るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
24件ヒット [1-24件を表示] (0.009秒)
トップページ > クラス:BasicObject[x] > クエリ:==[x]

別のキーワード

  1. _builtin ==
  2. openssl ==
  3. rexml/document ==
  4. == _builtin
  5. matrix ==

ライブラリ

キーワード

検索結果

BasicObject#==(other) -> bool (18113.0)

オブジェクトが other と等しければ真を、さもなくば偽を返します。

...class Person < BasicObject
def initialize(name, age)
@name = name
@age = age
end
end

tanaka1 = Person.new("tanaka", 24)
tanaka2 = Person.new("tanaka", 24)

tanaka1 == tanaka1 #=> true
tanaka1 == tanaka2 #=> false

@see BasicObject#equal?, Object#==, Object#equal...

BasicObject#__id__ -> Integer (31.0)

各オブジェクトに対して一意な整数を返します。あるオブジェクトに対し てどのような整数が割り当てられるかは不定です。

...ですが、#object_id は BasicObject
はない事に注意してください。

例:
# frozen_string_literal: false
obj = Object.new
obj.object_id == obj.__id__ # => true
Object.new.__id__ == Object.new.__id__ # => false
(21 * 2).__id__ == (21 * 2).__id__ # => t...
...rue
"hello".__id__ == "hello".__id__ # => false
"hi".freeze.__id__ == "hi".freeze.__id__ # => true

@see Object#object_id, 42840...

BasicObject#equal?(other) -> bool (13.0)

オブジェクトが other と同一であれば真を、さもなくば偽を返します。

...ものであるかどうかを判定します。
一般にはこのメソッドを決して再定義すべきでありません。
ただし、 BasicObject の位置づけ上、どうしても再定義が必要な用途もあるでしょう。
再定義する際には自分が何をしているの...
...真、さもなくば偽

例:
original = "a"
copied = original.dup
substituted = original

original == copied #=> true
original == substituted #=> true
original.equal? copied #=> false
original.equal? substituted #=> true

@see Object#equal?, Object#==, Object#eql?...

BasicObject#!=(other) -> bool (7.0)

オブジェクトが other と等しくないことを判定します。

...トでは self == other を評価した後に結果を論理否定して返します。
このため、サブクラスで BasicObject#== を再定義しても != とは自動的に整合性が
とれるようになっています。

ただし、 BasicObject#!= 自身や BasicObject#! を再定義...
...再定義するものと想定されています。

@param other 比較対象となるオブジェクト
@see BasicObject#==, BasicObject#!


class NonequalityRecorder < BasicObject
def initialize
@count = 0
end
attr_reader :count

def !=(other)
@count += 1
super...