るりまサーチ (Ruby 2.3.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
69件ヒット [1-69件を表示] (0.082秒)

別のキーワード

  1. matrix l
  2. kernel $-l
  3. _builtin $-l
  4. lupdecomposition l
  5. l matrix

検索結果

Delegator#methods -> [Symbol] (63625.0)

そのオブジェクトに対して呼び出せるメソッド名の一覧を返します。 このメソッドは public メソッドおよび protected メソッドの名前を返します。

そのオブジェクトに対して呼び出せるメソッド名の一覧を返します。
このメソッドは public メソッドおよび protected メソッドの名前を返します。

@see Object#methods

Object#methods(include_inherited = true) -> [Symbol] (54895.0)

そのオブジェクトに対して呼び出せるメソッド名の一覧を返します。 このメソッドは public メソッドおよび protected メソッドの名前を返します。

そのオブジェクトに対して呼び出せるメソッド名の一覧を返します。
このメソッドは public メソッドおよび protected メソッドの名前を返します。

ただし特別に、引数が偽の時は Object#singleton_methods(false) と同じになっています。


@param include_inherited 引数が偽の時は Object#singleton_methods(false) と同じになります。

#例1:

class Parent
private; def private_parent() end
protected; d...

WIN32OLE#ole_func_methods -> [WIN32OLE_METHOD] (45997.0)

オブジェクトのファンクション情報をWIN32OLE_METHODの配列として返し ます。

オブジェクトのファンクション情報をWIN32OLE_METHODの配列として返し
ます。

ole_func_methodsメソッドは、OLEオートメーションサーバのメソッドのうちファ
ンクション(何らかの機能的な操作)に属するものをWIN32OLE_METHODの
配列として返します。

@return WIN32OLE_METHODの配列。
@raise WIN32OLERuntimeError オートメーションサーバの呼び出しに失敗しました。
型情報ライブラリ(TypeLib)が提供されていない場合などに発生します。

exc...

WIN32OLE#ole_get_methods -> [WIN32OLE_METHOD] (45997.0)

オブジェクトの参照可能プロパティ情報をWIN32OLE_METHODの配列として 返します。

オブジェクトの参照可能プロパティ情報をWIN32OLE_METHODの配列として
返します。

ole_get_methodsメソッドは、OLEオートメーションサーバのメソッドのうち読
み取り可能なプロパティをWIN32OLE_METHODの配列として返します。

@return WIN32OLE_METHODの配列。
@raise WIN32OLERuntimeError オートメーションサーバの呼び出しに失敗しました。
型情報ライブラリ(TypeLib)が提供されていない場合などに発生します。

excel = WIN32OLE...

WIN32OLE#ole_methods -> [WIN32OLE_METHOD] (45997.0)

オブジェクトのメソッド情報をWIN32OLE_METHODの配列として返します。

オブジェクトのメソッド情報をWIN32OLE_METHODの配列として返します。

ole_methodsメソッドは、OLEオートメーションサーバが提供するすべてのメソッ
ドをWIN32OLE_METHODの配列として返します。

@return WIN32OLE_METHODの配列。
@raise WIN32OLERuntimeError オートメーションサーバの呼び出しに失敗しました。
型情報ライブラリ(TypeLib)が提供されていない場合などに発生します。

excel = WIN32OLE.new('Excel.Appli...

絞り込み条件を変える

WIN32OLE#ole_put_methods -> [WIN32OLE_METHOD] (45997.0)

オブジェクトの設定可能プロパティ情報をWIN32OLE_METHODの配列として 返します。

オブジェクトの設定可能プロパティ情報をWIN32OLE_METHODの配列として
返します。

ole_put_methodsメソッドは、OLEオートメーションサーバのメソッドのうちプ
ロパティ設定メソッドに属するものをWIN32OLE_METHODの配列として返し
ます。

@return WIN32OLE_METHODの配列。
@raise WIN32OLERuntimeError オートメーションサーバの呼び出しに失敗しました。
型情報ライブラリ(TypeLib)が提供されていない場合などに発生します。

excel = W...

