Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > GC::Profilerモジュール > result

singleton method GC::Profiler.result

result -> String[permalink][rdoc]

GC のプロファイル情報をフォーマットし、文字列として返します。

プロファイル情報は、GC の発生ごとに集計します。 以下は、5 回 GC が発生した場合の実行例です。

$ ruby -e "GC::Profiler.enable; a = Array.new(100000){ 'aa' }; puts GC::Profiler.result"
GC 5 invokes.
Index    Invoke Time(sec)       Use Size(byte)     Total Size(byte)         Total Object                    GC Time(ms)
    1               0.012               165600               212940                10647         0.00000000000000000000
    2               0.016               343700               360360                18018         0.00000000000000014129
    3               0.024               605620               622440                31122         0.00000000000000008843
    4               0.028              1080280              1097460                54873         0.40010000000000001119
    5               0.044              1931420              1949220                97461         0.40009999999999984466

各項目の意味を以下に示します。

GC invokes

GC の起動回数

Invoke Time

Ruby が起動してから GC が起動するまでに経過した時間

Use Size

ヒープ内での使用サイズ

Total Size

ヒープ全体のサイズ

Total Object

ヒープ内に存在するオブジェクトの個数

GC Time

GC の処理時間

[SEE_ALSO] GC::Profiler.report