Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Moduleクラス > class_eval

instance method Module#class_eval

module_eval(expr, fname = "(eval)", lineno = 1) -> object[permalink][rdoc]
module_eval {|mod| ... } -> object
class_eval(expr, fname = "(eval)", lineno = 1) -> object
class_eval {|mod| ... } -> object

モジュールのコンテキストで文字列 expr またはモジュール自身をブロックパラメータとするブロックを 評価してその結果を返します。

モジュールのコンテキストで評価するとは、実行中そのモジュールが self になるということです。 つまり、そのモジュールの定義式の中にあるかのように実行されます。

ただし、ローカル変数は module_eval/class_eval の外側のスコープと共有します。

文字列が与えられた場合には、定数とクラス変数のスコープは自身のモジュール定義式内と同じスコープになります。 ブロックが与えられた場合には、定数とクラス変数のスコープはブロックの外側のスコープになります。

[PARAM] expr:
評価される文字列。
[PARAM] fname:
文字列を指定します。ファイル fname に文字列 expr が書かれているかのように実行されます。 スタックトレースの表示などを差し替えることができます。
[PARAM] lineno:
文字列を指定します。行番号 lineno から文字列 expr が書かれているかのように実行されます。 スタックトレースの表示などを差し替えることができます。

例:

class C
end
a = 1
C.class_eval %Q{
  def m                   # メソッドを動的に定義できる。
    return :m, #{a}
  end
}

p C.new.m        #=> [:m, 1]

[SEE_ALSO] BasicObject#instance_eval, Module.new, Kernel.#eval