SingleForwardable#def_single_delegators(accessor, *methods) -> () (45946.0)

メソッドの委譲先をまとめて設定します。

メソッドの委譲先をまとめて設定します。

@param accessor 委譲先のオブジェクト

@param methods 委譲するメソッドのリスト

委譲元のオブジェクトで methods のそれぞれのメソッドが呼び出された場合に、
委譲先のオブジェクトの同名のメソッドへ処理が委譲されるようになります。

def_delegators は def_singleton_delegators の別名になります。

また、以下の 2 つの例は同じ意味です。

def_delegators :@records, :size, :<<, :map

def_delegator :@rec...

WIN32OLE_TYPE#ole_methods -> [WIN32OLE_METHOD] (45943.0)

型が持つメソッドのメタデータを取得します。

型が持つメソッドのメタデータを取得します。

@return 型が持つメソッドのメタデータをWIN32OLE_METHODの配列として返します。
メソッドを持たない場合は空配列を返します。


tobj = WIN32OLE_TYPE.new('Microsoft Excel 14.0 Object Library', 'Worksheet')
methods = tobj.ole_methods.map {|m| m.name }
# => ['QueryInterface', 'AddRef', 'Release',.....

Object#singleton_methods(inherited_too = true) -> [Symbol] (36769.0)

そのオブジェクトに対して定義されている特異メソッド名 (public あるいは protected メソッド) の一覧を返します。

そのオブジェクトに対して定義されている特異メソッド名
(public あるいは protected メソッド) の一覧を返します。

inherited_too が真のときは継承した特異メソッドを含みます。
継承した特異メソッドとは Object#extend によって追加された特異メソッドや、
self がクラスの場合はスーパークラスのクラスメソッド(Classのインスタンスの特異メソッド)などです。

singleton_methods(false) は、Object#methods(false) と同じです。

@param inherited_too 継承した特異メソッドを含める場合は...

Object#public_methods(include_inherited = true) -> [Symbol] (36661.0)

そのオブジェクトが理解できる public メソッド名の一覧を返します。

そのオブジェクトが理解できる public メソッド名の一覧を返します。

@param include_inherited 偽となる値を指定すると自身のクラスのスーパークラスで定義されたメソッドを除きます。


@see Module#public_instance_methods,Object#methods,Object#singleton_methods

絞り込み条件を変える

SingleForwardable#def_delegators(accessor, *methods) -> () (36646.0)

メソッドの委譲先をまとめて設定します。

メソッドの委譲先をまとめて設定します。

@param accessor 委譲先のオブジェクト

@param methods 委譲するメソッドのリスト

委譲元のオブジェクトで methods のそれぞれのメソッドが呼び出された場合に、
委譲先のオブジェクトの同名のメソッドへ処理が委譲されるようになります。

def_delegators は def_singleton_delegators の別名になります。

また、以下の 2 つの例は同じ意味です。

def_delegators :@records, :size, :<<, :map

def_delegator :@rec...

Module#public_instance_methods(inherited_too = true) -> [Symbol] (36643.0)

そのモジュールで定義されている public メソッド名 の一覧を配列で返します。

そのモジュールで定義されている public メソッド名
の一覧を配列で返します。

@param inherited_too false を指定するとそのモジュールで定義されているメソッドのみ返します。


@see Object#public_methods, Module#instance_methods

Delegator#public_methods(all = true) -> [Symbol] (36625.0)

そのオブジェクトが理解できる public メソッド名の一覧を返します。

そのオブジェクトが理解できる public メソッド名の一覧を返します。

@param all 偽を指定すると __getobj__ のスーパークラスで定義されたメソッドを除きます。

@see Object#public_methods

RDoc::Context#initialize_methods_etc -> () (36607.0)

追加されたメソッド、属性、alias されたメソッド(メソッド名の対応が取れて いないものを含む)、require されたファイル、include されたファイル、定数 をクリアします。

追加されたメソッド、属性、alias されたメソッド(メソッド名の対応が取れて
いないものを含む)、require されたファイル、include されたファイル、定数
をクリアします。

Module#instance_methods(inherited_too = true) -> [Symbol] (27841.0)

そのモジュールで定義されている public および protected メソッド名 の一覧を配列で返します。

そのモジュールで定義されている public および protected メソッド名
の一覧を配列で返します。

@param inherited_too false を指定するとそのモジュールで定義されているメソッドのみ返します。

@see Object#methods

例1:

class Foo
private; def private_foo() end
protected; def protected_foo() end
public; def public_foo() end
end

