るりまサーチ (Ruby 2.6.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
6件ヒット [1-6件を表示] (0.042秒)
トップページ > バージョン:2.6.0[x] > クエリ:DRb::GW[x]

別のキーワード

  1. drb uri
  2. drb front
  3. drb here?
  4. drb config
  5. drb thread

ライブラリ

クラス

キーワード

検索結果

DRb::GW (69001.0)

drb 通信中継のためのゲートウェイです。

drb 通信中継のためのゲートウェイです。

中継プロセス上のこのオブジェクトに、各リモートプロセスが
中継を望むオブジェクトを登録します。そして別のプロセスがそれを取りだすことで
(中継された)通信を開始します。インターフェースは Hash に似ています。

詳しくは drb/gw の例を見てください。

DRb::GW.new -> DRb::GW (63304.0)

新たな GW オブジェクトを生成します。

新たな GW オブジェクトを生成します。

DRb::GW#[](key) -> object (63001.0)

登録したオブジェクトを取り出します。

登録したオブジェクトを取り出します。

@param key オブジェクトを取り出すためのキー

DRb::GW#[]=(key, v) (63001.0)

オブジェクトを登録します。

オブジェクトを登録します。

key はリモートに渡すことのできる、
ハッシュのキーとして妥当なオブジェクトならなんでもかまいません(文字列など)。

@param key オブジェクトを取り出すためのキー
@param v 登録するオブジェクト

DRb::GWIdConv (9001.0)

DRb::DRbIdConv に drb 通信の中継に必要な拡張をしたもの。

DRb::DRbIdConv に drb 通信の中継に必要な拡張をしたもの。

詳しくは drb/gw の例を見てください。

絞り込み条件を変える

drb/gw (85.0)

drb 通信を中継するゲートウェイ(DRb::GW)と、 中継に必要なオブジェクト識別子変換クラス(DRb::GWIdConv)、 および DRb::DRbObject への拡張が含まれています。

drb 通信を中継するゲートウェイ(DRb::GW)と、
中継に必要なオブジェクト識別子変換クラス(DRb::GWIdConv)、
および DRb::DRbObject への拡張が含まれています。

このライブラリを利用することで直接通信することが不可能であるような
2つのプロセスが中継プロセスを経て drb によりやりとりできるようになります。

drb による通信とは、オブジェクトをプロセス間でやりとりすること、
およびそのメソッドを呼び出すことです。
中継プロセスが保持している DRb::GW オブジェクトに
それ以外のプロセスがオブジェクトを登録したり、登録済みの
オブジェクトを取り出...