るりまサーチ (Ruby 2.3.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
19件ヒット [1-19件を表示] (0.057秒)

別のキーワード

  1. irb/input-method new
  2. irb/input-method gets
  3. _builtin define_method
  4. irb/input-method encoding
  5. irb/input-method readable_atfer_eof?

検索結果

IRB::ReadlineInputMethod#line(line_no) -> String (72676.0)

引数 line_no で指定した過去の入力を行単位で返します。

引数 line_no で指定した過去の入力を行単位で返します。

@param line_no 取得する行番号を整数で指定します。

IRB::StdioInputMethod#line(line_no) -> String (63676.0)

引数 line_no で指定した過去の入力を行単位で返します。

引数 line_no で指定した過去の入力を行単位で返します。

@param line_no 取得する行番号を整数で指定します。

TkText::IndexModMethods#line(mod) (63307.0)

@todo

@todo

TkText::IndexModMethods#any_line(mod) (27307.0)

@todo

@todo

TkText::IndexModMethods#any_lines(mod) (27307.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

TkText::IndexModMethods#display_line(mod) (27307.0)

@todo

@todo

TkText::IndexModMethods#display_lines(mod) (27307.0)

@todo

@todo

TkText::IndexModMethods#lines(mod) (27307.0)

@todo

@todo

TkText::IndexModMethods#display_lineend (27304.0)

@todo

@todo

TkText::IndexModMethods#display_linestart (27304.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

TkText::IndexModMethods#lineend (27304.0)

@todo

@todo

TkText::IndexModMethods#linestart (27304.0)

@todo

@todo

RubyVM::InstructionSequence#first_lineno -> Integer (18340.0)

self が表す命令シーケンスの 1 行目の行番号を返します。

self が表す命令シーケンスの 1 行目の行番号を返します。

例1:irb で実行した場合

RubyVM::InstructionSequence.compile('num = 1 + 2').first_lineno
# => 1

例2:

# /tmp/method.rb
require "foo-library"
def foo
p :foo
end

RubyVM::InstructionSequence.of(method(:foo)).first_lineno
# => 2

IRB::ReadlineInputMethod#encoding -> Encoding (18004.0)

自身の文字エンコーディングを返します。

自身の文字エンコーディングを返します。

IRB::ReadlineInputMethod#eof? -> bool (18004.0)

入力が EOF(End Of File)に達したかどうかを返します。

入力が EOF(End Of File)に達したかどうかを返します。

絞り込み条件を変える

IRB::ReadlineInputMethod#gets -> String (18004.0)

標準入力から文字列を 1 行読み込みます。

標準入力から文字列を 1 行読み込みます。

IRB::ReadlineInputMethod#readable_atfer_eof? -> false (18004.0)

入力が EOF(End Of File)に達した後も読み込みが行えるかどうかを返します。

入力が EOF(End Of File)に達した後も読み込みが行えるかどうかを返します。

BasicObject#instance_eval(expr, filename = "(eval)", lineno = 1) -> object (322.0)

オブジェクトのコンテキストで文字列 expr またはオブジェクト自身をブロックパラメータとするブロックを 評価してその結果を返します。

オブジェクトのコンテキストで文字列 expr またはオブジェクト自身をブロックパラメータとするブロックを
評価してその結果を返します。

オブジェクトのコンテキストで評価するとは評価中の self をそのオブジェクトにして実行するということです。
また、文字列 expr やブロック中でメソッドを定義すればそのオブジェクトの特異メソッドが定義されます。

ただし、ローカル変数だけは、文字列 expr の評価では instance_eval の外側のスコープと、ブロックの評価ではそのブロックの外側のスコープと、共有します。

メソッド定義の中で instance_eval でメソッドを定義した場...

IRB::ExtendCommand::Help#execute(*names) -> nil (40.0)

RI から Ruby のドキュメントを参照します。

RI から Ruby のドキュメントを参照します。

irb(main):001:0> help String#match
...

@param names 参照したいクラス名やメソッド名などを文字列で指定します。

names を指定しなかった場合は、RI を対話的なモードで起動します。メソッド
名などを入力する事でドキュメントの検索が行えます。入力のタブ補完をする
事ができます。また、空行を入力する事で irb のプロンプトに戻る事ができま
す。

irb(main):001:0> help

Enter the method name you want to look...