# あるクラスのインスタンスメソッ...

絞り込み条件を変える

Module#private_instance_methods(inherited_too = true) -> [Symbol] (27679.0)

そのモジュールで定義されている private メソッド名 の一覧を配列で返します。

そのモジュールで定義されている private メソッド名
の一覧を配列で返します。

@param inherited_too false を指定するとそのモジュールで定義されているメソッドのみ返します。

@see Object#private_methods, Module#instance_methods

例:
module Foo
def foo; end
private def bar; end
end

module Bar
include Foo

def baz; end
private def qux; end
e...

Forwardable#def_delegators(accessor, *methods) -> () (27646.0)

メソッドの委譲先をまとめて設定します。

メソッドの委譲先をまとめて設定します。

@param accessor 委譲先のオブジェクト

@param methods 委譲するメソッドのリスト

委譲元のオブジェクトで methods のそれぞれのメソッドが呼び出された場合に、
委譲先のオブジェクトの同名のメソッドへ処理が委譲されるようになります。

def_delegators は def_instance_delegators の別名になります。

また、以下の 2 つの例は同じ意味です。

def_delegators :@records, :size, :<<, :map

def_delegator :@reco...

Forwardable#def_instance_delegators(accessor, *methods) -> () (27646.0)

メソッドの委譲先をまとめて設定します。

メソッドの委譲先をまとめて設定します。

@param accessor 委譲先のオブジェクト

@param methods 委譲するメソッドのリスト

委譲元のオブジェクトで methods のそれぞれのメソッドが呼び出された場合に、
委譲先のオブジェクトの同名のメソッドへ処理が委譲されるようになります。

def_delegators は def_instance_delegators の別名になります。

また、以下の 2 つの例は同じ意味です。

def_delegators :@records, :size, :<<, :map

def_delegator :@reco...

Module#protected_instance_methods(inherited_too = true) -> [Symbol] (27643.0)

そのモジュールで定義されている protected メソッド名 の一覧を配列で返します。

そのモジュールで定義されている protected メソッド名
の一覧を配列で返します。

@param inherited_too false を指定するとそのモジュールで定義されているメソッドのみ返します。


@see Object#protected_methods, Module#instance_methods

Delegator#protected_methods(all = true) -> [Symbol] (27625.0)

そのオブジェクトが理解できる protected メソッド名の一覧を返します。

そのオブジェクトが理解できる protected メソッド名の一覧を返します。

@param all 偽を指定すると __getobj__ のスーパークラスで定義されたメソッドを除きます。

@see Object#protected_methods

絞り込み条件を変える

TkText::IndexModMethods#any_line(mod) (27304.0)

@todo

@todo

TkText::IndexModMethods#any_lines(mod) (27304.0)

@todo

@todo

TkText::IndexModMethods#display_char(mod) (27304.0)

@todo

@todo

TkText::IndexModMethods#display_chars(mod) (27304.0)

@todo

@todo

TkText::IndexModMethods#display_indices(mod) (27304.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

TkText::IndexModMethods#display_line(mod) (27304.0)

@todo

@todo

TkText::IndexModMethods#display_lineend (27304.0)

@todo

@todo

TkText::IndexModMethods#display_lines(mod) (27304.0)

@todo

@todo

TkText::IndexModMethods#display_linestart (27304.0)

@todo

@todo

TkText::IndexModMethods#display_wordend (27304.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

TkText::IndexModMethods#display_wordstart (27304.0)

@todo

@todo

TkText::IndexModMethods#line(mod) (27304.0)

@todo

@todo

TkText::IndexModMethods#lineend (27304.0)

@todo

@todo

TkText::IndexModMethods#lines(mod) (27304.0)

@todo

@todo

TkText::IndexModMethods#linestart (27304.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

RDoc::Context#set_visibility_for(methods, visibility, singleton = false) -> () (18973.0)

methods で指定した RDoc::AnyMethod、RDoc::Attr の内、 singleton で指定した条件と一致するメソッドすべての可視性を visibility に設定します。

methods で指定した RDoc::AnyMethod、RDoc::Attr の内、
singleton で指定した条件と一致するメソッドすべての可視性を visibility
に設定します。

@param methods RDoc::AnyMethod、RDoc::Attr オブジェクトの配
列を指定します。

@param visibility 可視性を :public, :protected, :private の内のいずれか
で指定します。

@param singleton 特異メソッドの可視性を変更する場合は...

