るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
25件ヒット [1-25件を表示] (0.006秒)
トップページ > クラス:Array[x] > クエリ:<<[x]

別のキーワード

  1. _builtin <<
  2. csv <<
  3. openssl <<
  4. rexml/document <<
  5. zlib <<

ライブラリ

キーワード

検索結果

Array#<<(obj) -> self (18125.0)

指定された obj を自身の末尾に破壊的に追加します。

...[1]
ary << 2
p ary # [1, 2]

またこのメソッドは self を返すので、以下のように連続して
書くことができます。

ary = [1]
ary << 2 << 3 << 4
p ary #=> [1, 2, 3, 4]

@param obj 自身に加えたいオブジェクトを指定します。Array#push と...
...違って引数は一つしか指定できません。

@see Array#push...

Array#pack(template) -> String (31.0)

配列の内容を template で指定された文字列にしたがって、 バイナリとしてパックした文字列を返します。

...template 自身のバイナリとしてパックするためのテンプレートを文字列で指定します。


以下にあげるものは、Array#pack、String#unpack
のテンプレート文字の一覧です。テンプレート文字は後に「長さ」を表す数字
を続けること...
...endian int32_t
l!<: little endian signed long
//}

==== 各テンプレート文字の説明

説明中、Array#pack と String#unpack で違いのあるものは `/' で区切って
Array#pack の説明 / String#unpack の説明」としています。

: a

ASCII文字列(null文字を詰...
...# ±∞ (positive/negative infinity)
else
NaN # 非数 (not a number)
end
else
fra += 1 << 23 # ゲタ
sgn * fra * 2**(exp-127-23) # 正規化数 (normalized number)
end
//}

: G

ビッグエンディアン...
...ます。
指定した場合は返値も指定した文字列オブジェクトになります。


以下にあげるものは、Array#pack、String#unpack
のテンプレート文字の一覧です。テンプレート文字は後に「長さ」を表す数字
を続けることが...

Array#pack(template, buffer: String.new) -> String (31.0)

配列の内容を template で指定された文字列にしたがって、 バイナリとしてパックした文字列を返します。

...ます。
指定した場合は返値も指定した文字列オブジェクトになります。


以下にあげるものは、Array#pack、String#unpack
のテンプレート文字の一覧です。テンプレート文字は後に「長さ」を表す数字
を続けることが...
...endian int32_t
l!<: little endian signed long
//}

==== 各テンプレート文字の説明

説明中、Array#pack と String#unpack で違いのあるものは `/' で区切って
Array#pack の説明 / String#unpack の説明」としています。

: a

ASCII文字列(null文字を詰...
...# ±∞ (positive/negative infinity)
else
NaN # 非数 (not a number)
end
else
fra += 1 << 23 # ゲタ
sgn * fra * 2**(exp-127-23) # 正規化数 (normalized number)
end
//}

: G

ビッグエンディアン...

Array#product(*lists) -> Array (7.0)

レシーバの配列と引数で与えられた配列(複数可)のそれぞれから要素を1 個ずつとって配列とし,それらのすべての配列を要素とする配列を返します。

...1],[2]]
[1,2].product([]) # => []

ブロックが与えられた場合、作成した配列の各要素を引数としてブロックを実
行して self を返します。

a = []
[1,2,3].product([4,5]) {|e| a << e} # => [1,2,3]
a # => [[1,4],[1,5],[2,4],[2,5],[3,4],[3,5]]...

Array#product(*lists) { |e| ... } -> self (7.0)

レシーバの配列と引数で与えられた配列(複数可)のそれぞれから要素を1 個ずつとって配列とし,それらのすべての配列を要素とする配列を返します。

...1],[2]]
[1,2].product([]) # => []

ブロックが与えられた場合、作成した配列の各要素を引数としてブロックを実
行して self を返します。

a = []
[1,2,3].product([4,5]) {|e| a << e} # => [1,2,3]
a # => [[1,4],[1,5],[2,4],[2,5],[3,4],[3,5]]...

絞り込み条件を変える