るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
99件ヒット [1-99件を表示] (0.023秒)
トップページ > クエリ:IO[x] > クエリ:eval[x]

別のキーワード

  1. io popen
  2. io pipe
  3. io each
  4. io lines
  5. io readlines

検索結果

RubyVM::InstructionSequence#eval -> object (21107.0)

self の命令シーケンスを評価してその結果を返します。

...self の命令シーケンスを評価してその結果を返します。

RubyVM::InstructionSequence.compile("1 + 2").eval # => 3...

TkOptionDB.#eval_under_random_base(parent = nil, &block) (9101.0)

@todo

@todo

Proc#source_location -> [String, Integer] | nil (6112.0)

ソースコードのファイル名と行番号を配列で返します。

...# /path/to/target.rb を実行
proc {}.source_location # => ["/path/to/target.rb", 1]
proc {}.source_location # => ["/path/to/target.rb", 2]
(eval "proc {}").source_location # => ["(eval)", 1]
method(:p).to_proc.source_location # => nil

@see Method#source_location...

irb/completion (6012.0)

irb の completion 機能を提供するライブラリです。

...irb の completion 機能を提供するライブラリです。

=== 使い方

$ irb -r irb/completion

とするか, ~/.irbrc 中に

require "irb/completion"

を入れてください.
irb実行中に require "irb/completion" してもよいです.

irb 実行中に [Tab] を押すとコ...
...がでます. 候補が唯一ならば完全に補完します.

irb(main):001:0> in
in inspect instance_eval
include install_alias_method instance_of?
initialize install_aliases instance_variables
irb(main):001:0> inspec...
...foo.id foo.respond_to?
foo.__id__ foo.inspect foo.send
foo.__send__ foo.instance_eval foo.singleton_methods
foo.class foo.instance_of? foo.taint
foo.clone foo.instance_variables foo.taint...

RubyVM::InstructionSequence#to_a -> Array (3006.0)

self の情報を 14 要素の配列にして返します。

...す。

: magic

データフォーマットを示す文字列。常に
"YARVInstructionSequence/SimpleDataFormat"。

: major_version

命令シーケンスのメジャーバージョン。

: minor_version

命令シーケンスのマイナーバージョン。

: format_type

データ...
...:eval、:main、
:defined_guard のいずれか。

: locals

全ての引数名、ローカル変数名からなる Symbol の配列。

: args

引数の指定が必須のメソッド、ブロックの引数の個数。あるいは以下のよう
な配列。

[required_argc, [optional...
...オペランドの配列の配列。


//emlist[例][ruby]{
require 'pp'

iseq = RubyVM::InstructionSequence.compile('num = 1 + 2')
pp iseq.to_a
# ※ Ruby 2.5.0 での実行結果
# => ["YARVInstructionSequence/SimpleDataFormat",
# 2,
# 0,
# 1,
# {:arg_size=>0, :local_size=>2, :stack_max=>2},
# "<c...

絞り込み条件を変える

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (216.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

...クラ
スのインスタンスになりました。

=== クラス階層

: ((<File::Constants>))

File::Constants は、File クラスでなく IO クラスが include するように
なりました。((<ruby-dev:20964>))

: ((<UnboundMethod>)) [compat]

UnboundMethod クラスは Method...
...ror < NameError < StandardError.

: ((<Interrupt>)) [change]
Interrupt は、((<SignalException>))のサブクラスになりました。
(1.6以前はExceptionのサブクラス)

== 追加されたメソッド
=== 組み込み関数

: ((<組み込み関数/warn>)) [new]...
...END__ は、スクリプトの終りとみなさなくな
りました。((<ruby-dev:17513>))

# p "
#__END__
#"
p eval(%Q(p "\n__END__\n"))

: ((<?<whitespace>|リテラル/数値リテラル>)) [parser] [change]

?スペース、?改行、?TAB 等はリテラル...

ruby 1.8.4 feature (126.0)

ruby 1.8.4 feature ruby 1.8.4 での ruby 1.8.3 からの変更点です。

.../File.join [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/Thread#pass [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/Module#const_missing [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/IO [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/添付ライブラリ>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/"Ruby/Tk">))
* ((<ruby 1.8.4 feature/REXML [compat]>))
* ((<...
...bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/IA64 [bug]>))

== Ruby本体

: Symbol [bug]

# * parse.y (dsym): prohibit empty symbol literal by interpolation.
# fixed: [ruby-talk:166529]

式展開で空のSymbolを作ることができたバグの修正。 ((<ruby-talk:166529>))

p :...
...1.8.4 (2005-12-22) [i686-linux]
:foo!
:bar?

