るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
16件ヒット [1-16件を表示] (0.064秒)

別のキーワード

  1. kernel spawn
  2. kernel exec
  3. kernel system
  4. kernel open
  5. kernel fail

ライブラリ

モジュール

検索結果

Kernel.#warn(*message, uplevel: nil, category: nil) -> nil (27150.0)

message を 標準エラー出力 $stderr に出力します。 $VERBOSE フラグ が nil のときは何も出力しません。

... Warning.[] を参照してください。
@raise IOError 標準エラー出力が書き込み用にオープンされていなければ発生します。
@raise Errno::EXXX 出力に失敗した場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
warn
"caution!" #=> caution!
$VERBOSE = nil
warn
"c...
...el の例][ruby]{
def foo
warn
("test message", uplevel: 0) # => test.rb:2: warning: test message
warn
("test message", uplevel: 1) # => test.rb:6: warning: test message
warn
("test message", uplevel: 2) # => test message
end
foo
//}

//emlist[category の例][ruby]{
Warn
ing[:deprecated] = true #...
...非推奨の警告を表示する
warn
("deprecated!!", category: :deprecated)
# => deprecated!

Warn
ing[:deprecated] = false # 非推奨の警告を表示しない
warn
("deprecated!!", category: :deprecated)
# 警告は出力されない
//}

@see Warning#warn, $stderr,$VERBOSE...

Kernel.#warn(*message, uplevel: nil) -> nil (27138.0)

message を 標準エラー出力 $stderr に出力します。 $VERBOSE フラグ が nil のときは何も出力しません。

...[例][ruby]{
warn
"caution!" #=> caution!
$VERBOSE = nil
warn
"caution!" # 何もしない
//}

//emlist[uplevel の例][ruby]{
def foo
warn
("test message", uplevel: 0) # => test.rb:2: warning: test message
warn
("test message", uplevel: 1) # => test.rb:6: warning: test message
warn
("test messa...
...ge", uplevel: 2) # => test message
end
foo
//}


@see Warning#warn, $stderr,$VERBOSE...

Kernel.#warn(*message) -> nil (27120.0)

message を 標準エラー出力 $stderr に出力します。 $VERBOSE フラグ が nil のときは何も出力しません。

...rror 標準エラー出力が書き込み用にオープンされていなければ発生します。
@raise Errno::EXXX 出力に失敗した場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
warn
"caution!" #=> caution!
$VERBOSE = nil
warn
"caution!" # 何もしない
//}



@see $stderr,$VERBOSE...
...ラー出力が書き込み用にオープンされていなければ発生します。
@raise Errno::EXXX 出力に失敗した場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
warn
"caution!" #=> caution!
$VERBOSE = nil
warn
"caution!" # 何もしない
//}



@see Warning#warn, $stderr,$VERBOSE...

Syslog.#warning(message, *arg) -> self (3107.0)

Syslog#log()のショートカットメソッド。 システムによっては定義されていないものもあります。

...log.emerg(message, *arg) は、Syslog.log(Syslog::LOG_EMERG, message, *arg)
と同じです。

@param message フォーマット文字列です。Kernel.#sprintf と同じ形式の引数を指定します。

@param arg フォーマットされる引数です。

@raise ArgumentError 引数が1つ...