るりまサーチ (Ruby 2.2.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
4件ヒット [1-4件を表示] (0.015秒)
トップページ > バージョン:2.2.0[x] > クエリ:IO[x] > クラス:Net::Telnet[x]

別のキーワード

  1. io popen
  2. io pipe
  3. io each
  4. io lines
  5. io each_line

ライブラリ

キーワード

検索結果

Net::Telnet#sock -> IO (391.0)

リモートホストに接続している IO オブジェクトを返します。

リモートホストに接続している IO オブジェクトを返します。

Telnet オブジェクトのメソッドはこのオブジェクトに
移譲されているので、Telnetオブジェクトは IO オブジェクト
オブジェクトのメソッドを持ち、それらを呼ぶと IO オブジェクトに
転送されます。

Net::Telnet.new(opts) -> Net::Telnet (58.0)

Telnet オブジェクトを生成します。

..."Telnetmode" => true
"Output_log" => nil # ログの出力ファイル名
"Dump_log" => nil # 出力ファイル名
"Proxy" => nil # Net::Telnet または IO のオブジェクトを指定する

それぞれの意味は以下の通りです。

"Host" 接続するホストのホスト...
...
これを真にすると、変換をしません。この変換は
Net::Telnet
#binmode でも無効化できます。
ホストへ送る文字列の変換は Net::Telnet#puts と
Net::Telnet
#puts に適用され、Net::Telnet#write には適用され
ません。改行の変換に関しては t...
...て telnet の特殊なバイト列をエスケープします。
Net::Telnet
#puts や Net::Telnet#print で送られる文字列も
エスケープされます。Net::Telnet#write ではエスケープされません。
Net::Telnet
を telnet プロトコル以外(SMPTやPOPなど)で利用した...

Net::Telnet.new(opts) {|message| ... } -> Net::Telnet (58.0)

Telnet オブジェクトを生成します。

..."Telnetmode" => true
"Output_log" => nil # ログの出力ファイル名
"Dump_log" => nil # 出力ファイル名
"Proxy" => nil # Net::Telnet または IO のオブジェクトを指定する

それぞれの意味は以下の通りです。

"Host" 接続するホストのホスト...
...
これを真にすると、変換をしません。この変換は
Net::Telnet
#binmode でも無効化できます。
ホストへ送る文字列の変換は Net::Telnet#puts と
Net::Telnet
#puts に適用され、Net::Telnet#write には適用され
ません。改行の変換に関しては t...
...て telnet の特殊なバイト列をエスケープします。
Net::Telnet
#puts や Net::Telnet#print で送られる文字列も
エスケープされます。Net::Telnet#write ではエスケープされません。
Net::Telnet
を telnet プロトコル以外(SMPTやPOPなど)で利用した...

Net::Telnet#preprocess(string) -> String (22.0)

ホストから受け取った文字列の前処理をします。

...
通常は Net::Telnet#waitfor から呼びだされます。
"Telnetmode" を利用している場合、
IO#sysread などで直接ホストからのデータを読みこんだ場合にのみ
このメソッドを呼ぶ必要があるでしょう。

前処理の内容は Net::Telnet#telnetmode...
...
Net::Telnet#binmode によって変わります。

@param string 前処理対象の文字列
@return 変換後の文字列
@see Net::Telnet.new, Net::Telnet#telnetmode, Net::Telnet#binmode...