Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Timeクラス > strftime

instance method Time#strftime

strftime(format) -> String[permalink][rdoc]

時刻を format 文字列に従って文字列に変換した結果を返します。

[PARAM] format:
フォーマット文字列を指定します。使用できるものは 以下の通りです。

このメソッドは strftime(3) や glibcの仕様を参考に作成されており、以下のオプションが利用できます。

t = Time.now                         #=> 2010-09-05 15:41:17 0900
t.strftime("Printed on %m/%d/%Y")    #=> "Printed on 09/05/2010"
t.strftime("Printed on %m/%-d/%_6Y") #=> "Printed on 09/5/  2010"
t.strftime("at %I:%M%p")             #=> "at 03:41PM"
t.strftime("at %I:%M%#p")            #=> "at 03:41pm"