Object#private_methods(include_inherited = true) -> [Symbol] (18661.0)

そのオブジェクトが理解できる private メソッド名の一覧を返します。

そのオブジェクトが理解できる private メソッド名の一覧を返します。

@param include_inherited 偽となる値を指定すると自身のクラスのスーパークラスで定義されたメソッドを除きます。


@see Module#private_instance_methods,Object#methods,Object#singleton_methods

Object#protected_methods(include_inherited = true) -> [Symbol] (18661.0)

そのオブジェクトが理解できる protected メソッド名の一覧を返します。

そのオブジェクトが理解できる protected メソッド名の一覧を返します。

@param include_inherited 偽となる値を指定すると自身のクラスのスーパークラスで定義されたメソッドを除きます。


@see Module#protected_instance_methods,Object#methods,Object#singleton_methods

XMLRPC::Client#multicall(*methods) (18655.0)

You can use this method to execute several methods on a XMLRPC server which supports the multi-call extension. Example:

You can use this method to execute several methods on a XMLRPC server which supports
the multi-call extension.
Example:

s.multicall(
['michael.add', 3, 4],
['michael.sub', 4, 5]
)
# => [7, -1]

RDoc::Stats#num_methods=(val) (18607.0)

解析したメソッドの数を指定します。

解析したメソッドの数を指定します。

@param val 数値を指定します。

絞り込み条件を変える

XMLRPC::Client#multicall2(*methods) (18607.0)

Same as XMLRPC::Client#multicall, but returns like XMLRPC::Client#call2 two parameters instead of raising an XMLRPC::FaultException.

Same as XMLRPC::Client#multicall, but returns like XMLRPC::Client#call2 two parameters
instead of raising an XMLRPC::FaultException.

TkXIM#useinputmethods(value = Tk::None) (18604.0)

@todo

@todo

XMLRPC::Client#call2_async(...) (18388.0)

In contrast to corresponding methods without "_async", these can be called concurrently and use for each request a new connection, where the non-asynchronous counterparts use connection-alive (one connection for all requests) if possible.

In contrast to corresponding methods without "_async", these can be
called concurrently and use for each request a new connection, where the
non-asynchronous counterparts use connection-alive (one connection for all requests)
if possible.

Note, that you have to use Threads to call these methods co...

XMLRPC::Client#call_async(...) (18388.0)

In contrast to corresponding methods without "_async", these can be called concurrently and use for each request a new connection, where the non-asynchronous counterparts use connection-alive (one connection for all requests) if possible.

In contrast to corresponding methods without "_async", these can be
called concurrently and use for each request a new connection, where the
non-asynchronous counterparts use connection-alive (one connection for all requests)
if possible.

Note, that you have to use Threads to call these methods co...

XMLRPC::Client#multicall2_async(...) (18388.0)

In contrast to corresponding methods without "_async", these can be called concurrently and use for each request a new connection, where the non-asynchronous counterparts use connection-alive (one connection for all requests) if possible.

In contrast to corresponding methods without "_async", these can be
called concurrently and use for each request a new connection, where the
non-asynchronous counterparts use connection-alive (one connection for all requests)
if possible.

Note, that you have to use Threads to call these methods co...

絞り込み条件を変える

XMLRPC::Client#multicall_async(...) (18388.0)

In contrast to corresponding methods without "_async", these can be called concurrently and use for each request a new connection, where the non-asynchronous counterparts use connection-alive (one connection for all requests) if possible.

In contrast to corresponding methods without "_async", these can be
called concurrently and use for each request a new connection, where the
non-asynchronous counterparts use connection-alive (one connection for all requests)
if possible.

Note, that you have to use Threads to call these methods co...

