るりまサーチ (Ruby 2.3.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
124件ヒット [1-100件を表示] (0.142秒)

別のキーワード

  1. kernel $-l
  2. matrix l
  3. _builtin $-l
  4. lupdecomposition l
  5. l matrix

検索結果

<< 1 2 > >>

Date#england -> Date (69691.0)

このメソッドは、new_start(Date::ENGLAND) と等価です。

このメソッドは、new_start(Date::ENGLAND) と等価です。

Date#new_start、および Date::ENGLAND を参照してください。

Date#italy -> Date (69691.0)

このメソッドは、new_start(Date::ITALY) と等価です。

このメソッドは、new_start(Date::ITALY) と等価です。

Date#new_start、および Date::ITALY を参照してください。

Date#julian -> Date (69691.0)

このメソッドは、new_start(Date::JULIAN) と等価です。

このメソッドは、new_start(Date::JULIAN) と等価です。

Date#new_start、および Date::JULIAN を参照してください。

Date#xmlschema -> String (69352.0)

XML Scheme (date) による書式の文字列を返します。

XML Scheme (date) による書式の文字列を返します。

Date#julian? -> bool (69304.0)

ユリウス暦なら真を返します。

ユリウス暦なら真を返します。

絞り込み条件を変える

Date#ld -> Integer (69304.0)

リリウス日を返します。

リリウス日を返します。

Date#leap? -> bool (69304.0)

閏年なら真を返します。

閏年なら真を返します。

Net::IMAP::Envelope#date -> String | nil (63607.0)

日付の文字列を返します。

日付の文字列を返します。

エンベロープに存在しないときは nil を返します。

RSS::ImageFaviconModel::ImageFavicon#date (63310.0)

@todo

@todo

RSS::ImageItemModel::ImageItem#date (63310.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

RSS::Maker::ChannelBase#date (63310.0)

@todo

@todo

RSS::RDF::Channel#date (63310.0)

@todo

@todo

RSS::RDF::Channel::ImageFavicon#date (63310.0)

@todo

@todo

RSS::Rss::Channel#date (63310.0)

@todo

@todo

RSS::Rss::Channel::Item#date (63310.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

RSS::TaxonomyTopicModel::TaxonomyTopic#date (63310.0)

@todo

@todo

Gem::InstallUpdateOptions#add_install_update_options (54604.0)

インストールとアップデートに関するオプションを追加します。

インストールとアップデートに関するオプションを追加します。

Gem::InstallUpdateOptions#install_update_defaults_str -> String (54604.0)

Gem コマンドの install サブコマンドに渡されるデフォルトのオプションを返します。

Gem コマンドの install サブコマンドに渡されるデフォルトのオプションを返します。

デフォルトのオプションは以下の通りです。
--rdoc --no-force --no-test --wrappers

Date#new_start(start = Date::ITALY) -> Date (51976.0)

self を複製して、その改暦日を設定しなおします。 引数を省略した場合は、Date::ITALY (1582年10月15日) になります。

self を複製して、その改暦日を設定しなおします。
引数を省略した場合は、Date::ITALY (1582年10月15日) になります。

Date.new も参照してください。

@param start グレゴリオ暦をつかい始めた日をあらわすユリウス日

Date#downto(min) {|date| ...} -> self (51691.0)

このメソッドは、step(min, -1){|date| ...} と等価です。

このメソッドは、step(min, -1){|date| ...} と等価です。

@param min 日付オブジェクト

@see Date#step, Date#upto

絞り込み条件を変える

Date#upto(max) {|date| ...} -> self (51691.0)

このメソッドは、step(max, 1){|date| ...} と等価です。

このメソッドは、step(max, 1){|date| ...} と等価です。

@param max 日付オブジェクト

@see Date#step, Date#downto

Date#step(limit, step = 1) {|date| ...} -> self (51643.0)

ブロックの評価を繰り返します。ブロックは日付オブジェクトをとります。 limit は日付オブジェクトでなければなりません、 また step は非零でなければなりません。

ブロックの評価を繰り返します。ブロックは日付オブジェクトをとります。
limit は日付オブジェクトでなければなりません、
また step は非零でなければなりません。

@param limit 日付オブジェクト
@param step 歩幅

@see Date#downto, Date#upto

Date#-(x) -> Rational | Date (51607.0)

x が日付オブジェクトなら、ふたつの差を返します。 あるいは x が数値ならば、self より x 日前の日付を返します。

x が日付オブジェクトなら、ふたつの差を返します。
あるいは
x が数値ならば、self より x 日前の日付を返します。

@param x 日数、あるいは日付オブジェクト
@raise TypeError x が数値でも日付オブジェクトでもない場合に発生します。

Date#<=>(other) -> -1 | 0 | 1 | nil (51466.0)

