Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Regexpクラス > options

instance method Regexp#options

options -> Integer[permalink][rdoc]

正規表現の生成時に指定されたオプションを返します。戻り値は、 Regexp::EXTENDED, Regexp::IGNORECASE, Regexp::MULTILINE, Regexp::FIXEDENCODING, Regexp::NOENCODING, の論理和です。

これで得られるオプションには生成時に指定したもの以外の オプションを含んでいる場合があります。これらのビットは 内部的に用いられているもので、Regexp.new にこれらを 渡しても無視されます。

p Regexp::IGNORECASE # => 1
p //i.options        # => 1

p Regexp.new("foo", Regexp::IGNORECASE ).options #=> 1
p Regexp.new("foo", Regexp::EXTENDED).options    #=> 2
p Regexp.new("foo", Regexp::IGNORECASE | Regexp::EXTENDED).options #=> 3
p Regexp.new("foo", Regexp::MULTILINE).options #=> 4
p Regexp.new("foo", Regexp::IGNORECASE | Regexp::MULTILINE ).options #=> 5
p Regexp.new("foo", Regexp::MULTILINE | Regexp::EXTENDED).options #=>6
p Regexp.new("foo", Regexp::IGNORECASE | Regexp::MULTILINE | Regexp::EXTENDED).options #=> 7