Object#initialize_copy(obj) -> object (18376.0)

(拡張ライブラリによる) ユーザ定義クラスのオブジェクトコピーの初期化メソッド。

(拡張ライブラリによる) ユーザ定義クラスのオブジェクトコピーの初期化メソッド。

このメソッドは self を obj の内容で置き換えます。ただ
し、self のインスタンス変数や特異メソッドは変化しません。
Object#clone, Object#dupの内部で使われています。

initialize_copy は、Ruby インタプリタが知り得ない情報をコピーするた
めに使用(定義)されます。例えば C 言語でクラスを実装する場合、情報
をインスタンス変数に保持させない場合がありますが、そういった内部情
報を initialize_copy でコピーするよう定義しておくことで、du...

XMLRPC::BasicServer#add_handler(prefix, obj) (18355.0)

This is the second form of XMLRPC::BasicServer#add_handler. To add an object write: server.add_handler("michael", MyHandlerClass.new) All public methods of MyHandlerClass are accessible to the XML-RPC clients by (('michael."name of method"')). This is where the class_delim in XMLRPC::BasicServer.new has it's role, a XML-RPC method-name is defined by prefix + class_delim + (('"name of method"')).

This is the second form of XMLRPC::BasicServer#add_handler.
To add an object write:
server.add_handler("michael", MyHandlerClass.new)
All public methods of MyHandlerClass are accessible to
the XML-RPC clients by (('michael."name of method"')). This is
where the class_delim in XMLRPC::BasicServer...

RDoc::Context#ongoing_visibility=(vis) (18352.0)

Change the default visibility for new methods

Change the default visibility for new methods

WIN32OLE_TYPE#default_event_sources -> [WIN32OLE_TYPE] (18340.0)

型が持つソースインターフェイスを取得します。

型が持つソースインターフェイスを取得します。

default_event_sourcesメソッドは、selfがCoClass(コンポーネントクラス)
の場合、そのクラスがサポートするデフォルトのソースインターフェイス(イ
ベントの通知元となるインターフェイス)を返します。

@return デフォルトのソースインターフェイスをWIN32OLE_TYPEの配列と
して返します。返すのは配列ですが、デフォルトのソースインターフェ
イスは最大でも1インターフェイスです。ソースインターフェイスを持
たない場合は空配列を返します。

tobj = ...

絞り込み条件を変える

XMLRPC::BasicServer#add_handler(interface, obj) (18325.0)

This is the third form of XMLRPC::BasicServer#add_handler.

This is the third form of XMLRPC::BasicServer#add_handler.

Use XMLRPC::interface to generate an ServiceInterface object, which
represents an interface (with signature and help text) for a handler class.

Parameter interface must be of type XMLRPC::ServiceInterface.
Adds all methods of obj which are...

RDoc::CodeObject#document_self=(val) (18322.0)

自身をドキュメントに含めるかどうかを設定します。

自身をドキュメントに含めるかどうかを設定します。

:doc: を指定した時に true が設定されます。
:nodoc:、:stopdoc: を指定した時に false が設定されます。

@param val true を指定した場合、自身をドキュメントに含めます。

@see RDoc::CodeObject#document_children=,
RDoc::CodeObject#remove_methods_etc

XMLRPC::Client#call(method, *args) (18322.0)

Invokes the method named method with the parameters given by args on the XML-RPC server. The parameter method is converted into a String and should be a valid XML-RPC method-name. Each parameter of args must be of one of the following types, where Hash, Struct and Array can contain any of these listed ((:types:)): * Fixnum, Bignum * TrueClass, FalseClass (true, false) * String, Symbol * Float * Hash, Struct * Array * Date, Time, XMLRPC::DateTime * XMLRPC::Base64 * A Ruby object which class includes XMLRPC::Marshallable (only if Config::ENABLE_MARSHALLABLE is true). That object is converted into a hash, with one additional key/value pair "___class___" which contains the class name for restoring later that object.

Invokes the method named method with the parameters given by
args on the XML-RPC server.
The parameter method is converted into a String and should
be a valid XML-RPC method-name.
Each parameter of args must be of one of the following types,
where Hash, Struct and Array can contain any of these lis...

XMLRPC::BasicServer#add_handler(name, signature=nil, help=nil) { aBlock } (18310.0)

Adds aBlock to the list of handlers, with name as the name of the method. Parameters signature and help are used by the Introspection method if specified, where signature is either an Array containing strings each representing a type of it's signature (the first is the return value) or an Array of Arrays if the method has multiple signatures. Value type-names are "int, boolean, double, string, dateTime.iso8601, base64, array, struct".

