るりまサーチ (Ruby 2.4.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
3件ヒット [1-3件を表示] (0.018秒)
トップページ > バージョン:2.4.0[x] > ライブラリ:ビルトイン[x] > クラス:Object[x] > クエリ:ARGV[x]

別のキーワード

  1. win32ole argv
  2. _builtin argv
  3. object argv
  4. kernel $argv
  5. english $argv

キーワード

検索結果

Object::ARGV -> Array (54367.0)

Ruby スクリプトに与えられた引数を表す配列です。

Ruby スクリプトに与えられた引数を表す配列です。

組み込み変数 $* の別名です。
Ruby 自身に対する引数は取り除かれています。

例:

スクリプト argv.rb の内容が
p ARGV
であったとします。このときシェルから次を実行すると、
$ ruby argv.rb foo bar baz
結果は以下のように出力されます。
["foo", "bar", "baz"]

Object#untaint -> self (46.0)

オブジェクトの「汚染マーク」を取り除きます。

...による危険性はプログラマが責任を負う必要が
あります。

オブジェクトの汚染に関してはspec/safelevelを参照してください。


ruby -e 'p ARGV[0].tainted?;t=+ARGV[0];t.untaint;p t.tainted?' hoge
# => true
# false

@see Object#taint,Object#tainted?...

Object#class -> Class (28.0)

レシーバのクラスを返します。

...p "ruby".class #=> String
p 100.class #=> Integer
p ARGV.class #=> Array
p self.class #=> Object
p Class.class #=> Class
p Kernel.class #=> Module

@see Class#superclass,Object#kind_of?,Object#instance_of?...