るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
15件ヒット [1-15件を表示] (0.020秒)
トップページ > クラス:Object[x] > クエリ:to_yaml[x]

別のキーワード

  1. _builtin to_s
  2. openssl to_der
  3. openssl to_s
  4. openssl to_pem
  5. _builtin to_a

ライブラリ

キーワード

検索結果

Object#to_yaml(options = {}) -> String (18127.0)

オブジェクトを YAML document に変換します。

...してください。

syck に to_yaml メソッドがあるため、
psych_to_yaml が別名として定義されています。将来的に
syck が廃止された場合 psych_to_yaml は廃止
される予定であるため、特別の事情がない限り to_yaml を用いてください。

@...

Object#to_yaml(opts = {}) -> String (18114.0)

自身を YAML ドキュメントに変換します。

...'

h = {
:ugo => 17,
:hoge => "fuga",
}

print h.to_yaml
#=> ---
#=> :ugo: 17
#=> :hoge: fuga

class MyDog
attr_accessor :name, :age
end

c = MyDog.new
c.name = "Pochi"
c.age = 3
print c.to_yaml
#=> --- !ruby/object:MyDog
#=> age: 3
#=> name: Pochi...

Object#psych_to_yaml(options = {}) -> String (6127.0)

オブジェクトを YAML document に変換します。

...してください。

syck に to_yaml メソッドがあるため、
psych_to_yaml が別名として定義されています。将来的に
syck が廃止された場合 psych_to_yaml は廃止
される予定であるため、特別の事情がない限り to_yaml を用いてください。

@...

Object#to_yaml_properties -> [String] (6114.0)

自身のインスタンス変数の一覧を文字列の配列で返します。

...身のインスタンス変数名の配列

require 'yaml'

h = {
:ugo => 17,
:hoge => "fuga",
}

p h.to_yaml_properties
#=> []
class MyDog
attr_accessor :name, :age
end

c = MyDog.new
c.name = "Pochi"
c.age = 3
p c.to_yaml_properties
#=> ["@age", "@name"]...

Object#to_yaml_style -> nil (6114.0)

nilを返します。

...nilを返します。

@return nilを返します。

例:

require 'yaml'

p to_yaml_style
#=> nil
a = []
p a.to_yaml_style
#=> nil...

絞り込み条件を変える