Adds aBlock to the list of handlers, with name as the name of the method.
Parameters signature and help are used by the Introspection method if specified,
where signature is either an Array containing strings each representing a type of it's
signature (the first is the return value) or an Array of ...

JSON::Generator::GeneratorMethods::FalseClass#to_json(state_or_hash = nil) -> String (18304.0)

自身から生成した JSON 形式の文字列を返します。

自身から生成した JSON 形式の文字列を返します。

"false" という文字列を返します。

@param state_or_hash 生成する JSON 形式の文字列をカスタマイズするため
に JSON::State のインスタンスか、
JSON::State.new の引数と同じ Hash を
指定します。

//emlist[例][ruby]{
require "json"

false.to_json # => "false"
//}

絞り込み条件を変える

JSON::Generator::GeneratorMethods::Float#to_json(state_or_hash = nil) -> String (18304.0)

自身から生成した JSON 形式の文字列を返します。

自身から生成した JSON 形式の文字列を返します。

@param state_or_hash 生成する JSON 形式の文字列をカスタマイズするため
に JSON::State のインスタンスか、
JSON::State.new の引数と同じ Hash を
指定します。

//emlist[例][ruby]{
require "json"

(1.0).to_json # => "1.0"
//}

JSON::Generator::GeneratorMethods::NilClass#to_json(state_or_hash = nil) -> String (18304.0)

自身から生成した JSON 形式の文字列を返します。

自身から生成した JSON 形式の文字列を返します。

"null" という文字列を返します。

@param state_or_hash 生成する JSON 形式の文字列をカスタマイズするため
に JSON::State のインスタンスか、
JSON::State.new の引数と同じ Hash を
指定します。

//emlist[例][ruby]{
require "json"

nil.to_json # => "null"
//}

JSON::Generator::GeneratorMethods::TrueClass#to_json(state_or_hash = nil) -> String (18304.0)

自身から生成した JSON 形式の文字列を返します。

自身から生成した JSON 形式の文字列を返します。

"true" という文字列を返します。

@param state_or_hash 生成する JSON 形式の文字列をカスタマイズするため
に JSON::State のインスタンスか、
JSON::State.new の引数と同じ Hash を
指定します。

//emlist[例][ruby]{
require "json"

true.to_json # => "true"
//}

Module#undef_method(*name) -> self (9376.0)

このモジュールのインスタンスメソッド name を未定義にします。

このモジュールのインスタンスメソッド name を未定義にします。

@param name 0 個以上の String か Symbol を指定します。

@raise NameError 指定したインスタンスメソッドが定義されていない場合に発生します。

=== 「未定義にする」とは
このモジュールのインスタンスに対して name という
メソッドを呼び出すことを禁止するということです。
スーパークラスの定義が継承されるかどうかという点において、
「未定義」は「メソッドの削除」とは区別されます。
以下のコード例を参照してください。

class A
def ok
...

XMLRPC::BasicServer#set_service_hook(&handler) (9352.0)

A service-hook is called for each service request (RPC). You can use a service-hook for example to wrap existing methods and catch exceptions of them or convert values to values recognized by XMLRPC. You can disable it by passing nil as parameter handler .

A service-hook is called for each service request (RPC).
You can use a service-hook for example to wrap existing methods and catch exceptions of them or
convert values to values recognized by XMLRPC. You can disable it by passing nil as parameter
handler .

The service-hook is called with a Proc obj...

絞り込み条件を変える

JSON::Generator::GeneratorMethods::Array#to_json(state_or_hash = nil) -> String (9304.0)

自身から生成した JSON 形式の文字列を返します。

自身から生成した JSON 形式の文字列を返します。

@param state_or_hash 生成する JSON 形式の文字列をカスタマイズするため
に JSON::State のインスタンスか、
JSON::State.new の引数と同じ Hash を
指定します。

//emlist[例][ruby]{
require "json"

[1, 2, 3].to_json # => "[1,2,3]"
//}

JSON::Generator::GeneratorMethods::Hash#to_json(state_or_hash = nil) -> String (9304.0)

自身から生成した JSON 形式の文字列を返します。

自身から生成した JSON 形式の文字列を返します。

@param state_or_hash 生成する JSON 形式の文字列をカスタマイズするため
に JSON::State のインスタンスか、
JSON::State.new の引数と同じ Hash を
指定します。

//emlist[例][ruby]{
require "json"

person = { "name" => "tanaka", "age" => 19 }
person.to_json # ...

