るりまサーチ (Ruby 2.2.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
11件ヒット [1-11件を表示] (0.031秒)
トップページ > バージョン:2.2.0[x] > クエリ:IO[x] > クエリ:Continuation[x]

別のキーワード

  1. io popen
  2. io pipe
  3. io lines
  4. io readlines
  5. io each_line

検索結果

Continuation (132091.0)

継続を表すクラスです。

継続を表すクラスです。

Kernel.#callcc { |cont| ... } の呼び出し
は、直前の状態(ローカル変数の定義、スタックフレーム)を cont に記憶
してブロックを実行します。cont は、Continuation クラスのインスタ
ンスで、Continuation#call メソッドを実行するこ
とでいつでも記憶した状態を継続することができます。

C 言語の setjmp()/longjmp() がわかる人は
setjmp() == callcc {|c| }
longjmp() == c.call
と考えれば、わかりやすいかも知れません(ただし、callc...

Continuation#[](*ret) -> () (72001.0)

self が記憶した状態を継続します。引数は そのまま Kernel.#callcc の戻り値になります。

self が記憶した状態を継続します。引数は そのまま
Kernel.#callcc の戻り値になります。

@param ret 継続に復帰した時に返す値を指定します。

Continuation#call(*ret) -> () (72001.0)

self が記憶した状態を継続します。引数は そのまま Kernel.#callcc の戻り値になります。

self が記憶した状態を継続します。引数は そのまま
Kernel.#callcc の戻り値になります。

@param ret 継続に復帰した時に返す値を指定します。

Net::IMAP::ContinuationRequest (36049.0)

IMAP の continuation request (命令継続要求) を表すクラスです。

IMAP の continuation request (命令継続要求) を表すクラスです。

通常このクラスを直接扱うことはありません。
レスポンスハンドラ(Net::IMAP#add_response_handler)
に渡されます。

詳しくは 2060 の 7.5 を参照してください。

continuation (36001.0)

Ruby 1.9 以降で継続オブジェクトを扱うためのライブラリです。

Ruby 1.9 以降で継続オブジェクトを扱うためのライブラリです。

非推奨になりました。代わりにfiberを使ってください。

絞り込み条件を変える

Net::IMAP::ContinuationRequest#data -> Net::IMAP::ResponseText (18001.0)

レスポンスのデータを返します。

レスポンスのデータを返します。

Net::IMAP::ContinuationRequest#raw_data -> String (18001.0)

レスポンス文字列を返します。

レスポンス文字列を返します。

Marshal.#dump(obj, port, limit = -1) -> IO (358.0)

obj を指定された出力先に再帰的に出力します。

obj を指定された出力先に再帰的に出力します。

ファイルに書き出せないオブジェクトをファイルに書き出そうとすると
例外 TypeError が発生します。
ファイルに書き出せないオブジェクトは以下の通りです。

* 名前のついてない Class/Module オブジェクト。(この場
合は、例外 ArgumentError が発生します。無名クラスについて
は、Module.new を参照。)
* システムがオブジェクトの状態を保持するもの。具体的には以下のイン
スタンス。Dir, File::Stat, IO とそのサブクラス
File, Socket など。...

NEWS for Ruby 2.2.0 (217.0)

NEWS for Ruby 2.2.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...NEWS for Ruby 2.2.0
このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

それぞれのエントリーは参照情報があるため短いです。
十分な情報と共に書かれた全ての変更のリス...

Marshal.#dump(obj, limit = -1) -> String (58.0)

obj を指定された出力先に再帰的に出力します。

obj を指定された出力先に再帰的に出力します。

ファイルに書き出せないオブジェクトをファイルに書き出そうとすると
例外 TypeError が発生します。
ファイルに書き出せないオブジェクトは以下の通りです。

* 名前のついてない Class/Module オブジェクト。(この場
合は、例外 ArgumentError が発生します。無名クラスについて
は、Module.new を参照。)
* システムがオブジェクトの状態を保持するもの。具体的には以下のイン
スタンス。Dir, File::Stat, IO とそのサブクラス
File, Socket など。...

絞り込み条件を変える

Marshal フォーマット (55.0)

Marshal フォーマット 2002-04-04 ドラフトのドラフトのドラフトの....

Marshal フォーマット
2002-04-04 ドラフトのドラフトのドラフトの....

* フォーマットバージョン 4.8 (1.8仕様)を元に記述

//emlist{
# 2003-05-02 現在のフォーマットバージョンは以下
p Marshal.dump(Object.new).unpack("cc").join(".")
=> ruby 1.6.0 (2000-09-19) [i586-linux]
"4.4"
=> ruby 1.6.1 (2000-09-27) [i586-linux]
"4.4"
=> ruby 1...