二つの日付を比較します。 同じ日付なら 0 を、self が other よりあとの日付なら 1 を、 その逆なら -1 を返します。

二つの日付を比較します。
同じ日付なら 0 を、self が other よりあとの日付なら 1 を、
その逆なら -1 を返します。

other は日付オブジェクトか、
天文学的なユリウス日をあらわす数値を指定します。
そうでない場合、比較ができないので nil を返します。

//emlist[][ruby]{
require "date"

p Date.new(2001, 2, 3) <=> Date.new(2001, 2, 4) # => -1
p Date.new(2001, 2, 3) <=> Date.new(2001, 2, 3) # => 0
p Date.new(20...

Date#ajd -> Rational (51352.0)

このメソッドは Date#jd と似ていますが、天文学的なユリウス日を返します。 時刻を含みます。

このメソッドは Date#jd と似ていますが、天文学的なユリウス日を返します。
時刻を含みます。

絞り込み条件を変える

Date#amjd -> Rational (51352.0)

このメソッドは Date#mjd と似ていますが、天文学的な修正ユリウス日を返します。 時刻を含みます。

このメソッドは Date#mjd と似ていますが、天文学的な修正ユリウス日を返します。
時刻を含みます。

Date#step(limit, step = 1) -> Enumerator (51343.0)

ブロックの評価を繰り返します。ブロックは日付オブジェクトをとります。 limit は日付オブジェクトでなければなりません、 また step は非零でなければなりません。

ブロックの評価を繰り返します。ブロックは日付オブジェクトをとります。
limit は日付オブジェクトでなければなりません、
また step は非零でなければなりません。

@param limit 日付オブジェクト
@param step 歩幅

@see Date#downto, Date#upto

Date#===(other) -> bool (51304.0)

同じ日なら真を返します。

同じ日なら真を返します。

@param other 日付オブジェクト

Date#friday? -> bool (51304.0)

金曜日なら真を返します。

金曜日なら真を返します。

Date#gregorian? -> bool (51304.0)

グレゴリオ暦なら真を返します。

グレゴリオ暦なら真を返します。

絞り込み条件を変える

Date#monday? -> bool (51304.0)

月曜日なら真を返します。

月曜日なら真を返します。

Date#saturday? -> bool (51304.0)

土曜日なら真を返します。

土曜日なら真を返します。

Date#sunday? -> bool (51304.0)

日曜日なら真を返します。

日曜日なら真を返します。

Date#thursday? -> bool (51304.0)

木曜日なら真を返します。

木曜日なら真を返します。

Date#tuesday? -> bool (51304.0)

火曜日なら真を返します。

火曜日なら真を返します。

絞り込み条件を変える

Date#wednesday? -> bool (51304.0)

水曜日なら真を返します。

水曜日なら真を返します。

Date#strftime(format = &#39;%F&#39;) -> String (51058.0)

与えられた雛型で日付を書式づけます。

与えられた雛型で日付を書式づけます。

つぎの変換仕様をあつかいます:

%A, %a, %B, %b, %C, %c, %D, %d, %e, %F, %G, %g, %H, %h, %I, %j, %k, %L, %l,
%M, %m, %N, %n, %P, %p, %Q, %R, %r, %S, %s, %T, %t, %U, %u, %V, %v, %W, %w, %X,
%x, %Y, %y, %Z, %z, %:z, %::z, %:::z, %%, %+

GNU 版にあるような幅指定などもできます。

strftime(3)、および Date.strptime も参照してくだ...

DateTime#xmlschema(n = 0) -> String (42322.0)

8601 書式の文字列を返します (XML Schema の dateTime 相当)。 省略可能な引数により、印字する秒の小数点以下の桁数を与えることができます。

8601 書式の文字列を返します (XML Schema の dateTime 相当)。
省略可能な引数により、印字する秒の小数点以下の桁数を与えることができます。

strftime('%FT%T%:z') と等価です。

@param n 小数点以下の桁数

例:

require 'date'
DateTime.parse('2001-02-03T04:05:06.123456789+07:00').iso8601(9)
#=> "2001-02-03T04:05:06.123456789+07:00"

Gem::Specification#validate -> bool (36604.0)

