るりまサーチ (Ruby 2.3.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
14件ヒット [1-14件を表示] (0.049秒)

別のキーワード

  1. matrix lup
  2. matrix lup_decomposition
  3. lup matrix
  4. lup_decomposition matrix
  5. lup matrix::lupdecomposition

ライブラリ

クラス

モジュール

キーワード

検索結果

Matrix#lup -> Matrix::LUPDecomposition (54694.0)

行列の LUP 分解を保持したオブジェクトを返します。

行列の LUP 分解を保持したオブジェクトを返します。

Matrix::LUPDecomposition は to_ary を定義しているため、
多重代入によって3つの行列(下三角行列、上三角行列、置換行列)
を得ることができます。これを [L, U, P] と書くと、
L*U = P*self を満たします。

//emlist[例][ruby]{
require 'matrix'
a = Matrix[[1, 2], [3, 4]]
l, u, p = a.lup
l.lower_triangular? # => true
u.upper_triangular? # => true
p....

Matrix#lup_decomposition -> Matrix::LUPDecomposition (18694.0)

行列の LUP 分解を保持したオブジェクトを返します。

行列の LUP 分解を保持したオブジェクトを返します。

Matrix::LUPDecomposition は to_ary を定義しているため、
多重代入によって3つの行列(下三角行列、上三角行列、置換行列)
を得ることができます。これを [L, U, P] と書くと、
L*U = P*self を満たします。

//emlist[例][ruby]{
require 'matrix'
a = Matrix[[1, 2], [3, 4]]
l, u, p = a.lup
l.lower_triangular? # => true
u.upper_triangular? # => true
p....

Matrix::LUPDecomposition#solve(b) -> Vector | Matrix (9142.0)

self が正方行列 A の LUP 分解の時、一次方程式 Ax = b の解を返します。 b には Vector, Matrix, 数値の配列を指定出来ます。

self が正方行列 A の LUP 分解の時、一次方程式 Ax = b の解を返します。
b には Vector, Matrix, 数値の配列を指定出来ます。

それぞれベクトルのサイズ、行列の行数、配列のサイズが A の列数と一致していなければなりません。
返り値は b が行列なら行列、それ以外はベクトルになります。

@param b 一次方程式の定数項を指定します。

//emlist[][ruby]{
require 'matrix'

lup = Matrix[[2, 1], [1, 2]].lup

lup.solve([1, -1]) #=> ...

Matrix::LUPDecomposition#det -> Numeric (9052.0)

元の行列の行列式の値を返します。 LUP 分解の結果を利用して計算します。

元の行列の行列式の値を返します。
LUP 分解の結果を利用して計算します。

@see Matrix#determinant

Matrix::LUPDecomposition#determinant -> Numeric (9052.0)

元の行列の行列式の値を返します。 LUP 分解の結果を利用して計算します。

元の行列の行列式の値を返します。
LUP 分解の結果を利用して計算します。

@see Matrix#determinant

絞り込み条件を変える

Matrix::LUPDecomposition#l -> Matrix (9052.0)

LUP分解の下半行列部分を返します。

LUP分解の下半行列部分を返します。

Matrix::LUPDecomposition#p -> Matrix (9052.0)

LUP分解の置換行列部分を返します。

LUP分解の置換行列部分を返します。

Matrix::LUPDecomposition#singular? -> bool (9052.0)

元の行列が正方で特異なら真を/正則なら偽を返します。 LUP 分解の結果を利用して判定します。

元の行列が正方で特異なら真を/正則なら偽を返します。
LUP 分解の結果を利用して判定します。

@see Matrix#singular?

Matrix::LUPDecomposition#u -> Matrix (9052.0)

LUP分解の上半行列部分を返します。

LUP分解の上半行列部分を返します。

Gem::InstallUpdateOptions#add_install_update_options (9004.0)

インストールとアップデートに関するオプションを追加します。

インストールとアップデートに関するオプションを追加します。

絞り込み条件を変える

Gem::InstallUpdateOptions#install_update_defaults_str -> String (9004.0)

Gem コマンドの install サブコマンドに渡されるデフォルトのオプションを返します。

Gem コマンドの install サブコマンドに渡されるデフォルトのオプションを返します。

デフォルトのオプションは以下の通りです。
--rdoc --no-force --no-test --wrappers

Matrix::LUPDecomposition#pivots -> [Integer] (9004.0)

ピボッティングを表す配列を返します。

ピボッティングを表す配列を返します。

Matrix::LUPDecomposition#to_a -> [Matrix, Matrix, Matrix] (9004.0)

分解した行列を [下半行列, 上半行列, 置換行列] という3要素の配列で 返します。

分解した行列を [下半行列, 上半行列, 置換行列] という3要素の配列で
返します。

Matrix::LUPDecomposition#to_ary -> [Matrix, Matrix, Matrix] (9004.0)

分解した行列を [下半行列, 上半行列, 置換行列] という3要素の配列で 返します。

分解した行列を [下半行列, 上半行列, 置換行列] という3要素の配列で
返します。