るりまサーチ (Ruby 2.3.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
66件ヒット [1-66件を表示] (0.064秒)

ライブラリ

キーワード

検索結果

Date#+(n) -> Date (7.0)

self から n 日後の日付オブジェクトを返します。 n は数値でなければなりません。

self から n 日後の日付オブジェクトを返します。
n は数値でなければなりません。

@param n 日数
@raise TypeError n が数値でない場合に発生します。

Date#-(x) -> Rational | Date (7.0)

x が日付オブジェクトなら、ふたつの差を返します。 あるいは x が数値ならば、self より x 日前の日付を返します。

x が日付オブジェクトなら、ふたつの差を返します。
あるいは
x が数値ならば、self より x 日前の日付を返します。

@param x 日数、あるいは日付オブジェクト
@raise TypeError x が数値でも日付オブジェクトでもない場合に発生します。

Date#<<(n) -> Date (7.0)

self より n ヶ月前の日付オブジェクトを返します。 n は数値でなければなりません。

...quire 'date'
Date
.new(2001,2,3) << 1 #=> #<Date: 2001-01-03 ...>
Date
.new(2001,2,3) << -2 #=> #<Date: 2001-04-03 ...>

対応する月に同じ日が存在しない時は、代わりにその月の末日が使われます。

require 'date'
Date
.new(2001,3,28) << 1 #=> #<Date: 2001-...
...
Date
.new(2001,3,31) << 1 #=> #<Date: 2001-02-28 ...>

このことは以下のように、もしかすると予期しない振る舞いをするかもしれません。

require 'date'
Date
.new(2001,3,31) << 2 #=> #<Date: 2001-01-31 ...>
Date
.new(2001,3,31) << 1 << 1 #=> #<Date...
...: 2001-01-28 ...>

Date
.new(2001,3,31) << 1 << -1 #=> #<Date: 2001-03-28 ...>

Date
#prev_month も参照してください。

@param n 月数...

Date#<=>(other) -> -1 | 0 | 1 | nil (7.0)

二つの日付を比較します。 同じ日付なら 0 を、self が other よりあとの日付なら 1 を、 その逆なら -1 を返します。

...

//emlist[][ruby]{
require "date"

p Date.new(2001, 2, 3) <=> Date.new(2001, 2, 4) # => -1
p Date.new(2001, 2, 3) <=> Date.new(2001, 2, 3) # => 0
p Date.new(2001, 2, 3) <=> Date.new(2001, 2, 2) # => 1
p Date.new(2001, 2, 3) <=> Object.new # => nil
p Date.new(2001, 2, 3) <=> Rational(49...

Date#===(other) -> bool (7.0)

同じ日なら真を返します。

同じ日なら真を返します。

@param other 日付オブジェクト

絞り込み条件を変える

Date#>>(n) -> Date (7.0)

self から n ヶ月後の日付オブジェクトを返します。 n は数値でなければなりません。

...quire 'date'
Date
.new(2001,2,3) >> 1 #=> #<Date: 2001-03-03 ...>
Date
.new(2001,2,3) >> -2 #=> #<Date: 2000-12-03 ...>


対応する月に同じ日が存在しない時は、代わりにその月の末日が使われます。

require 'date'
Date
.new(2001,1,28) >> 1 #=> #<Date: 2001...
...
Date
.new(2001,1,31) >> 1 #=> #<Date: 2001-02-28 ...>

このことは以下のように、もしかすると予期しない振る舞いをするかもしれません。

require 'date'
Date
.new(2001,1,31) >> 2 #=> #<Date: 2001-03-31 ...>
Date
.new(2001,1,31) >> 1 >> 1 #=> #<Date...
...: 2001-03-28 ...>

Date
.new(2001,1,31) >> 1 >> -1 #=> #<Date: 2001-01-28 ...>

Date
#next_month も参照してください。

@param n 月数...

Date#ajd -> Rational (7.0)

このメソッドは Date#jd と似ていますが、天文学的なユリウス日を返します。 時刻を含みます。

...このメソッドは Date#jd と似ていますが、天文学的なユリウス日を返します。
時刻を含みます。...

