rational
('-123.456').ceil(0) # => -123
Rational
('-123.456').ceil(-1) # => -120
//}

@see Rational#floor, Rational#round, Rational#truncate...

絞り込み条件を変える

Rational#coerce(other) -> Array (2.0)

自身と other が同じクラスになるよう、自身か other を変換し [other, self] という 配列にして返します。

...other が同じクラスになるよう、自身か other を変換し [other, self] という
配列にして返します。

@param other 比較または変換するオブジェクト

//emlist[例][ruby]{
Rational
(1).coerce(2) # => [(2/1), (1/1)]
Rational
(1).coerce(2.2) # => [2.2, 1.0]
//}...

Rational#convert(*arg) -> Rational (2.0)

引数を有理数(Rational)に変換した結果を返します。

...引数を有理数(Rational)に変換した結果を返します。

@param arg 変換対象のオブジェクトです。

Kernel.#Rational の本体です。

@see Kernel.#Rational...

Rational#denominator -> Integer (2.0)

分母を返します。常に正の整数を返します。

...ます。

@return 分母を返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational
(7).denominator # => 1
Rational
(7, 1).denominator # => 1
Rational
(9, -4).denominator # => 4
Rational
(-2, -10).denominator # => 5
//}

@see Rational#numerator...

Rational#fdiv(other) -> Float (2.0)

self を other で割った商を Float で返します。 other に虚数を指定することは出来ません。

...@param other 自身を割る数

//emlist[例][ruby]{
Rational
(2, 3).fdiv(1) # => 0.6666666666666666
Rational
(2, 3).fdiv(0.5) # => 1.3333333333333333
Rational
(2).fdiv(3) # => 0.6666666666666666

Rational
(1).fdiv(Complex(1, 0)) # => 1.0
Rational
(1).fdiv(Complex(0, 1)) # => RangeError
//}...

Rational#floor(precision = 0) -> Integer | Rational (2.0)

自身と等しいかより小さな整数のうち最大のものを返します。

...[ruby]{
Rational
(3).floor # => 3
Rational
(2, 3).floor # => 0
Rational
(-3, 2).floor # => -2
//}

Rational
#to_i とは違う結果を返す事に注意してください。

//emlist[例][ruby]{
Rational
(+7, 4).to_i # => 1
Rational
(+7, 4).floor # => 1
Rational
(-7, 4).to_i # => -1
Rational
(-7, 4...
... Rational を返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational
('-123.456').floor(+1) # => (-247/2)
Rational
('-123.456').floor(+1).to_f # => -123.5
Rational
('-123.456').floor(0) # => -124
Rational
('-123.456').floor(-1) # => -130
//}

@see Rational#ceil, Rational#round, Rational#tr...

絞り込み条件を変える

Rational#hash -> Integer (2.0)

自身のハッシュ値を返します。

自身のハッシュ値を返します。

@return ハッシュ値を返します。


@see Object#hash

Rational#inspect -> String (2.0)

自身を人間が読みやすい形の文字列表現にして返します。

...に10進数の表記を返します。

@return 有理数の表記にした文字列を返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational
(5, 8).inspect # => "(5/8)"
Rational
(2).inspect # => "(2/1)"
Rational
(-8, 6).inspect # => "(-4/3)"
Rational
(0.5).inspect # => "(1/2)"
//}

@see Rational#to_s...

Rational#magnitude -> Rational (2.0)

自身の絶対値を返します。

...自身の絶対値を返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational
(1, 2).abs # => (1/2)
Rational
(-1, 2).abs # => (1/2)
//}...

Rational#marshal_dump -> Array (2.0)

Marshal.#load のためのメソッドです。 Rational::compatible#marshal_load で復元可能な配列を返します。

...Marshal.#load のためのメソッドです。
Rational
::compatible#marshal_load で復元可能な配列を返します。

[注意] Rational::compatible は通常の方法では参照する事ができません。...

Rational#negative? -> bool (2.0)

self が 0 未満の場合に true を返します。そうでない場合に false を返します。

...場合に true を返します。そうでない場合に false を返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational
(1, 2).negative? # => false
Rational
(-1, 2).negative? # => true
//}

@see Rational#positive?...

絞り込み条件を変える

Rational#numerator -> Integer (2.0)

分子を返します。

...します。

@return 分子を返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational
(7).numerator # => 7
Rational
(7, 1).numerator # => 7
Rational
(9, -4).numerator # => -9
Rational
(-2, -10).numerator # => 1
//}

@see Rational#denominator...

Rational#positive? -> bool (2.0)

self が 0 より大きい場合に true を返します。そうでない場合に false を返します。

...場合に true を返します。そうでない場合に false を返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational
(1, 2).positive? # => true
Rational
(-1, 2).positive? # => false
//}

@see Rational#negative?...

Rational#quo(other) -> Rational | Float (2.0)

商を計算します。

...しま
す。ただし 0 以外の整数に等しい場合は Rational で返します。

//emlist[例][ruby]{
r = Rational(3, 4)
r / 2 # => (3/8)
r / 2.0 # => 0.375
r / 0.5 # => 1.5
r / Rational(1, 2) # => (3/2)
r / 0 # => ZeroDivisionError...

