module function ObjectSpace.#reachable_objects_from (Ruby 2.4.0)

Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > objspaceライブラリ > ObjectSpaceモジュール > reachable_objects_from

module function ObjectSpace.#reachable_objects_from

reachable_objects_from(obj) -> Array | nil[permalink][rdoc] [added by objspace]

obj から到達可能なすべてのオブジェクトを返します。マーク不能なオブジェ クトを指定した場合は nil を返します。本メソッドを使う事でメモリリークの 調査が行えます。

# 配列クラス(Array)と 'a'、'b'、'c' に到達可能。
ObjectSpace.reachable_objects_from(['a', 'b', 'c'])
# => [Array, 'a', 'b', 'c']

obj が 2 つ以上の同じオブジェクト x への参照を持つ場合、戻り値に含まれ るオブジェクト x は 1 つだけです。

# 配列クラス(Array)と v に到達可能。
ObjectSpace.reachable_objects_from([v = 'a', v, v])
# => [Array, 'a']

# 配列クラス(Array)と 3 つの異なる 'a' オブジェクトに到達可能。
ObjectSpace.reachable_objects_from(['a', 'a', 'a'])
# => [Array, 'a', 'a', 'a']

obj にマーク不能なオブジェクト(true、false、nil、SymbolFixnum、Flonum(即値の Float オブジェクト))を指定した場合は nil を返します。

# 1 はマーク不能
ObjectSpace.reachable_objects_from(1)
# => nil

obj が内部でオブジェクトへの参照を持つ場合、 ObjectSpace::InternalObjectWrapper オブジェクトが戻り値に含まれます。こ のオブジェクトは obj が内部で持っているオブジェクトを持ちます。内部のオ ブジェクトの型を確認する場合は ObjectSpace::InternalObjectWrapper#type を参照してください。:T_CLASS のような Symbol を返します。

obj が ObjectSpace::InternalObjectWrapper オブジェクトであった場合、そ のオブジェクトから参照される全てのオブジェクトを返します。

本メソッドは C Ruby 以外では動作しません。

[SEE_ALSO] http://www.atdot.net/~ko1/diary/201212.html#d8, http://www.atdot.net/~ko1/diary/201212.html#d9