るりまサーチ (Ruby 2.3.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
7件ヒット [1-7件を表示] (0.057秒)

別のキーワード

  1. bigdecimal/util to_digits
  2. cgi/util escape
  3. cgi/util pretty
  4. cgi/util unescape

ライブラリ

クラス

検索結果

Float#to_d -> BigDecimal (78418.0)

自身を BigDecimal に変換します。

自身を BigDecimal に変換します。

@param prec 計算結果の精度。省略した場合は Float::DIG + 1 です。

@return BigDecimal に変換したオブジェクト

自身を一度 Float#to_s で文字列に変換してから
Kernel.#BigDecimal で生成するので、精度に注意してください。

require 'bigdecimal'
require 'bigdecimal/util'
1.0.to_d.to_s # => "0.1E1"
(1.0/0).to_d.to_s # => "Infinity"

((1.0/...

Float#to_d(prec) -> BigDecimal (78418.0)

自身を BigDecimal に変換します。

自身を BigDecimal に変換します。

@param prec 計算結果の精度。省略した場合は Float::DIG + 1 です。

@return BigDecimal に変換したオブジェクト

自身を一度 Float#to_s で文字列に変換してから
Kernel.#BigDecimal で生成するので、精度に注意してください。

require 'bigdecimal'
require 'bigdecimal/util'
1.0.to_d.to_s # => "0.1E1"
(1.0/0).to_d.to_s # => "Infinity"

((1.0/...

Rational#to_d(nFig) -> BigDecimal (78361.0)

自身を BigDecimal に変換します。

自身を BigDecimal に変換します。

nFig 桁まで計算を行います。

@param nFig 計算を行う桁数

@return BigDecimal に変換したオブジェクト

@raise ArgumentError nFig に 0 以下を指定した場合に発生します。

例:

require "bigdecimal"
require "bigdecimal/util"
Rational(1, 3).to_d(3).to_s # => "0.333E0"
Rational(1, 3).to_d(10).to_s # => "0.3333333333E0"

BigDecimal#to_d -> BigDecimal (78307.0)

自身を返します。

自身を返します。

@return BigDecimal オブジェクト

Integer#to_d -> BigDecimal (78307.0)

自身を BigDecimal に変換します。BigDecimal(self) と同じです。

自身を BigDecimal に変換します。BigDecimal(self) と同じです。

@return BigDecimal に変換したオブジェクト

絞り込み条件を変える

String#to_d -> BigDecimal (78307.0)

自身を BigDecimal に変換します。BigDecimal(self) と同じです。

自身を BigDecimal に変換します。BigDecimal(self) と同じです。

@return BigDecimal に変換したオブジェクト

BigDecimal#to_digits -> String (42304.0)

自身を "1234.567" のような十進数の形式にフォーマットした文字列に変換し ます。

自身を "1234.567" のような十進数の形式にフォーマットした文字列に変換し
ます。

@return 十進数の形式にフォーマットした文字列

注意:

このメソッドは非推奨です。BigDecimal#to_s("F") を使用してください。