るりまサーチ (Ruby 2.4.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
13件ヒット [1-13件を表示] (0.021秒)
トップページ > バージョン:2.4.0[x] > クエリ:handler[x] > クエリ:Parser[x]

別のキーワード

  1. psych handler
  2. imap add_response_handler
  3. net/imap add_response_handler
  4. xmlrpc add_handler
  5. basicserver add_handler

ライブラリ

クラス

キーワード

検索結果

Psych::Parser#handler -> Psych::Handler (63643.0)

セットされているイベントハンドラを返します。

セットされているイベントハンドラを返します。

@see Psych::Parser#handler=

Psych::Parser (54199.0)

YAML のパーサ。

YAML のパーサ。

このクラスは YAML ドキュメントをパースし、コンストラクタに渡された
ハンドラにイベントを通知(呼び出し)します。
このイベントを使って YAML の AST を構築したり YAML ドキュメントを
別のフォーマット変換したりします。
Psych::Emitter を使うとパースしたドキュメントを元通りに出力
することもできます。

Psych::Parser が生成するイベントは Psych::Handler
を見てください。

以下の例では YAML ドキュメント に含まれているスカラー値を表示します。

# Handler for detecting s...

Psych::Parser#handler=(val) (27340.0)

イベントハンドラをセットします。

イベントハンドラをセットします。

@param val セットするハンドラ
@see Psych::Parser#handler=

Psych::Handler (18067.0)

Psych::Parser で用いるイベントハンドラの抽象基底クラスです。

Psych::Parser で用いるイベントハンドラの抽象基底クラスです。

Psych::Parser を使うためには、このクラスを継承し、
取り扱いたいイベントに対応するメソッドを定義します。

Psych::Parser.new(handler = Handler.new) -> Psych::Parser (9964.0)

新たなパーサオブジェクトを生成して返します。

新たなパーサオブジェクトを生成して返します。

handler で YAML のイベントを処理するハンドラを指定します。
詳しくは Psych::Parser を参照してください。

@param handler YAML のイベントを処理するハンドラ

絞り込み条件を変える

Psych::Parser#parse(yaml) -> self (9073.0)

YAML ドキュメントをパースし、イベントハンドラに イベントを逐次通知します。

YAML ドキュメントをパースし、イベントハンドラに
イベントを逐次通知します。

@see Psych::Parser.new, Psych::Handler, Psych::Parser#handler

Psych::Handler#start_stream(encoding) -> () (9055.0)

YAML ストリームの始まりで呼び出されます。

YAML ストリームの始まりで呼び出されます。

encoding にはストリームのエンコーディング(以下のいずれか)が渡されます。
* Psych::Parser::UTF8
* Psych::Parser::UTF16BE
* Psych::Parser::UTF16LE

このメソッドは YAML のストリームごとに呼び出されます。一つのストリームには
複数のドキュメントが含まれている可能性があります。

必要に応じてこのメソッドを override してください。

@param encoding ストリームのエンコーディング(整数値)

Psych::Parser::UTF16BE -> Integer (9019.0)

UTF-16BE エンコーディングを表します。

UTF-16BE エンコーディングを表します。

@see Psych::Handler#start_stream

Psych::Parser::UTF16LE -> Integer (9019.0)

UTF-16LE エンコーディングを表します。

UTF-16LE エンコーディングを表します。

@see Psych::Handler#start_stream

Psych::Parser::UTF8 -> Integer (9019.0)

UTF-8 エンコーディングを表します。

UTF-8 エンコーディングを表します。

@see Psych::Handler#start_stream

絞り込み条件を変える

Psych::Emitter (139.0)

Psych::Parser でパースし、生じたイベントから YAML ドキュメントを再構築するようなハンドラです。

Psych::Parser でパースし、生じたイベントから
YAML ドキュメントを再構築するようなハンドラです。

以下の例では STDIN から YAML ドキュメントを入力し、
再構築した YAML ドキュメントを STDERR に出力します。

parser = Psych::Parser.new(Psych::Emitter.new($stderr))
parser.parse($stdin)

また、以下のようにイベントを手動で発生させることで
YAML ドキュメントを構築させることもできます。
各メソッドの意味については Psych::Handler を参照してください...

Psych::TreeBuilder (109.0)

YAML AST を構築するためのクラスです。

YAML AST を構築するためのクラスです。

Psych::Parser.new に渡して YAML ドキュメントを YAML AST に変換する
ことができます。

また、Psych::Visitors::YAMLTree.new に渡して Ruby オブジェクト
を YAML AST に変換することもできます。

=== Example

parser = Psych::Parser.new Psych::TreeBuilder.new
parser.parse('--- foo')
parser.handler.root # => #<Psych::Nodes::Stre...

ruby 1.8.4 feature (109.0)

ruby 1.8.4 feature ruby 1.8.4 での ruby 1.8.3 からの変更点です。

ruby 1.8.4 feature
ruby 1.8.4 での ruby 1.8.3 からの変更点です。

掲載方針

*バグ修正の影響も含めて動作が変わるものを収録する。
*単にバグを直しただけのものは収録しない。
*ライブラリへの単なる定数の追加は収録しない。

以下は各変更点に付けるべきタグです。

記号について(特に重要なものは大文字(主観))

# * カテゴリ
# * [ruby]: ruby インタプリタの変更
# * [api]: 拡張ライブラリ API
# * [lib]: ライブラリ
* レベル
* [bug]: バグ修正
* [new]: 追加され...