るりまサーチ (Ruby 2.6.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
15件ヒット [1-15件を表示] (0.033秒)
トップページ > バージョン:2.6.0[x] > クエリ:IO[x] > クエリ:restore[x]

別のキーワード

  1. io popen
  2. io pipe
  3. io readlines
  4. io each
  5. io lines

検索結果

CGI::Session::FileStore#restore -> Hash (63304.0)

セッションの状態をファイルから復元したハッシュを返します。

セッションの状態をファイルから復元したハッシュを返します。

CGI::Session::MemoryStore#restore -> Hash (63304.0)

セッションの状態を復元したハッシュを返します。

セッションの状態を復元したハッシュを返します。

CGI::Session::NullStore#restore -> Hash (63304.0)

セッションの状態を復元したハッシュを返します。 このクラスでは何もしません。

セッションの状態を復元したハッシュを返します。
このクラスでは何もしません。

CGI::Session::PStore#restore -> Hash (63304.0)

セッションの状態をファイルから復元したハッシュを返します。

セッションの状態をファイルから復元したハッシュを返します。

JSON.#restore(source, proc = nil, options = {}) -> object (45622.0)

与えられた JSON 形式の文字列を Ruby オブジェクトとしてロードして返します。

与えられた JSON 形式の文字列を Ruby オブジェクトとしてロードして返します。

proc として手続きオブジェクトが与えられた場合は、読み込んだオブジェクトを
引数にその手続きを呼び出します。


require 'json'

str=<<JSON
[1,2,3]
JSON

JSON.load(str) # => [1,2,3]
JSON.load(str, proc{|v| p v }) # => [1,2,3]
# 以下が表示される
# 1
# 2
# 3
# [1,2,3]

str=<<JSON
{ "a"...

絞り込み条件を変える

Marshal.#restore(port, proc = nil) -> object (45322.0)

port からマーシャルデータを読み込んで、元のオブジェクトと同 じ状態をもつオブジェクトを生成します。

port からマーシャルデータを読み込んで、元のオブジェクトと同
じ状態をもつオブジェクトを生成します。

proc として手続きオブジェクトが与えられた場合には読み込んだ
オブジェクトを引数にその手続きを呼び出します。

str = Marshal.dump(["a", 1, 10 ** 10, 1.0, :foo])
p Marshal.load(str, proc {|obj| p obj})

=> "a"
1
10000000000
1.0
:foo
["a", 1, 10000000000, 1.0, :foo]
...

Win32::Registry::Constants::REG_OPTION_BACKUP_RESTORE (27604.0)

@todo

@todo

Win32::Registry::Constants::REG_LEGAL_OPTION (18304.0)

@todo

@todo

Win32::Registry::Constants::REG_OPTION_CREATE_LINK (18304.0)

@todo

@todo

Win32::Registry::Constants::REG_OPTION_NON_VOLATILE (18304.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

Win32::Registry::Constants::REG_OPTION_OPEN_LINK (18304.0)

@todo

@todo

Win32::Registry::Constants::REG_OPTION_RESERVED (18304.0)

@todo

@todo

Win32::Registry::Constants::REG_OPTION_VOLATILE (18304.0)

@todo

@todo

JSON.#load(source, proc = nil, options = {}) -> object (322.0)

与えられた JSON 形式の文字列を Ruby オブジェクトとしてロードして返します。

与えられた JSON 形式の文字列を Ruby オブジェクトとしてロードして返します。

proc として手続きオブジェクトが与えられた場合は、読み込んだオブジェクトを
引数にその手続きを呼び出します。


require 'json'

str=<<JSON
[1,2,3]
JSON

JSON.load(str) # => [1,2,3]
JSON.load(str, proc{|v| p v }) # => [1,2,3]
# 以下が表示される
# 1
# 2
# 3
# [1,2,3]

str=<<JSON
{ "a"...

Marshal.#load(port, proc = nil) -> object (22.0)

port からマーシャルデータを読み込んで、元のオブジェクトと同 じ状態をもつオブジェクトを生成します。

port からマーシャルデータを読み込んで、元のオブジェクトと同
じ状態をもつオブジェクトを生成します。

proc として手続きオブジェクトが与えられた場合には読み込んだ
オブジェクトを引数にその手続きを呼び出します。

str = Marshal.dump(["a", 1, 10 ** 10, 1.0, :foo])
p Marshal.load(str, proc {|obj| p obj})

=> "a"
1
10000000000
1.0
:foo
["a", 1, 10000000000, 1.0, :foo]
...

絞り込み条件を変える