るりまサーチ (Ruby 2.3.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
55件ヒット [1-55件を表示] (0.049秒)

別のキーワード

  1. parent []=
  2. parent each
  3. pathname parent
  4. parent delete_if
  5. parent each_index

検索結果

REXML::Child#parent -> REXML::Parent|nil (54628.0)

親ノードを返します。

親ノードを返します。

ルートノードの場合は nil を返します。

@see REXML::Child#parent=

Pathname#parent -> Pathname (54433.0)

self の親ディレクトリを指す新しい Pathname オブジェクトを返します。

self の親ディレクトリを指す新しい Pathname オブジェクトを返します。

//emlist[例 絶対パス][ruby]{
require "pathname"

path = Pathname("/usr")
path # => #<Pathname:/usr>
path.parent # => #<Pathname:/>
//}

//emlist[例 相対パス][ruby]{
require "pathname"

path = Pathname("foo/bar")
path.parent # => #<Pathname:foo>
p...

RDoc::CodeObject#parent -> RDoc::CodeObject (54307.0)

自身を所有する(変数や定数などの形で保持する)オブジェクトを返します。

自身を所有する(変数や定数などの形で保持する)オブジェクトを返します。

RDoc::Context::Section#parent -> RDoc::Context (54307.0)

自身が所属する RDoc::Context オブジェクトを返します。

自身が所属する RDoc::Context オブジェクトを返します。

Tk::Tile::TreeView#parent(item) (54307.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

TkNamespace#parent (54307.0)

@todo

@todo

Win32::Registry#parent (54307.0)

@todo

@todo

親のキーを表す Win32::Registry オブジェクトを返します。
定義済キーでは nil を返します。

REXML::Parent#parent? -> bool (27325.0)

true を返します。

true を返します。

@see REXML::Node#parent

RDoc::CodeObject#parent_file_name -> String (18373.0)

self.parent のファイル名を返します。

self.parent のファイル名を返します。

@see RDoc::CodeObject#parent

RDoc::CodeObject#parent_name -> String (18373.0)

self.parent の名前を返します。

self.parent の名前を返します。

@see RDoc::CodeObject#parent

絞り込み条件を変える

REXML::Node#parent? -> bool (18361.0)

子を持つノードであれば真を返します。

子を持つノードであれば真を返します。

REXML::Parent のサブクラスでは真を返します。
それ以外では偽を返します。

@see REXML::Parent#parent?

REXML::Child#parent=(other) (18325.0)

other を親ノードに設定します。

other を親ノードに設定します。

other が元の親ノードと同じならばこのメソッドは何もしません。
self が親を持たない場合は単純に other を親ノードに設定します。
どちらでもない場合は、元の親ノードの子ノード列から self を取り除いて
から other を親ノードに設定します。

このメソッドだけでは other の子ノード集合に self は追加されません。
つまりこのメソッドを呼び出した直後は不完全な状態であり、親ノード側を
適切に設定する必要があります。

@param other 新たな親ノード
@see REXML::Child#parent

RDoc::CodeObject#parent=(val) (18307.0)

自身を所有する(変数や定数などの形で保持する)オブジェクトを設定します。

自身を所有する(変数や定数などの形で保持する)オブジェクトを設定します。

@param val RDoc::CodeObject のサブクラスのオブジェクトを指定しま
す。

REXML::Node#index_in_parent -> Insteger (18307.0)

self の親における index を返します。

self の親における index を返します。

返される index は 1-origin です。

ノードが親を持たない(REXML::Child でない)場合は例外を発生させます。

TkWinfo#winfo_parent (18307.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

Tk::Tcllib::ICO#transparent_color(color) (18304.0)

@todo

@todo

REXML::Parent#deep_clone -> REXML::Parent (9307.0)

ノードを複製し、複製されたノードを返します。

ノードを複製し、複製されたノードを返します。

子ノードも複製されます。

REXML::Parent#replace_child(to_replace, replacement) -> () (9040.0)

子ノード列上の to_replace を replacement に置き換えます。

子ノード列上の to_replace を replacement に置き換えます。

to_replace の parent は nil に、
replacement の parent は selfに変更されます。

@param to_replace 置き換え元のノード
@param replacement 置き換え先のノード

REXML::Parent#<<(object) -> () (9004.0)

object を子ノード列の最後に追加します。

object を子ノード列の最後に追加します。

object の親ノードには self が設定されます。

@param object 追加するノード

REXML::Parent#[](index) -> REXML::Child | nil (9004.0)

子ノード列上の index で指定された場所のノードを返します。

子ノード列上の index で指定された場所のノードを返します。

範囲外を指定した場合は nil を返します。

絞り込み条件を変える

REXML::Parent#[]=(index, node) (9004.0)