Date#amjd -> Rational (7.0)

このメソッドは Date#mjd と似ていますが、天文学的な修正ユリウス日を返します。 時刻を含みます。

...このメソッドは Date#mjd と似ていますが、天文学的な修正ユリウス日を返します。
時刻を含みます。...

Date#asctime -> String (7.0)

asctime(3) 書式の文字列を返します (ただし、末尾の "\n\0" は除く)。

asctime(3) 書式の文字列を返します (ただし、末尾の "\n\0" は除く)。

Date#ctime -> String (7.0)

asctime(3) 書式の文字列を返します (ただし、末尾の "\n\0" は除く)。

asctime(3) 書式の文字列を返します (ただし、末尾の "\n\0" は除く)。

絞り込み条件を変える

Date#cwday -> Integer (7.0)

暦週の日 (曜日) を返します (1-7、月曜は1)。

暦週の日 (曜日) を返します (1-7、月曜は1)。

Date#cweek -> Integer (7.0)

暦週を返します (1-53)。

暦週を返します (1-53)。

Date#cwyear -> Integer (7.0)

暦週における年を返します。

暦週における年を返します。

Date#day -> Integer (7.0)

月の日を返します (1-31)。

月の日を返します (1-31)。

Date#downto(min) -> Enumerator (7.0)

このメソッドは、step(min, -1){|date| ...} と等価です。

...このメソッドは、step(min, -1){|date| ...} と等価です。

@param min 日付オブジェクト

@see Date#step, Date#upto...

絞り込み条件を変える

Date#downto(min) {|date| ...} -> self (7.0)

このメソッドは、step(min, -1){|date| ...} と等価です。

...このメソッドは、step(min, -1){|date| ...} と等価です。

@param min 日付オブジェクト

@see Date#step, Date#upto...

Date#england -> Date (7.0)

このメソッドは、new_start(Date::ENGLAND) と等価です。

...このメソッドは、new_start(Date::ENGLAND) と等価です。

Date
#new_start、および Date::ENGLAND を参照してください。...

Date#friday? -> bool (7.0)

金曜日なら真を返します。

金曜日なら真を返します。

Date#gregorian -> Date (7.0)

このメソッドは、new_start(Date::GREGORIAN) と等価です。

...このメソッドは、new_start(Date::GREGORIAN) と等価です。

Date
#new_start、および Date::GREGORIAN を参照してください。...

Date#gregorian? -> bool (7.0)

グレゴリオ暦なら真を返します。

グレゴリオ暦なら真を返します。

絞り込み条件を変える

Date#httpdate -> String (7.0)

2616 (1123) で定められた書式の文字列を返します。

2616 (1123) で定められた書式の文字列を返します。

Date#iso8601 -> String (7.0)

8601 書式の文字列を返します (拡大表記はつかいません)。

8601 書式の文字列を返します (拡大表記はつかいません)。

Date#italy -> Date (7.0)

このメソッドは、new_start(Date::ITALY) と等価です。

...このメソッドは、new_start(Date::ITALY) と等価です。

Date
#new_start、および Date::ITALY を参照してください。...

Date#jd -> Integer (7.0)

ユリウス日を返します。 時刻を含みません。

...ユリウス日を返します。
時刻を含みません。

Date
#ajd も参照してください。...

Date#jisx0301 -> String (7.0)

X 0301 書式の文字列を返します。 ただし、明治以前については 8601 書式になります。 なお、明治6年以前についても太陰太陽暦を使用することはありません。

X 0301 書式の文字列を返します。
ただし、明治以前については 8601 書式になります。
なお、明治6年以前についても太陰太陽暦を使用することはありません。

絞り込み条件を変える

Date#julian -> Date (7.0)

このメソッドは、new_start(Date::JULIAN) と等価です。

...このメソッドは、new_start(Date::JULIAN) と等価です。

Date
#new_start、および Date::JULIAN を参照してください。...