必須属性のチェックと自身の基本的な正当性チェックを行います。

必須属性のチェックと自身の基本的な正当性チェックを行います。

チェックにパスした場合は常に true を返します。そうでない場合は例外が発生します。

@raise Gem::InvalidSpecificationException チェックにパスしなかった場合に発生します。

OpenSSL::X509::CRL#last_update -> Time (36604.0)

CRL が最後に更新された日時を Time オブジェクトで返します。

CRL が最後に更新された日時を Time オブジェクトで返します。

絞り込み条件を変える

OpenSSL::X509::CRL#last_update=(time) (36604.0)

CRL が最後に更新された日時を Time オブジェクトで設定します。

CRL が最後に更新された日時を Time オブジェクトで設定します。

@param time 最終更新日時
@raise OpenSSL::X509::CRLError 設定に失敗した場合に発生します
@see OpenSSL::X509::CRL#last_update

RSS::Maker::ChannelBase#lastBuildDate (36604.0)

@todo

@todo

RSS::Maker::ChannelBase#lastBuildDate=() (36604.0)

@todo

@todo

RSS::Parser#do_validate (36604.0)

@todo

@todo

RSS::Parser#do_validate= (36604.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

RSS::Rss::Channel#lastBuildDate (36604.0)

@todo

@todo

RSS::Rss::Channel#lastBuildDate= (36604.0)

@todo

@todo

DateTime#offset -> Rational (33304.0)

時差を返します。

時差を返します。

DateTime#sec_fraction -> Rational (33304.0)

秒の小数点以下の部分を表す分数を返します。

秒の小数点以下の部分を表す分数を返します。

DateTime#second_fraction -> Rational (33304.0)

秒の小数点以下の部分を表す分数を返します。

秒の小数点以下の部分を表す分数を返します。

絞り込み条件を変える

Gem::Commands::UpdateCommand#which_to_update(highest_installed_gems, gem_names) -> Array (27604.0)

更新が必要な Gem のリストを返します。

更新が必要な Gem のリストを返します。

Gem::ConfigFile#update_sources -> bool (27604.0)

真の場合は Gem::SourceInfoCache を毎回更新します。 そうでない場合は、キャッシュがあればキャッシュの情報を使用します。

真の場合は Gem::SourceInfoCache を毎回更新します。
そうでない場合は、キャッシュがあればキャッシュの情報を使用します。

Gem::ConfigFile#update_sources=(update_sources) (27604.0)

Gem::SourceInfoCache を毎回更新するかどうか設定します。

Gem::SourceInfoCache を毎回更新するかどうか設定します。

@param update_sources 真を指定すると毎回 Gem::SourceInfoCache を更新します。

Gem::StreamUI::SilentProgressReporter#updated(message) -> nil (27604.0)

何もしません。

何もしません。

@param message 指定しても意味がありません。

Gem::StreamUI::SimpleProgressReporter#updated(message) -> nil (27604.0)

ドットを表示します。

ドットを表示します。

@param message 指定しても意味がありません。

絞り込み条件を変える

Logger#datetime_format -> String | nil (27604.0)

ログに記録する時の日付のフォーマットです。

ログに記録する時の日付のフォーマットです。

デフォルトでは nil ですが、この値が nil の場合は日付のフォーマットとして
"%Y-%m-%dT%H:%M:%S.%06d " を使用します。

なお、"%06d" には Time#strftime ではなく、単に Time#usec の
値を String#% でフォーマットしたものが入ります。

//emlist[例][ruby]{
require 'logger'

logger = Logger.new(STDOUT)

logger.datetime_format # => nil
logger.debug("test")
lo...

YAML::DBM#update(other) -> self (27604.0)

自身と other の内容をマージ(統合)します。

自身と other の内容をマージ(統合)します。

重複するキーに対応する値は other の内容で上書きされます。

@param other Hash、DBM オブジェクトを指定します。

@raise DBMError 更新に失敗した場合に発生します。

RSS::Maker::ChannelBase#pubDate (27352.0)

@todo maker.channel.dateの別名です.

@todo
maker.channel.dateの別名です.

RSS::Maker::ChannelBase#pubDate=() (27352.0)

@todo maker.channel.date=の別名です.

@todo
maker.channel.date=の別名です.

