Ruby 2.3.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Hashクラス > merge

instance method Hash#merge

merge(other) -> Hash[permalink][rdoc]
merge(other) {|key, self_val, other_val| ... } -> Hash
merge!(other) -> self
merge!(other) {|key, self_val, other_val| ... } -> self

selfとotherのハッシュの内容をマージ(統合)した結果を返します。デフォルト値はselfの設定のままです。

self と other に同じキーがあった場合はブロック付きか否かで 判定方法が違います。ブロック付きのときはブロックを呼び出して その返す値を重複キーに対応する値にします。ブロック付きでない 場合は常に other の値を使います。

Hash#merge! は、マージの結果でselfを変更する破壊的メソッドで、Hash#update の別名です。

otherがハッシュではない場合、otherのメソッドto_hashを使って暗黙の変換を試みます。

[PARAM] other:
マージ用のハッシュまたはメソッド to_hash でハッシュに変換できるオブジェクトです。
[RETURN]
マージした結果を返します
foo = {1 => 'a', 2 => 'b', 3 => 'c'}
bar = {2 => 'B', 3 => 'C', 4 => 'D'}

p foo.merge(bar) #=> {1=>"a", 2=>"B", 3=>"C", 4=>"D"}
p foo  #=> {1=>"a", 2=>"b", 3=>"c"}

p foo.merge!(bar) {|key, foo_val, bar_val| foo_val + bar_val } #=> {1=>"a", 2=>"bB", 3=>"cC", 4=>"D"}
p foo  #=> {1=>"a", 2=>"bB", 3=>"cC", 4=>"D"}

class Foo
  def to_hash
    {:Australia => 'Sydney',
     :France => 'Paris'
     }
  end
end

h = {:Germany => 'Berlin',
     :Australia => 'Canberra',
     :France => 'Paris'
     }
h.merge!(Foo.new) #暗黙の変換
p h #=> {:Germany=>"Berlin", :Australia=>"Sydney", :France=>"Paris"}

[SEE_ALSO] Hash#update,Hash#replace