Date#julian? -> bool (7.0)

ユリウス暦なら真を返します。

ユリウス暦なら真を返します。

Date#ld -> Integer (7.0)

リリウス日を返します。

リリウス日を返します。

Date#leap? -> bool (7.0)

閏年なら真を返します。

閏年なら真を返します。

Date#mday -> Integer (7.0)

月の日を返します (1-31)。

月の日を返します (1-31)。

絞り込み条件を変える

Date#mjd -> Integer (7.0)

修正ユリウス日を返します。 時刻の情報を含みません。

...修正ユリウス日を返します。
時刻の情報を含みません。

Date
#amjd も参照してください。...

Date#mon -> Integer (7.0)

月を返します (1-12)。

月を返します (1-12)。

Date#monday? -> bool (7.0)

月曜日なら真を返します。

月曜日なら真を返します。

Date#month -> Integer (7.0)

月を返します (1-12)。

月を返します (1-12)。

Date#new_start(start = Date::ITALY) -> Date (7.0)

self を複製して、その改暦日を設定しなおします。 引数を省略した場合は、Date::ITALY (1582年10月15日) になります。

...self を複製して、その改暦日を設定しなおします。
引数を省略した場合は、Date::ITALY (1582年10月15日) になります。

Date
.new も参照してください。

@param start グレゴリオ暦をつかい始めた日をあらわすユリウス日...

絞り込み条件を変える

Date#next -> Date (7.0)

翌日の日付オブジェクトを返します。

翌日の日付オブジェクトを返します。

Date#next_day(n = 1) -> Date (7.0)

n 日後を返します。

...n 日後を返します。

Date
#succ も参照してください。

@param n 日数...

Date#next_month(n = 1) -> Date (7.0)

n ヶ月後を返します。

...n ヶ月後を返します。

Date
#>> も参照してください。

@param n 月数...

Date#next_year(n = 1) -> Date (7.0)

n 年後を返します。

...lf >> (n * 12) に相当します。

require 'date'
Date
.new(2001,2,3).next_year #=> #<Date: 2002-02-03 ...>
Date
.new(2008,2,29).next_year #=> #<Date: 2009-02-28 ...>
Date
.new(2008,2,29).next_year(4) #=> #<Date: 2012-02-29 ...>

Date
#>> も参照してください。

@param n 年...

Date#prev_day(n = 1) -> Date (7.0)

n 日前を返します。

n 日前を返します。

@param n 日数

絞り込み条件を変える

Date#prev_month(n = 1) -> Date (7.0)

n ヶ月前を返します。

...n ヶ月前を返します。

Date
#<< も参照してください。

@param n 月数...

Date#prev_year(n = 1) -> Date (7.0)

n 年前を返します。

...lf << (n * 12) に相当します。

require 'date'
Date
.new(2001,2,3).prev_year #=> #<Date: 2000-02-03 ...>
Date
.new(2008,2,29).prev_year #=> #<Date: 2007-02-28 ...>
Date
.new(2008,2,29).prev_year(4) #=> #<Date: 2004-02-29 ...>

Date
#<< も参照してください。

@param n 年...

Date#rfc2822 -> String (7.0)

2822 で定められた書式の文字列を返します。

2822 で定められた書式の文字列を返します。

Date#rfc3339 -> String (7.0)

8601 書式の文字列を返します (拡大表記はつかいません)。

8601 書式の文字列を返します (拡大表記はつかいません)。

Date#rfc822 -> String (7.0)

2822 で定められた書式の文字列を返します。

2822 で定められた書式の文字列を返します。

絞り込み条件を変える

Date#saturday? -> bool (7.0)

土曜日なら真を返します。

土曜日なら真を返します。

Date#start -> Integer (7.0)

改暦日をあらわすユリウス日を返します。

...改暦日をあらわすユリウス日を返します。

Date
.new も参照してください。...

