るりまサーチ (Ruby 2.6.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
7件ヒット [1-7件を表示] (0.181秒)
トップページ > バージョン:2.6.0[x] > クエリ:DRb::DRbUnknown[x]

別のキーワード

  1. drb config
  2. drb front
  3. drb thread
  4. drb here?
  5. drb uri

ライブラリ

キーワード

検索結果

DRb::DRbUnknown (69037.0)

リモートプロセスからマーシャリングされて送られてきたオブジェクトで、 そのクラスがローカルプロセス内では不明であるようなものを 表すクラス。

リモートプロセスからマーシャリングされて送られてきたオブジェクトで、
そのクラスがローカルプロセス内では不明であるようなものを
表すクラス。

このクラスのインスタンス内部ではマーシャリングされたバイト列を
保持しています。DRB 経由で他のプロセスにこのオブジェクトを渡すと、
DRbUnknown オブジェクトではなくそのマーシャリングされたデータを
渡します。

クラス名/定数名は DRb::DRbUnknown#name で取得することができます。
DRb::DRbUnknown#buf で保持しているマーシャリングされた
バイト列を得ることができます。

このクラスのインスタンスの使い...

DRb::DRbUnknown#exception -> DRb::DRbUnknownError (63301.0)

マーシャリングされたオブジェクトが元のオブジェクトに変換できなかった、 ということを意味する例外オブジェクトを返します。

マーシャリングされたオブジェクトが元のオブジェクトに変換できなかった、
ということを意味する例外オブジェクトを返します。

この例外オブジェクトの DRb::DRbUnknownError#unknown を
呼び出すと、 self が返されます。

DRb::DRbUnknown#buf -> String (63001.0)

保持しているマーシャリングされたバイト列を返します。

保持しているマーシャリングされたバイト列を返します。

DRb::DRbUnknown#name -> String (63001.0)

保持しているマーシャリングされたオブジェクトのクラスの名前を返します。

保持しているマーシャリングされたオブジェクトのクラスの名前を返します。

DRb::DRbUnknown#reload -> object (63001.0)

保持しているマーシャリングされたオブジェクトをRubyのオブジェクトに 変換しようと試みます。

保持しているマーシャリングされたオブジェクトをRubyのオブジェクトに
変換しようと試みます。

DRbUnknown オブジェクトを受け取った後に対応するクラスが定義された場合、
このメソッドでそのクラスのオブジェクトに変換できます。
変換を試みて失敗した場合は DRbUnknown オブジェクトを返します。

絞り込み条件を変える

DRb::DRbUnknownError#unknown -> DRb::DRbUnknown (9304.0)

ラップしているオブジェクトを返します。

ラップしているオブジェクトを返します。

DRb::DRbUnknownError (9067.0)

DRb::DRbUnknown をラップする例外クラスです。

DRb::DRbUnknown をラップする例外クラスです。

@see DRb::DRbUnknown#exception