4) :$- always treats next character literally:

p eval(":$-\n") # => :"$-\n"
p :$-( # => :"$-("
p :$- # => :"$- "
p :$-#.object_id # => 3950350

# => ru...

ruby 1.6 feature (114.0)

ruby 1.6 feature ruby version 1.6 は安定版です。この版での変更はバグ修正がメイン になります。

...ruby 1.6 feature
ruby version 1.6 は安定版です。この版での変更はバグ修正がメイン
になります。

((<stable-snapshot|URL:ftp://ftp.netlab.co.jp/pub/lang/ruby/stable-snapshot.tar.gz>)) は、日々更新される安定版の最新ソースです。

== 1.6.8 (2002-12-24) ->...
...元に戻りました。

p "#{ "" }"

=> ruby 1.6.7 (2002-03-01) [i586-linux]
""

=> -:1: warning: bad substitution in string
ruby 1.6.7 (2002-09-12) [i586-linux]
"#{ }"

=> ruby 1.6.7 (2002-09-25) [i586-linux]
""

...
...が定義されていない場合例外 NameError を起こ
すようになりました。((<ruby-bugs-ja:PR#216>))

Object.new.instance_eval {
p remove_instance_variable :@foo
}
=> ruby 1.6.7 (2002-03-01) [i586-linux]
nil

=> -:2:in `remove_ins...

FileUtils.#copy(src, dest, options = {}) -> () (112.0)

ファイル src を dest にコピーします。

...@param options :preserve, :noop, :verbose が指定できます。
c:FileUtils#options

@raise Errno::ENOTDIR src が複数のファイルかつ、dest がディレクトリでない場合に発生します。

例:

require 'fileutils'
FileUtils.cp 'eval.c', 'eval.c.org'
File...

FileUtils.#cp(src, dest, options = {}) -> () (112.0)

ファイル src を dest にコピーします。

...@param options :preserve, :noop, :verbose が指定できます。
c:FileUtils#options

@raise Errno::ENOTDIR src が複数のファイルかつ、dest がディレクトリでない場合に発生します。

例:

require 'fileutils'
FileUtils.cp 'eval.c', 'eval.c.org'
File...

絞り込み条件を変える

NEWS for Ruby 2.0.0 (108.0)

NEWS for Ruby 2.0.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...警告しなくなりました

=== 組み込みクラスの更新

* ARGF.class
* 追加: ARGF.class#codepoints, ARGF.class#each_codepoint
IO
にある同名のメソッドに対応します

* Array
* 追加: Array#bsearch 二分探索します
* 非互換:
* Array#shuf...
...に似ています
* 拡張: Hash#default_proc= default proc をクリアするために nil を渡せるようになりました

* IO
* 非推奨: IO#lines, #bytes, #chars, #codepoints

* Kernel
* 追加: Kernel.#Hash という変換メソッド。Kernel.#Array, Kernel.#Float に...
...ace_func.
Easy to use and efficient implementation.

* toplevel
* added method:
* added main.define_method which defines a global function.
* added main.using, which imports refinements into the current file or
eval
string. [experimental]

=== 組み込みクラスの...

NEWS for Ruby 2.1.0 (78.0)

NEWS for Ruby 2.1.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...i'という接尾辞を付けられるようになりました
//emlist{
# r を付けると有理数になる
42r # => Rational(42, 1)
3.14 # => 3.14.rationalize
6.022e+23r # 指数形式と一緒には使えない

# i を付けると虚数単位 i を掛けた数になる...
..._defined?

* Enumerable
* 追加: Enumerable#to_h キーと値のペアのリストをハッシュに変換します。

* Exception
* 追加: Exception#cause 一つ前の例外を新しい例外を返します。
例外を rescue して raise しなおしたときに元の例外...
...すと警告するようになりました。

* IO
* 非互換: IO.open は外部エンコーディングが ASCII-8BIT のとき内部エンコーディングを無視します。

* Kernel.#eval, Kernel.#instance_eval, Module#module_eval
元の環境のスコープ情報をコピー...

NODE * rb_compile_file(const char *f, VALUE file, int start) (64.0)

Ruby の IO オブジェクト file から文字列を読み込み、 それを Ruby プログラムとして構文木にコンパイルします。 作成した構文木は ruby_eval_tree と ruby_eval_tree_begin に 格納し、同時に ruby_eval_tree を返します。 またコンパイルするときにファイル f の line 行目からをコンパイル していると仮定します。

...Ruby の IO オブジェクト file から文字列を読み込み、
それを Ruby プログラムとして構文木にコンパイルします。
作成した構文木は ruby_eval_tree と ruby_eval_tree_begin に
格納し、同時に ruby_eval_tree を返します。
またコンパイルす...

ruby 1.9 feature (54.0)

ruby 1.9 feature ruby version 1.9.0 は開発版です。 以下にあげる機能は将来削除されたり互換性のない仕様変更がなされるかもしれません。 1.9.1 以降は安定版です。 バグ修正がメインになります。

...ruby 1.9 feature
ruby version 1.9.0 は開発版です。
以下にあげる機能は将来削除されたり互換性のない仕様変更がなされるかもしれません。
1.9.1 以降は安定版です。
バグ修正がメインになります。

記号について(特に重要なもの...
...#identical?

=== 2006-08-31

: Array#shuffle
: Array#shuffle!

追加

=== 2006-07-26

: __send
: __send!

