るりまサーチ (Ruby 2.6.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
27件ヒット [1-27件を表示] (0.029秒)

別のキーワード

  1. scanf scanf
  2. io scanf
  3. kernel scanf
  4. string scanf
  5. scanf to_s

クラス

モジュール

検索結果

String#scanf(format) -> Array (78694.0)

ブロックを指定しない場合、見つかった文字列を format に従って変 換し、そのオブジェクトの配列を返します。 format で指定した文字列が見つからない場合は空の配列を 生成して返します。

...列が見つからない場合は空の配列を
生成して返します。

require 'scanf'
str = "123 abc 456 def 789 ghi"
p str.scanf("%d%s") #=> [123, "abc"]

ブロックを指定した場合は scanf を継続して実行し、順次
見つかった文字列を変換したオブジェ...
...re 'scanf'
str = "123 0x45 678 0x90"
p str.scanf("%d%x"){|n, s| [n, s]}
#=> [[123, 69], [678, 144]]

formatに完全にマッチしていなくても、部分的にマッチしていれば、
ブロックは実行されます。

require 'scanf'
str = "123 abc 456 def"
ret = str.scanf("%...
...文字列で指定します。
詳細は、m:String#scanf#format を参照してください。

使用例:
require 'scanf'
str = "123 abc 456 def 789 ghi"
p str.scanf("%d%s") #=> [123, "abc"]

===[a:format] scanfフォーマット文字列

文字 '%' と(s,d のような)指示...

String#scanf(format) {|*ary| ...} -> Array (78694.0)

ブロックを指定しない場合、見つかった文字列を format に従って変 換し、そのオブジェクトの配列を返します。 format で指定した文字列が見つからない場合は空の配列を 生成して返します。

...列が見つからない場合は空の配列を
生成して返します。

require 'scanf'
str = "123 abc 456 def 789 ghi"
p str.scanf("%d%s") #=> [123, "abc"]

ブロックを指定した場合は scanf を継続して実行し、順次
見つかった文字列を変換したオブジェ...
...re 'scanf'
str = "123 0x45 678 0x90"
p str.scanf("%d%x"){|n, s| [n, s]}
#=> [[123, 69], [678, 144]]

formatに完全にマッチしていなくても、部分的にマッチしていれば、
ブロックは実行されます。

require 'scanf'
str = "123 abc 456 def"
ret = str.scanf("%...
...文字列で指定します。
詳細は、m:String#scanf#format を参照してください。

使用例:
require 'scanf'
str = "123 abc 456 def 789 ghi"
p str.scanf("%d%s") #=> [123, "abc"]

===[a:format] scanfフォーマット文字列

文字 '%' と(s,d のような)指示...

Kernel#scanf(format) -> Array (78514.0)

STDIN.scanf と同じです。 IO#scanf、Stdin#scanfも参照してください。

...STDIN.scanf と同じです。
IO#scanf、Stdin#scanfも参照してください。

@param format スキャンするフォーマットを文字列で指定します。
詳細は、m:String#scanf#format を参照してください。

@see IO#scanf, Stdin#scanf...

Kernel#scanf(format) {|*ary| ...} -> Array (78514.0)

STDIN.scanf と同じです。 IO#scanf、Stdin#scanfも参照してください。

...STDIN.scanf と同じです。
IO#scanf、Stdin#scanfも参照してください。

@param format スキャンするフォーマットを文字列で指定します。
詳細は、m:String#scanf#format を参照してください。

@see IO#scanf, Stdin#scanf...

IO#scanf(format) -> Array (78382.0)

String#scanfも参照してください。

...String#scanfも参照してください。

@param format スキャンするフォーマットを文字列で指定します。
詳細は、m:String#scanf#format を参照してください。...

絞り込み条件を変える

IO#scanf(format) {|*ary| ...} -> Array (78382.0)

String#scanfも参照してください。

...String#scanfも参照してください。

@param format スキャンするフォーマットを文字列で指定します。
詳細は、m:String#scanf#format を参照してください。...

Scanf::FormatSpecifier#conversion (33010.0)

@todo

@todo

Scanf::FormatSpecifier#count_space? (33010.0)

@todo

@todo

Scanf::FormatSpecifier#letter (33010.0)

@todo

@todo

Scanf::FormatSpecifier#match(str) (33010.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

Scanf::FormatSpecifier#matched (33010.0)

@todo

@todo

Scanf::FormatSpecifier#matched_string (33010.0)

@todo

@todo

Scanf::FormatSpecifier#mid_match? (33010.0)

@todo

@todo

Scanf::FormatSpecifier#re_string (33010.0)

@todo

@todo

Scanf::FormatSpecifier#to_re (33010.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

Scanf::FormatSpecifier#to_s (33010.0)

@todo

@todo

Scanf::FormatSpecifier#width (33010.0)

@todo

@todo

Scanf::FormatString#last_match_tried (33010.0)

@todo

@todo

Scanf::FormatString#last_spec (33010.0)

@todo

@todo

Scanf::FormatString#last_spec_tried (33010.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

Scanf::FormatString#match(str) (33010.0)

@todo

@todo

Scanf::FormatString#matched_count (33010.0)

@todo

@todo

Scanf::FormatString#prune(n=matched_count) (33010.0)

@todo

@todo

Scanf::FormatString#space (33010.0)

@todo

@todo

Scanf::FormatString#spec_count (33010.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

Scanf::FormatString#string_left (33010.0)

@todo

@todo

Scanf::FormatString#to_s (33010.0)

@todo

@todo