DublinCoreModel#dc_date (27310.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

DublinCoreModel#dc_date= (27310.0)

@todo

@todo

RSS::ImageFaviconModel::ImageFavicon#date= (27310.0)

@todo

@todo

RSS::ImageItemModel::ImageItem#date= (27310.0)

@todo

@todo

RSS::Maker::ChannelBase#date=() (27310.0)

@todo

@todo

RSS::RDF::Channel#date= (27310.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

RSS::RDF::Channel::ImageFavicon#date= (27310.0)

@todo

@todo

RSS::Rss::Channel#date= (27310.0)

@todo

@todo

RSS::Rss::Channel#pubDate (27310.0)

@todo

@todo

RSS::Rss::Channel#pubDate= (27310.0)

@todo

@todo

RSS::Rss::Channel::Item#date= (27310.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

RSS::TaxonomyTopicModel::TaxonomyTopic#date= (27310.0)

@todo

@todo

CGI::Session::FileStore#update -> () (27304.0)

セッションの状態をファイルに保存します。

セッションの状態をファイルに保存します。

CGI::Session::NullStore#update -> () (27304.0)

セッションの状態を保存します。 このクラスでは何もしません。

セッションの状態を保存します。
このクラスでは何もしません。

DublinCoreModel#dc_dates (27304.0)

@todo

@todo

Gem::LocalRemoteOptions#add_update_sources_option (27304.0)

オプション --update-source を追加します。

オプション --update-source を追加します。

絞り込み条件を変える

Logger#datetime_format=(format) (27304.0)

ログに記録する時の日付のフォーマットをセットします。

ログに記録する時の日付のフォーマットをセットします。

//emlist[例][ruby]{
require 'logger'

logger = Logger.new(STDOUT)

logger.datetime_format # => nil
logger.debug("test")
logger.datetime_format = '%Y/%m/%dT%H:%M:%S.%06d' # => "%Y/%m/%dT%H:%M:%S.%06d"
logger.datetime_format # => "%Y/%m/%dT%H:%M:%S.%06d"
logger.debug("test"...

Logger::Formatter#datetime_format -> String (27304.0)

ログの日時フォーマットを取得します。

ログの日時フォーマットを取得します。


@see Time#strftime

Logger::Formatter#datetime_format=(format) (27304.0)

ログの日時フォーマットをセットします。

ログの日時フォーマットをセットします。

@param format 日時のフォーマット文字列。Time#strftime で使用するフォーマット文字列と
同じものを使用できます。

//emlist[例][ruby]{
require 'logger'

formatter = Logger::Formatter.new
formatter.datetime_format # => nil
formatter.datetime_format = '%Y-%m-%d %H:%M:%S' # => "%Y-%m-%d %H:%M:%S"
formatter.date...

OpenSSL::Cipher#update(data) -> String (27304.0)

渡された文字列を暗号化もしくは復号化して文字列として返します。

渡された文字列を暗号化もしくは復号化して文字列として返します。

どちらがなされるかは直前に OpenSSL::Cipher#encrypt もしくは
OpenSSL::Cipher#decrypt のいずれが呼びだされたかに
よって決まります。

ブロック暗号を利用する場合は、暗号化/復号化はブロックサイズで規定された
バイト数ごとに行われます。そのため余ったデータは暗号オブジェクト内部に
保存され、次の文字列が渡されたときに使われます。

暗号化/復号化すべきデータを渡し終えた後は、
OpenSSL::Cipher#final
を呼びだして暗号オブジェクト内部に残されたデータを暗号化...

OpenSSL::X509::CRL#next_update -> Time (27304.0)

CRL の次回更新日時を Time オブジェクトで返します。

CRL の次回更新日時を Time オブジェクトで返します。

絞り込み条件を変える

OpenSSL::X509::CRL#next_update=(time) (27304.0)

CRL の次回更新日時を Time オブジェクトで設定します。

CRL の次回更新日時を Time オブジェクトで設定します。

@param time 最終更新日時
@raise OpenSSL::X509::CRLError 設定に失敗した場合に発生します
@see OpenSSL::X509::CRL#next_update

RSS::Rss::Channel::Item#pubDate (27304.0)

@todo

@todo

RSS::Rss::Channel::Item#pubDate= (27304.0)

@todo

@todo

RSS::SyndicationModel#sy_updateBase (27304.0)

@todo

@todo

RSS::SyndicationModel#sy_updateBase= (27304.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

RSS::SyndicationModel#sy_updateFrequency (27304.0)

@todo

@todo

RSS::SyndicationModel#sy_updateFrequency= (27304.0)

@todo

@todo

RSS::SyndicationModel#sy_updatePeriod (27304.0)

@todo

@todo

RSS::SyndicationModel#sy_updatePeriod= (27304.0)

@todo

@todo

Exception#backtrace_locations -> [Thread::Backtrace::Location] (18640.0)

バックトレース情報を返します。Exception#backtraceに似ていますが、 Thread::Backtrace::Location の配列を返す点が異なります。

バックトレース情報を返します。Exception#backtraceに似ていますが、
Thread::Backtrace::Location の配列を返す点が異なります。

現状では Exception#set_backtrace によって戻り値が変化する事はあり
ません。

例: test.rb
require "date"
def check_long_month(month)
return if Date.new(2000, month, -1).day == 31
raise "#{month} is not long month"
end

def ...