追加

: invoke_method
: invoke_functional_method

削除

=== 2006-07-21

: Module#attr

オプショナル引数の assignable がなくなり、attr_reader 相当になりました...
...による参照
((<ruby-dev:28446>))

=== 2006-03-03

: FileUtils.cp_r [lib] [compat]

remove_destination オプションの追加
((<ruby-dev:28417>))

=== 2006-02-15

: instance_eval

((<ruby-core:7365>))

=== 2006-02-03

: Integer#upto [compat]
: Integer#downto [compat]
: Integer#doitem...

Marshal フォーマット (48.0)

Marshal フォーマット 2002-04-04 ドラフトのドラフトのドラフトの....

....0/0).unpack("x2 a c a*") # => ["f", 9, "-inf"]
p Marshal.dump(-0.0).unpack("x2 a c a*") # => ["f", 9, "-0"]
//}

((-((<ruby 1.7 feature>)): version 1.6 では、nan などの出力は
sprintf(3) に依存している。読み込みは現在のとこ
ろ "nan", "inf", "-inf" 以外は strtod...
...p Marshal.dump(2**32).unpack("x2 a a c a*")
# => ["l", "+", 8, "\000\000\000\000\001\000"]

# => ["l", "+", 8, "\000\000\001\000"] <- BUG: ruby version 1.6.3
//}

: String

'"'
//emlist{
| '"' | 長さ(Fixnum形式) | 文字列 |
//}

例:
//emlist{
p Marshal.dump("hogehoge").unpack("x2 a c a*"...
...変数は dump されない

//emlist{
module Bar
@bar = 1
end
p Bar.instance_eval { @bar }
Marshal.dump(Bar, open("/tmp/foo", "w"))
# => 1

module Bar
end
p bar = Marshal.load(open("/tmp/foo"))
p bar.instance_eval { @bar }
# => nil
//}

例 3: クラス変数は dump されない

//emlist{
mod...

絞り込み条件を変える

セキュリティモデル (30.0)

セキュリティモデル RubyにはCGI等のプログラミングを安全に行うことを助ける為に、セキュリティ 機構が備わっています。

...はレベル2でも行えません。

==== レベル 0

デフォルトのセーフレベルです。

===== 汚染されるオブジェクト

* IOや環境変数、コマンドライン引数(ARGV)から得られた文字列

$ ruby -e 'p ARGV[0].tainted?' hoge
true

環境変数...
...汚染された文字列を引数とした以下の操作

* Dir, IO, File, FileTest のメソッド呼び出し
//emlist{
$ ruby -e '$SAFE = 1; open(ARGV[0])' hoge
-e:1:in `initialize': Insecure operation - initialize (SecurityError)
from -e:1
//}
*...
...ファイルの更新時刻比較
* 外部コマンド実行 (Kernel.#system, Kernel.#exec, Kernel.#`, Kernel.#spawn など)
* Kernel.#eval
* トップレベルへの Kernel.#load (第二引数を指定してラップすれば実行可能)
* Kernel.#require
* Kernel.#tr...

ruby 1.8.2 feature (24.0)

ruby 1.8.2 feature ruby 1.8.2 での ruby 1.8.1 からの変更点です。

...トフォームの追加

== 1.8.1 (2003-12-25) -> 1.8.2 (2004-12-25)

* cgi/session においてクライアントからセッション ID を指定できてしまうバグが
修正されました。
* cgi/session においてセッション情報を保存するファイル名にセッション...
...12-17
: CGI::Session#initialize [lib] [compat]
'no_hidden' オプションを指定できるようになりました。((<ruby-talk:123850>))

=== 2004-12-16

: Hash#eql? [ruby] [obsolete]
: Hash#hash [ruby] [obsolete]

削除
((<ruby-dev:25206>))?

=== 2004-12-14
: CGI::Session.initialize [li...
...てきた場合
例外を投げずに新しいセッションを作成するようになりました。
((<ruby-list:40368>))

=== 2004-12-09
: eval('Foo #@ bar'.inspect) [ruby] [bug]
シンタックスエラーにならないように修正しました。
((<ruby-core:03922>))

: String#ins...

セキュリティモデル (18.0)

セキュリティモデル RubyにはCGI等のプログラミングを安全に行うことを助ける為に、セキュリティ 機構が備わっています。

...はレベル2でも行えません。

==== レベル 0

デフォルトのセーフレベルです。

===== 汚染されるオブジェクト

* IOや環境変数、コマンドライン引数(ARGV)から得られた文字列

$ ruby -e 'p ARGV[0].tainted?' hoge
true

環境変数...
...汚染された文字列を引数とした以下の操作

* Dir, IO, File, FileTest のメソッド呼び出し
//emlist{
$ ruby -e '$SAFE = 1; open(ARGV[0])' hoge
-e:1:in `initialize': Insecure operation - initialize (SecurityError)
from -e:1
//}
*...
...ファイルの更新時刻比較
* 外部コマンド実行 (Kernel.#system, Kernel.#exec, Kernel.#`, Kernel.#spawn など)
* Kernel.#eval
* トップレベルへの Kernel.#load (第二引数を指定してラップすれば実行可能)
* Kernel.#require
* Kernel.#tr...