るりまサーチ (Ruby 2.3.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
41件ヒット [1-41件を表示] (0.025秒)

別のキーワード

  1. _builtin *
  2. matrix *
  3. array *
  4. vector *
  5. bigdecimal *

キーワード

検索結果

Shell#chmod(mode, *filename) -> Integer (313.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param filename ファイル名を表す文字列を指定します。

@param mode chmod(2) と同様に整数で指定します。

@see File.chmod

Shell#chown(owner, group, *filename) -> Integer (313.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param owner chown(2) と同様に数値で指定します。nil または -1 を指定することで、オーナーを現在のままにすることができます。

@param group chown(2) と同様に数値で指定します。nil または -1 を指定することで、グループを現在のままにすることができます。

@param filename ファイル名を表す文字列を指定します。

@see File.chown

Shell#system(command, *opts) -> Shell::SystemCommand (313.0)

command を実行する.

...で指定します。

@param opts command のオプションを文字列で指定します。複数可。

使用例:

require 'shell'
Shell
.verbose = false
sh = Shell.new

print sh.system("ls", "-l")
Shell
.def_system_command("head")
sh.system("ls", "-l") | sh.head("-n 3") > STDOUT...

Shell#utime(atime, mtime, *filename) -> Integer (313.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param filename ファイル名を表す文字列を指定します。

@param atime 最終アクセス時刻を Time か、起算時からの経過秒数を数値で指定します。

@param utime 更新時刻を Time か、起算時からの経過秒数を数値で指定します。

@see File.utime

Shell#cat(*files) -> Shell::Filter (310.0)

実行すると, それらを内容とする Filter オブジェクトを返します.

...@param files シェルコマンド cat に与えるファイル名を文字列で指定します。

動作例
require 'shell'
Shell
.def_system_command("head")
sh = Shell.new
sh.transact {
glob("*.txt").to_a.each { |file|
file.chomp!
cat(file).each { |l|
echo(l) | te...

絞り込み条件を変える

Shell#concat(*jobs) -> Shell::Concat (310.0)

@todo

@todo

Shell#delete(*filename) -> Integer (310.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param filename ファイル名を表す文字列を指定します。

@see File.delete

Shell#echo(*strings) -> Shell::Filter (310.0)

実行すると, それらを内容とする Filter オブジェクトを返します.

...す.

@param strings シェルコマンド echo に与える引数を文字列で指定します。

動作例
require 'shell'
Shell
.def_system_command("head")
sh = Shell.new
sh.transact {
glob("*.txt").to_a.each { |file|
file.chomp!
cat(file).each { |l|
echo(l) | tee...

Shell#join(*item) -> String (310.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param item 連結したいディレクトリ名やファイル名を文字列で与えます。

@see File.join

Shell#mkdir(*path) -> Array (310.0)

Dir.mkdirと同じです。 (複数可)

...ram path 作成するディレクトリ名を文字列で指定します。

@return 作成するディレクトリの一覧の配列を返します。

使用例
require 'shell'
Shell
.verbose = false
sh = Shell.new
begin
p sh.mkdir("foo") #=> ["foo"]
rescue => err
puts err
end...

絞り込み条件を変える

Shell#notify(*opts) { ... } -> () (310.0)

@todo

@todo

Shell#rm(*filename) -> Integer (310.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param filename ファイル名を表す文字列を指定します。

@see File.delete

Shell#rmdir(*path) -> () (310.0)

Dir.rmdirと同じです。 (複数可)

Dir.rmdirと同じです。 (複数可)

@param path 削除するディレクトリ名を文字列で指定します。

Shell::CommandProcessor#chmod(mode, *filename) -> Integer (310.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param filename ファイル名を表す文字列を指定します。

@param mode chmod(2) と同様に整数で指定します。

@see File.chmod

Shell::CommandProcessor#chown(owner, group, *filename) -> Integer (310.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param owner chown(2) と同様に数値で指定します。nil または -1 を指定することで、オーナーを現在のままにすることができます。

@param group chown(2) と同様に数値で指定します。nil または -1 を指定することで、グループを現在のままにすることができます。

@param filename ファイル名を表す文字列を指定します。

@see File.chown

絞り込み条件を変える

Shell::CommandProcessor#system(command, *opts) -> Shell::SystemCommand (310.0)

command を実行する.

...で指定します。

@param opts command のオプションを文字列で指定します。複数可。

使用例:

require 'shell'
Shell
.verbose = false
sh = Shell.new

print sh.system("ls", "-l")
Shell
.def_system_command("head")
sh.system("ls", "-l") | sh.head("-n 3") > STDOUT...

Shell::CommandProcessor#utime(atime, mtime, *filename) -> Integer (310.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param filename ファイル名を表す文字列を指定します。

@param atime 最終アクセス時刻を Time か、起算時からの経過秒数を数値で指定します。

@param utime 更新時刻を Time か、起算時からの経過秒数を数値で指定します。

@see File.utime

Shell::Filter#chmod(mode, *filename) -> Integer (310.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param filename ファイル名を表す文字列を指定します。

@param mode chmod(2) と同様に整数で指定します。

@see File.chmod

Shell::Filter#chown(owner, group, *filename) -> Integer (310.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param owner chown(2) と同様に数値で指定します。nil または -1 を指定することで、オーナーを現在のままにすることができます。

@param group chown(2) と同様に数値で指定します。nil または -1 を指定することで、グループを現在のままにすることができます。

@param filename ファイル名を表す文字列を指定します。

@see File.chown

Shell::Filter#system(command, *opts) -> Shell::SystemCommand (310.0)

command を実行する.