絞り込み条件を変える

WEBrick::HTTPResponse#content_length=(len) (18622.0)

Content-Length ヘッダの値を整数で表すアクセサです。デフォルトは nil です。

Content-Length ヘッダの値を整数で表すアクセサです。デフォルトは nil です。

: body が String オブジェクトである場合
content_length の値が nil のとき Content-Length ヘッダには
body のサイズが使われます。nil でないとき body の実際のサイズとこの値が同じかどうかの検証は行われません。
: body が IO オブジェクトである場合
content_length の値が nil のとき Content-Length ヘッダはレスポンスに含まれず、IO から全てを読み込ん
でそれをエンティティボ...

DBM#update(other) {|key, value| ... } -> self (18604.0)

self と other の内容をマージします。

self と other の内容をマージします。

重複するキーに対応する値はother の内容で上書きされます。

@param other each_pair メソッドを持つオブジェクトでなければなりません。


require 'dbm'

db1 = DBM.open('aaa.db', 0666, DBM::NEWDB)
db1[:a] = 'aaa'
db1[:b] = 'bbbbbb'
db2 = DBM.open('bbb.db', 0666, DBM::NEWDB)
db2[:bb] = 'bbb'
db2[:cc] = 'ccc'

...

GDBM#update(other) -> self (18604.0)

self と other の内容をマージします。

self と other の内容をマージします。

重複するキーに対応する値はother の内容で上書きされます。

@param other each_pair メソッドを持つオブジェクトでなければなりません。

Gem::SourceIndex#update(source_uri, all) -> bool (18604.0)

第一引数で指定された URI を使用して自身を更新します。

第一引数で指定された URI を使用して自身を更新します。

@param source_uri 更新に使用する URI を指定します。文字列か URI::Generic のサブクラスを指定します。

@param all 偽を指定すると最新バージョンの Gem のみ取得します。真を指定すると全てのバージョンの Gem を取得します。

Gem::StreamUI::VerboseProgressReporter#updated(message) -> nil (18604.0)

現在の Gem::StreamUI::VerboseProgressReporter#count と全体の数とメッセージを表示します。

現在の Gem::StreamUI::VerboseProgressReporter#count と全体の数とメッセージを表示します。

@param message 表示するメッセージを指定します。

絞り込み条件を変える

OpenSSL::Digest#update(data) -> self (18604.0)

data でダイジェストオブジェクトの内部状態を更新します。

data でダイジェストオブジェクトの内部状態を更新します。

@param data 入力文字列

OpenSSL::HMAC#update(data) -> self (18604.0)

入力文字列を追加し、内部状態を更新します。

入力文字列を追加し、内部状態を更新します。

@param data 入力文字列

RDoc::Options#force_update -> bool (18604.0)

コマンドライン引数の --force_update を指定していた場合に true を返しま す。そうでない場合は false を返します。

コマンドライン引数の --force_update を指定していた場合に true を返しま
す。そうでない場合は false を返します。

SDBM#update(other) -> self (18604.0)

self と other の内容をマージします。

self と other の内容をマージします。

重複するキーに対応する値はother の内容で上書きされます。

@param other each_pair メソッドを持つオブジェクトでなければなりません。

require 'sdbm'

db1 = SDBM.open('aaa.gdbm', 0666)
db1.clear
db1['a'] = 'aaa'
db1['b'] = 'bbb'
db1['c'] = 'ccc'
db2 = SDBM.open('bbb.gdbm', 0666)
db2.clear
db2['c'] = 'ccc'...

CSV#unconverted_fields? -> bool (18466.0)

パースした結果が unconverted_fields というメソッドを持つ場合に真を返します。 そうでない場合は、偽を返します。

パースした結果が unconverted_fields というメソッドを持つ場合に真を返します。
そうでない場合は、偽を返します。


//emlist[例][ruby]{
require "csv"

csv = CSV.new("date1,date2\n2018-07-09,2018-07-10")
csv.unconverted_fields? # => nil
csv = CSV.new("date1,date2\n2018-07-09,2018-07-10", unconverted_fields: false)
csv.unconverted_fields? # => fals...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 > >>