子ノード列上の指定した場所を node で置き換えます。

子ノード列上の指定した場所を node で置き換えます。

Array#[]= と同じ指定が可能です。

@param index 変更場所の index (Integer)
@param range 変更場所の範囲 (Range)
@param start 変更範囲の最初の位置 (Integer)
@param length 変更範囲の個数 (Integer)
@param node 置き換えるノード

REXML::Parent#[]=(range, node) (9004.0)

子ノード列上の指定した場所を node で置き換えます。

子ノード列上の指定した場所を node で置き換えます。

Array#[]= と同じ指定が可能です。

@param index 変更場所の index (Integer)
@param range 変更場所の範囲 (Range)
@param start 変更範囲の最初の位置 (Integer)
@param length 変更範囲の個数 (Integer)
@param node 置き換えるノード

REXML::Parent#[]=(start, length, node) (9004.0)

子ノード列上の指定した場所を node で置き換えます。

子ノード列上の指定した場所を node で置き換えます。

Array#[]= と同じ指定が可能です。

@param index 変更場所の index (Integer)
@param range 変更場所の範囲 (Range)
@param start 変更範囲の最初の位置 (Integer)
@param length 変更範囲の個数 (Integer)
@param node 置き換えるノード

REXML::Parent#add(object) -> () (9004.0)

object を子ノード列の最後に追加します。

object を子ノード列の最後に追加します。

object の親ノードには self が設定されます。

@param object 追加するノード

REXML::Parent#children -> [REXML::Child] (9004.0)

子ノード列の配列を返します。

子ノード列の配列を返します。

絞り込み条件を変える

REXML::Parent#delete(object) -> REXML::Child | nil (9004.0)

object を子ノード列から削除します。

object を子ノード列から削除します。

削除されたノードの親は nil に設定されます。

削除したノードを返します。削除されなかった場合は nil を返します。

@param object 削除するノード

REXML::Parent#delete_at(index) -> REXML::Child | nil (9004.0)

子ノード列上の index で指定された場所の要素を取り除きます。

子ノード列上の index で指定された場所の要素を取り除きます。

取り除いだノードを返します。indexが範囲外である場合は何もせず
nil を返します。

REXML::Parent#delete_if -> Enumerator (9004.0)

各子ノードに対しブロックを呼び出し、真を返したノードを削除します。

各子ノードに対しブロックを呼び出し、真を返したノードを削除します。

ブロックを省略した場合は、各子ノードに対し上の操作を
する Enumerator オブジェクトを返します。

REXML::Parent#delete_if {|object| ... } -> () (9004.0)

各子ノードに対しブロックを呼び出し、真を返したノードを削除します。

各子ノードに対しブロックを呼び出し、真を返したノードを削除します。

ブロックを省略した場合は、各子ノードに対し上の操作を
する Enumerator オブジェクトを返します。

REXML::Parent#each -> Enumerator (9004.0)

各子ノードに対しブロックを呼び出します。

各子ノードに対しブロックを呼び出します。

ブロックを省略した場合は、各子ノードに対し操作を
繰り返すような Enumerator オブジェクトを返します。

絞り込み条件を変える

REXML::Parent#each {|object| ... } -> () (9004.0)

各子ノードに対しブロックを呼び出します。

各子ノードに対しブロックを呼び出します。

ブロックを省略した場合は、各子ノードに対し操作を
繰り返すような Enumerator オブジェクトを返します。

REXML::Parent#each_child -> Enumerator (9004.0)

各子ノードに対しブロックを呼び出します。

各子ノードに対しブロックを呼び出します。

ブロックを省略した場合は、各子ノードに対し操作を
繰り返すような Enumerator オブジェクトを返します。

REXML::Parent#each_child {|object| ... } -> () (9004.0)

各子ノードに対しブロックを呼び出します。

各子ノードに対しブロックを呼び出します。

ブロックを省略した場合は、各子ノードに対し操作を
繰り返すような Enumerator オブジェクトを返します。

REXML::Parent#each_index -> Enumerator (9004.0)

各子ノードのインデックスに対しブロックを呼び出します。

各子ノードのインデックスに対しブロックを呼び出します。

ブロックが省略された場合は上のような繰り返しをする
Enumerator オブジェクトを返します。

REXML::Parent#each_index {|index| ... } -> () (9004.0)

各子ノードのインデックスに対しブロックを呼び出します。

各子ノードのインデックスに対しブロックを呼び出します。

ブロックが省略された場合は上のような繰り返しをする
Enumerator オブジェクトを返します。

絞り込み条件を変える

REXML::Parent#index(child) -> Integer | nil (9004.0)

child の子ノード列上での位置を返します。

child の子ノード列上での位置を返します。

child が子ノードでない場合には nil を返します。

REXML::Parent#insert_after(child1, child2) -> self (9004.0)

child2 を child1 で指定したノードの後ろに挿入します。

child2 を child1 で指定したノードの後ろに挿入します。

child1 が REXML::Child のインスタンスであるならば、その
子ノードの後ろに挿入されます。
child1 が 文字列であるならば、XPath で場所を指定します。
具体的には REXML::XPath.first(self, child1) で特定されるノードの
後ろに挿入されます。