Rational#rationalize(eps = 0) -> Rational (2.0)

自身から eps で指定した許容誤差の範囲に収まるような Rational を返 します。

... Rational を返
します。

eps を省略した場合は self を返します。

@param eps 許容する誤差

//emlist[例][ruby]{
r = Rational(5033165, 16777216)
r.rationalize # => (5033165/16777216)
r.rationalize(Rational(0.01)) # => (3/10)
r.rationalize(Rational(0.1))...

Rational#round(precision = 0) -> Integer | Rational (2.0)

自身ともっとも近い整数を返します。

...//emlist[例][ruby]{
Rational
(3).round # => 3
Rational
(2, 3).round # => 1
Rational
(-3, 2).round # => -2
//}

precision を指定した場合は指定した桁数の数値と、上述の性質に最も近い整
数か Rational を返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational
('-123.456').round(+...
...1) # => (-247/2)
Rational
('-123.456').round(+1).to_f # => -123.5
Rational
('-123.456').round(0) # => -123
Rational
('-123.456').round(-1) # => -120
Rational
('-123.456').round(-2) # => -100
//}

@see Rational#ceil, Rational#floor, Rational#truncate...

絞り込み条件を変える

Rational#to_d(nFig) -> BigDecimal (2.0)

自身を BigDecimal に変換します。

...

@return BigDecimal に変換したオブジェクト

@raise ArgumentError nFig に 0 以下を指定した場合に発生します。

例:

require "bigdecimal"
require "bigdecimal/util"
Rational
(1, 3).to_d(3).to_s # => "0.333E0"
Rational
(1, 3).to_d(10).to_s # => "0.3333333333E0"...

Rational#to_f -> Float (2.0)

自身の値を最も良く表現する Float に変換します。

...{
Rational
(2).to_f # => 2.0
Rational
(9, 4).to_f # => 2.25
Rational
(-3, 4).to_f # => -0.75
Rational
(20, 3).to_f # => 6.666666666666667
Rational
(1, 10**1000).to_f # => 0.0
Rational
(-1, 10**1000).to_f # => -0.0
Rational
(10**1000).to_f # => Infinity
Rational
(...

Rational#to_i -> Integer (2.0)

小数点以下を切り捨てて値を整数に変換します。

...by]{
Rational
(2, 3).to_i # => 0
Rational
(3).to_i # => 3
Rational
(300.6).to_i # => 300
Rational
(98, 71).to_i # => 1
Rational
(-30, 2).to_i # => -15
//}

precision を指定した場合は指定した桁数で切り捨てた整数か
Rational
を返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational
('-...
...123.456').truncate(+1) # => (-617/5)
Rational
('-123.456').truncate(+1).to_f # => -123.4
Rational
('-123.456').truncate(0) # => -123
Rational
('-123.456').truncate(-1) # => -120
//}

@see Rational#ceil, Rational#floor...

Rational#to_json(*args) -> String (2.0)

自身を JSON 形式の文字列に変換して返します。

自身を JSON 形式の文字列に変換して返します。

内部的にはハッシュにデータをセットしてから JSON::Generator::GeneratorMethods::Hash#to_json を呼び出しています。

@param args 使用しません。

@see JSON::Generator::GeneratorMethods::Hash#to_json

Rational#to_r -> Rational (2.0)

自身を返します。

...自身を返します。

@return 自身を返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational
(3, 4).to_r # => (3/4)
Rational
(8).to_r # => (8/1)
//}...

絞り込み条件を変える

Rational#to_s -> String (2.0)

自身を人間が読みやすい形の文字列表現にして返します。

..."-17/7" のように10進数の表記を返します。

@return 有理数の表記にした文字列を返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational
(3, 4).to_s # => "3/4"
Rational
(8).to_s # => "8/1"
Rational
(-8, 6).to_s # => "-4/3"
Rational
(0.5).to_s # => "1/2"
//}

@see Rational#inspect...

Rational#truncate(precision = 0) -> Rational | Integer (2.0)

小数点以下を切り捨てて値を整数に変換します。

...by]{
Rational
(2, 3).to_i # => 0
Rational
(3).to_i # => 3
Rational
(300.6).to_i # => 300
Rational
(98, 71).to_i # => 1
Rational
(-30, 2).to_i # => -15
//}

precision を指定した場合は指定した桁数で切り捨てた整数か
Rational
を返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational
('-...
...123.456').truncate(+1) # => (-617/5)
Rational
('-123.456').truncate(+1).to_f # => -123.4
Rational
('-123.456').truncate(0) # => -123
Rational
('-123.456').truncate(-1) # => -120
//}

@see Rational#ceil, Rational#floor...

Rational.json_create(hash) -> Rational (2.0)

JSON のオブジェクトから Rational のオブジェクトを生成して返します。

...JSON のオブジェクトから Rational のオブジェクトを生成して返します。

@param hash 分子をキー 'n'、分母をキー 'd' に持つハッシュを指定します。...