instance method Float#ceil (Ruby 2.4.0)

Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Floatクラス > ceil

instance method Float#ceil

ceil(ndigits = 0) -> Integer | Float[permalink][rdoc]

自身と等しいかより大きな整数のうち最小のものを返します。

[PARAM] ndigits:
10進数での小数点以下の有効桁数を整数で指定します。 正の整数を指定した場合、Float を返します。 小数点以下を、最大 n 桁にします。 負の整数を指定した場合、Integer を返します。 小数点位置から左に少なくとも n 個の 0 が並びます。

例:

1.2.ceil      #=> 2
2.0.ceil      #=> 2
(-1.2).ceil   #=> -1
(-2.0).ceil   #=> -2

1.234567.ceil(2)   #=> 1.24
1.234567.ceil(3)   #=> 1.235
1.234567.ceil(4)   #=> 1.2346
1.234567.ceil(5)   #=> 1.23457

34567.89.ceil(-5)  #=> 100000
34567.89.ceil(-4)  #=> 40000
34567.89.ceil(-3)  #=> 35000
34567.89.ceil(-2)  #=> 34600
34567.89.ceil(-1)  #=> 34570
34567.89.ceil(0)   #=> 34568
34567.89.ceil(1)   #=> 34567.9
34567.89.ceil(2)   #=> 34567.89
34567.89.ceil(3)   #=> 34567.89

[SEE_ALSO] Float#floor, Float#round, Float#truncate