Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > ARGF.classクラス > inplace_mode

instance method ARGF.class#inplace_mode

inplace_mode -> String | nil[permalink][rdoc]

ARGF/インプレースエディットモード で書き換えるファイルのバックアップに付加される拡 張子を返します。拡張子が設定されていない場合は空文字列を返します。イン プレースモードでない場合は nil を返します。

Ruby 起動時の -i オプション や ARGF.class#inplace_mode= で設定します。

例:

# $ echo "test" > test.txt
# $ ruby -i.bak test.rb test.txt
# $ cat test.txt # => "TEST"
# $ cat test.txt.bak # => "test"

# test.rb
ARGF.inplace_mode                   # => ".bak"
ARGF.each_line {|e|print e.upcase}  # => "TEST"

例:

# $ echo "test" > test.txt
# $ ruby test.rb test.txt
# $ cat test.txt # => "test"

# test.rb
ARGF.inplace_mode                   # => nil
ARGF.each_line {|e|print e.upcase}  # => "TEST"

[SEE_ALSO] Rubyの起動/コマンドラインオプション, ARGF.class#inplace_mode=