JSON::Generator::GeneratorMethods::Integer#to_json(state_or_hash = nil) -> String (9304.0)

自身から生成した JSON 形式の文字列を返します。

自身から生成した JSON 形式の文字列を返します。

@param state_or_hash 生成する JSON 形式の文字列をカスタマイズするため
に JSON::State のインスタンスか、
JSON::State.new の引数と同じ Hash を
指定します。

//emlist[例][ruby]{
require "json"

10.to_json # => "10"
//}

JSON::Generator::GeneratorMethods::Object#to_json(state_or_hash = nil) -> String (9304.0)

自身を to_s で文字列にした結果を JSON 形式の文字列に変換して返します。

自身を to_s で文字列にした結果を JSON 形式の文字列に変換して返します。

このメソッドはあるオブジェクトに to_json メソッドが定義されていない場合に使用する
フォールバックのためのメソッドです。

@param state_or_hash 生成する JSON 形式の文字列をカスタマイズするため
に JSON::State のインスタンスか、
JSON::State.new の引数と同じ Hash を
指定します。

//emlist[例][ruby...

JSON::Generator::GeneratorMethods::String#to_json(state_or_hash = nil) -> String (9304.0)

自身から生成した JSON 形式の文字列を返します。

自身から生成した JSON 形式の文字列を返します。

自身のエンコードは UTF-8 であるべきです。
"\u????" のように UTF-16 ビッグエンディアンでエンコードされた文字列を返すことがあります。

@param state_or_hash 生成する JSON 形式の文字列をカスタマイズするため
に JSON::State のインスタンスか、
JSON::State.new の引数と同じ Hash を
指定します。

//emlist[例][ruby]...

絞り込み条件を変える

XMLRPC::Client#proxy2_async(...) (9088.0)

In contrast to corresponding methods without "_async", these can be called concurrently and use for each request a new connection, where the non-asynchronous counterparts use connection-alive (one connection for all requests) if possible.

In contrast to corresponding methods without "_async", these can be
called concurrently and use for each request a new connection, where the
non-asynchronous counterparts use connection-alive (one connection for all requests)
if possible.

Note, that you have to use Threads to call these methods co...

XMLRPC::Client#proxy_async(...) (9088.0)

In contrast to corresponding methods without "_async", these can be called concurrently and use for each request a new connection, where the non-asynchronous counterparts use connection-alive (one connection for all requests) if possible.

In contrast to corresponding methods without "_async", these can be
called concurrently and use for each request a new connection, where the
non-asynchronous counterparts use connection-alive (one connection for all requests)
if possible.

Note, that you have to use Threads to call these methods co...

Enumerable#grep(pattern) -> [object] (9022.0)

pattern === item が成立する要素を全て含んだ配列を返します。

pattern === item が成立する要素を全て含んだ配列を返します。

ブロックとともに呼び出された時には条件の成立した要素に対して
それぞれブロックを評価し、その結果の配列を返します。
マッチする要素がひとつもなかった場合は空の配列を返します。

@param pattern 「===」メソッドを持つオブジェクトを指定します。

例:
['aa', 'bb', 'cc', 'dd', 'ee'].grep(/[bc]/) # => ["bb", "cc"]

Array.instance_methods.grep(/gr/) # => [:grep, :group_b...

Enumerable#grep(pattern) {|item| ... } -> [object] (9022.0)

pattern === item が成立する要素を全て含んだ配列を返します。

pattern === item が成立する要素を全て含んだ配列を返します。

ブロックとともに呼び出された時には条件の成立した要素に対して
それぞれブロックを評価し、その結果の配列を返します。
マッチする要素がひとつもなかった場合は空の配列を返します。

@param pattern 「===」メソッドを持つオブジェクトを指定します。

例:
['aa', 'bb', 'cc', 'dd', 'ee'].grep(/[bc]/) # => ["bb", "cc"]

Array.instance_methods.grep(/gr/) # => [:grep, :group_b...