Ruby 2.1.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Timeクラス > at

singleton method Time.at

at(time) -> Time[permalink][rdoc]

time で指定した時刻の Time オブジェクトを返します。

引数が数値の場合、生成された Time オブジェクトのタイムゾーンは地方時となります。

[PARAM] time:
Time オブジェクト、もしくは起算時からの経過秒数を表わす数値で指定します。

例:

Time.at(0)                 # => 1970-01-01 09:00:00 +0900
Time.at(Time.at(0))        # => 1970-01-01 09:00:00 +0900
Time.at(Time.at(0).getutc) # => 1970-01-01 00:00:00 UTC
Time.at(946702800)         # => 2000-01-01 14:00:00 +0900
Time.at(-284061600)        # => 1960-12-31 15:00:00 +0900
Time.at(946684800.2).usec  # => 200000
at(time, usec) -> Time[permalink][rdoc]

time + (usec/1000000) の時刻を表す Time オブジェクトを返します。 浮動小数点の精度では不十分な場合に使用します。

生成された Time オブジェクトのタイムゾーンは地方時となります。

[PARAM] time:
起算時からの経過秒数を表わす値をIntegerFloatRational、または他のNumericで指定します。
[PARAM] usec:
マイクロ秒をIntegerFloatRational、または他のNumericで指定します。

例:

Time.at(946684800, 123456.789).nsec  # => 123456789