Ruby 2.5.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > win32oleライブラリ > WIN32OLE_TYPELIBクラス > path

instance method WIN32OLE_TYPELIB#path

path -> String[permalink][rdoc]

TypeLibのパス名を取得します。

[RETURN]
TypeLibのパス名を文字列で返します。この値はレジストリの登録値を そのまま利用するため、Rubyのパス名形式(ディレクトリ区切りは 「/」)ではなく、Windowsのパス名形式(ディレクトリ区切りは「\」) です。
[EXCEPTION] WIN32OLERuntimeError:
TypeLibの属性が読み取れない場合に通知します。
tlib = WIN32OLE_TYPELIB.new('Microsoft Excel 14.0 Object Library')
puts tlib.path # => 'C:\...\EXCEL.EXE'

TypeLibは拡張子TLB(まれにOLB)という独立したファイルの場合と、サーバの DLLやEXE内にリソースとして組み込まれている場合とがあります。