...で指定します。

@param opts command のオプションを文字列で指定します。複数可。

使用例:

require 'shell'
Shell
.verbose = false
sh = Shell.new

print sh.system("ls", "-l")
Shell
.def_system_command("head")
sh.system("ls", "-l") | sh.head("-n 3") > STDOUT...

絞り込み条件を変える

Shell::Filter#utime(atime, mtime, *filename) -> Integer (310.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param filename ファイル名を表す文字列を指定します。

@param atime 最終アクセス時刻を Time か、起算時からの経過秒数を数値で指定します。

@param utime 更新時刻を Time か、起算時からの経過秒数を数値で指定します。

@see File.utime

Shell::CommandProcessor#cat(*files) -> Shell::Filter (307.0)

実行すると, それらを内容とする Filter オブジェクトを返します.

...@param files シェルコマンド cat に与えるファイル名を文字列で指定します。

動作例
require 'shell'
Shell
.def_system_command("head")
sh = Shell.new
sh.transact {
glob("*.txt").to_a.each { |file|
file.chomp!
cat(file).each { |l|
echo(l) | te...

Shell::CommandProcessor#concat(*jobs) -> Shell::Concat (307.0)

@todo

@todo

Shell::CommandProcessor#delete(*filename) -> Integer (307.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param filename ファイル名を表す文字列を指定します。

@see File.delete

Shell::CommandProcessor#echo(*strings) -> Shell::Filter (307.0)

実行すると, それらを内容とする Filter オブジェクトを返します.

...す.

@param strings シェルコマンド echo に与える引数を文字列で指定します。

動作例
require 'shell'
Shell
.def_system_command("head")
sh = Shell.new
sh.transact {
glob("*.txt").to_a.each { |file|
file.chomp!
cat(file).each { |l|
echo(l) | tee...

絞り込み条件を変える

Shell::CommandProcessor#join(*item) -> String (307.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param item 連結したいディレクトリ名やファイル名を文字列で与えます。

@see File.join

Shell::CommandProcessor#mkdir(*path) -> Array (307.0)

Dir.mkdirと同じです。 (複数可)

...ram path 作成するディレクトリ名を文字列で指定します。

@return 作成するディレクトリの一覧の配列を返します。

使用例
require 'shell'
Shell
.verbose = false
sh = Shell.new
begin
p sh.mkdir("foo") #=> ["foo"]
rescue => err
puts err
end...

Shell::CommandProcessor#notify(*opts) { ... } -> () (307.0)

@todo

@todo

Shell::CommandProcessor#rm(*filename) -> Integer (307.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param filename ファイル名を表す文字列を指定します。

@see File.delete

Shell::CommandProcessor#rmdir(*path) -> () (307.0)

Dir.rmdirと同じです。 (複数可)

Dir.rmdirと同じです。 (複数可)

@param path 削除するディレクトリ名を文字列で指定します。

絞り込み条件を変える

Shell::Filter#cat(*files) -> Shell::Filter (307.0)

実行すると, それらを内容とする Filter オブジェクトを返します.

...@param files シェルコマンド cat に与えるファイル名を文字列で指定します。

動作例
require 'shell'
Shell
.def_system_command("head")
sh = Shell.new
sh.transact {
glob("*.txt").to_a.each { |file|
file.chomp!
cat(file).each { |l|
echo(l) | te...

Shell::Filter#concat(*jobs) -> Shell::Concat (307.0)

@todo

@todo

Shell::Filter#delete(*filename) -> Integer (307.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param filename ファイル名を表す文字列を指定します。

@see File.delete

Shell::Filter#echo(*strings) -> Shell::Filter (307.0)

実行すると, それらを内容とする Filter オブジェクトを返します.

...す.

@param strings シェルコマンド echo に与える引数を文字列で指定します。

動作例
require 'shell'
Shell
.def_system_command("head")
sh = Shell.new
sh.transact {
glob("*.txt").to_a.each { |file|
file.chomp!
cat(file).each { |l|
echo(l) | tee...

Shell::Filter#join(*item) -> String (307.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param item 連結したいディレクトリ名やファイル名を文字列で与えます。

@see File.join

絞り込み条件を変える

Shell::Filter#mkdir(*path) -> Array (307.0)

Dir.mkdirと同じです。 (複数可)

...ram path 作成するディレクトリ名を文字列で指定します。

@return 作成するディレクトリの一覧の配列を返します。

使用例
require 'shell'
Shell
.verbose = false
sh = Shell.new
begin
p sh.mkdir("foo") #=> ["foo"]
rescue => err
puts err
end...

Shell::Filter#notify(*opts) { ... } -> () (307.0)

@todo

@todo

Shell::Filter#rm(*filename) -> Integer (307.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param filename ファイル名を表す文字列を指定します。

@see File.delete

Shell::Filter#rmdir(*path) -> () (307.0)

Dir.rmdirと同じです。 (複数可)

Dir.rmdirと同じです。 (複数可)

@param path 削除するディレクトリ名を文字列で指定します。

Shell::SystemCommand#notify(*opts) -> String (307.0)

@todo

...@todo

@param opts

@see Shell#notify...

絞り込み条件を変える

Shell::SystemCommand#notify(*opts) {|message| ... } -> String (307.0)

@todo

...@todo

@param opts

@see Shell#notify...