挿入されるノード(child2)の親は self に変更されます。

@param child1 挿入場所の指定
@param child2 挿入されるノード

REXML::Parent#insert_before(child1, child2) -> self (9004.0)

child2 を child1 で指定したノードの前に挿入します。

child2 を child1 で指定したノードの前に挿入します。

child1 が REXML::Child のインスタンスであるならば、その
子ノードの前に挿入されます。
child1 が 文字列であるならば、XPath で場所を指定します。
具体的には REXML::XPath.first(self, child1) で特定されるノードの
前に挿入されます。

挿入されるノード(child2)の親は self に変更されます。

@param child1 挿入場所の指定
@param child2 挿入されるノード

REXML::Parent#length -> Integer (9004.0)

保持している子ノードの数を返します。

保持している子ノードの数を返します。

REXML::Parent#push(object) -> () (9004.0)

object を子ノード列の最後に追加します。

object を子ノード列の最後に追加します。

object の親ノードには self が設定されます。

@param object 追加するノード

絞り込み条件を変える

REXML::Parent#size -> Integer (9004.0)

保持している子ノードの数を返します。

保持している子ノードの数を返します。

REXML::Parent#to_a -> [REXML::Child] (9004.0)

子ノード列の配列を返します。

子ノード列の配列を返します。

REXML::Parent#unshift(object) -> () (9004.0)

object を子ノード列の最初に追加します。

object を子ノード列の最初に追加します。

object の親ノードには self が設定されます。

@param object 追加するノード

Tk::Tile::TreeView#insert(parent, idx, keys = {}) (307.0)

@todo

@todo

Tk::Tile::TreeView#move(item, parent, idx) (307.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

TkMenuSpec#_create_menu(parent, menu_info, menu_name = nil, tearoff = false, default_opts = nil) (307.0)

@todo

@todo

TkMenuSpec#_create_menu_for_menubar(parent) (307.0)

@todo

@todo

TkMenuSpec#_create_menubutton(parent, menu_info, tearoff=false, default_opts = nil) (307.0)

@todo

@todo

TkMenuSpec#_use_menubar?(parent) (307.0)

@todo

@todo

TkSystemMenu#initialize(parent, keys = nil) (307.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

Object#methods(include_inherited = true) -> [Symbol] (184.0)

そのオブジェクトに対して呼び出せるメソッド名の一覧を返します。 このメソッドは public メソッドおよび protected メソッドの名前を返します。

そのオブジェクトに対して呼び出せるメソッド名の一覧を返します。
このメソッドは public メソッドおよび protected メソッドの名前を返します。

ただし特別に、引数が偽の時は Object#singleton_methods(false) と同じになっています。


@param include_inherited 引数が偽の時は Object#singleton_methods(false) と同じになります。

#例1:

class Parent
private; def private_parent() end
protected; d...

Object#singleton_methods(inherited_too = true) -> [Symbol] (148.0)

そのオブジェクトに対して定義されている特異メソッド名 (public あるいは protected メソッド) の一覧を返します。

そのオブジェクトに対して定義されている特異メソッド名
(public あるいは protected メソッド) の一覧を返します。

inherited_too が真のときは継承した特異メソッドを含みます。
継承した特異メソッドとは Object#extend によって追加された特異メソッドや、
self がクラスの場合はスーパークラスのクラスメソッド(Classのインスタンスの特異メソッド)などです。

singleton_methods(false) は、Object#methods(false) と同じです。

@param inherited_too 継承した特異メソッドを含める場合は...

IO#pid -> Integer | nil (40.0)

自身が IO.popen で作られたIOポートなら、子プロセスのプロセス ID を 返します。それ以外は nil を返します。

自身が IO.popen で作られたIOポートなら、子プロセスのプロセス ID を
返します。それ以外は nil を返します。

@raise IOError 既に close されている場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
IO.popen("-") do |pipe|
if pipe
$stderr.puts "In parent, child pid is #{pipe.pid}" # => In parent, child pid is 16013
else
$stderr.puts "In child, pid is #{$$}" ...

REXML::Child#replace_with(child) -> self (22.0)

親ノードの子ノード列上において、 self を child に置き換えます。

親ノードの子ノード列上において、 self を child に置き換えます。

@param child 置き換え後のノード
@see REXML::Parent#replace_child

REXML::DocType#add(child) -> () (22.0)

child を子ノード列の最後に追加します。

child を子ノード列の最後に追加します。

REXML::Parent#add を内部で呼び出します。
また、REXML::DocType#entities を更新します。

@param child 追加するノード

絞り込み条件を変える