Date#step(limit, step = 1) -> Enumerator (7.0)

ブロックの評価を繰り返します。ブロックは日付オブジェクトをとります。 limit は日付オブジェクトでなければなりません、 また step は非零でなければなりません。

...評価を繰り返します。ブロックは日付オブジェクトをとります。
limit は日付オブジェクトでなければなりません、
また step は非零でなければなりません。

@param limit 日付オブジェクト
@param step 歩幅

@see Date#downto, Date#upto...

Date#step(limit, step = 1) {|date| ...} -> self (7.0)

ブロックの評価を繰り返します。ブロックは日付オブジェクトをとります。 limit は日付オブジェクトでなければなりません、 また step は非零でなければなりません。

...評価を繰り返します。ブロックは日付オブジェクトをとります。
limit は日付オブジェクトでなければなりません、
また step は非零でなければなりません。

@param limit 日付オブジェクト
@param step 歩幅

@see Date#downto, Date#upto...

Date#strftime(format = &#39;%F&#39;) -> String (7.0)

与えられた雛型で日付を書式づけます。

..., %I, %j, %k, %L, %l,
%M, %m, %N, %n, %P, %p, %Q, %R, %r, %S, %s, %T, %t, %U, %u, %V, %v, %W, %w, %X,
%x, %Y, %y, %Z, %z, %:z, %::z, %:::z, %%, %+

GNU 版にあるような幅指定などもできます。

strftime(3)、および Date.strptime も参照してください。

@param format 書式...

絞り込み条件を変える

Date#succ -> Date (7.0)

翌日の日付オブジェクトを返します。

翌日の日付オブジェクトを返します。

Date#sunday? -> bool (7.0)

日曜日なら真を返します。

日曜日なら真を返します。

Date#thursday? -> bool (7.0)

木曜日なら真を返します。

木曜日なら真を返します。

Date#to_date -> Date (7.0)

対応する Date オブジェクトを返します。

...対応する Date オブジェクトを返します。...

Date#to_datetime -> DateTime (7.0)

対応する DateTime オブジェクトを返します。

...対応する DateTime オブジェクトを返します。...

絞り込み条件を変える

Date#to_json(*args) -> String (7.0)

自身を JSON 形式の文字列に変換して返します。

...args 引数はそのまま JSON::Generator::GeneratorMethods::Hash#to_json に渡されます。

//emlist[例][ruby]{
require "json/add/core"

Date
.today.to_json
# => "{\"json_class\":\"Date\",\"y\":2018,\"m\":12,\"d\":11,\"sg\":2299161.0}"
//}

@see JSON::Generator::GeneratorMethods::Hash#to_json...

Date#to_s -> String (7.0)

8601 書式の文字列を返します (拡大表記はつかいません)。

8601 書式の文字列を返します (拡大表記はつかいません)。

Date#to_time -> Time (7.0)

対応する Time オブジェクトを返します。

対応する Time オブジェクトを返します。

Date#tuesday? -> bool (7.0)

火曜日なら真を返します。

火曜日なら真を返します。

Date#upto(max) -> Enumerator (7.0)

このメソッドは、step(max, 1){|date| ...} と等価です。

...このメソッドは、step(max, 1){|date| ...} と等価です。

@param max 日付オブジェクト

@see Date#step, Date#downto...

絞り込み条件を変える

Date#upto(max) {|date| ...} -> self (7.0)

このメソッドは、step(max, 1){|date| ...} と等価です。

...このメソッドは、step(max, 1){|date| ...} と等価です。

@param max 日付オブジェクト

@see Date#step, Date#downto...

Date#wday -> Integer (7.0)

曜日を返します (0-6、日曜日は零)。

曜日を返します (0-6、日曜日は零)。

Date#wednesday? -> bool (7.0)

水曜日なら真を返します。

水曜日なら真を返します。

Date#xmlschema -> String (7.0)

XML Scheme (date) による書式の文字列を返します。

...XML Scheme (date) による書式の文字列を返します。...

Date#yday -> Integer (7.0)

年の日を返します (1-366)。

年の日を返します (1-366)。

絞り込み条件を変える

Date#year -> Integer (7.0)

年を返します。

年を返します。