るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
1694件ヒット [1-100件を表示] (0.110秒)

別のキーワード

  1. uri build
  2. uri extract
  3. uri new
  4. open-uri open
  5. uri regexp

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Gem::RemoteFetcher::FetchError#uri -> URI (18219.0)

問題が発生した URI を返します。

...問題が発生した URI を返します。...

DRb::ExtServManager#uri -> String|nil (18130.0)

サービス起動時にプロセスを spawn する時に渡す URI を返します。

...サービス起動時にプロセスを spawn する時に渡す URI を返します。

デフォルトは nil で、これは DRb.#uri を用いることを意味します。

@see DRb::ExtServManager#uri=...

DRb::DRbServer#uri -> String|nil (18118.0)

サーバに紐付けられた URI を返します。

...サーバに紐付けられた URI を返します。...

RSS::NSError#uri (18102.0)

@todo

@todo

URI::HTTP#request_uri -> String (17120.0)

自身の「path + '?' + query」を文字列で返します。 query が nil である場合は、自身の path を返します。

...す。
query が nil である場合は、自身の path を返します。

path が空である場合には、path は「'/'」であるとします。

例:
require 'uri'
u = URI.parse("http://example.com/search?q=xxx")
p u.request_uri #=> "/search?q=xxx"...

絞り込み条件を変える

URI::Generic#coerce(oth) -> [URI, URI] (11245.0)

引数 oth をパースして [パース後の oth, self] の配列を返します。

...] の配列を返します。

@param oth URI オブジェクトか文字列を指定します。

例:

require 'uri'

uri
= URI.parse("http://my.example.com")
uri
.coerce("http://foo.com")
# => [#<URI::HTTP:0x00000000bcb028 URL:http://foo.com/>, #<URI::HTTP:0x00000000d92178 URL:http://my.ex...

URI::Generic#+(rel) -> URI::Generic (11215.0)

自身と与えられたパス rel を連結した新しい URI オブジェクトを生成して返します。

...結した新しい URI オブジェクトを生成して返します。

3986 の Section 5.2 の仕様に従います。
rel が文字列の場合は URI.parse(rel) によって、URI に変換してから連結します。


@param rel 連結したいパスを文字列か URI オブジェクトで...
...uire 'uri'
p URI.parse('http://example.com/') + '/foo/bar.html'
#=> #<URI::HTTP:0x201001c0 URL:http://example.com/foo/bar.html>
URI
('http://a/b/c/d;p?q').merge('?y') #=> #<URI::HTTP:0xb7ca2e2c URL:http://a/b/c/d;p?y>
URI
('http://a/b/c/d;p?q').merge('/./g') #=> #<URI::HTTP...
...0xb7ca2738 URL:http://a/g>
URI
('http://a/b/c/d;p?q').merge('/../g') #=> #<URI::HTTP:0xb7ca2008 URL:http://a/g>
URI
('http://a/b/c/d;p?q').merge('../../../g') #=> #<URI::HTTP:0xb7ca1888 URL:http://a/g>
URI
('http://a/b/c/d;p?q').merge('../../../../g') #=> #<URI::HTTP:0xb7ca10a4 URL:htt...

URI::Generic#merge(rel) -> URI::Generic (11215.0)

自身と与えられたパス rel を連結した新しい URI オブジェクトを生成して返します。

...結した新しい URI オブジェクトを生成して返します。

3986 の Section 5.2 の仕様に従います。
rel が文字列の場合は URI.parse(rel) によって、URI に変換してから連結します。


@param rel 連結したいパスを文字列か URI オブジェクトで...
...uire 'uri'
p URI.parse('http://example.com/') + '/foo/bar.html'
#=> #<URI::HTTP:0x201001c0 URL:http://example.com/foo/bar.html>
URI
('http://a/b/c/d;p?q').merge('?y') #=> #<URI::HTTP:0xb7ca2e2c URL:http://a/b/c/d;p?y>
URI
('http://a/b/c/d;p?q').merge('/./g') #=> #<URI::HTTP...
...0xb7ca2738 URL:http://a/g>
URI
('http://a/b/c/d;p?q').merge('/../g') #=> #<URI::HTTP:0xb7ca2008 URL:http://a/g>
URI
('http://a/b/c/d;p?q').merge('../../../g') #=> #<URI::HTTP:0xb7ca1888 URL:http://a/g>
URI
('http://a/b/c/d;p?q').merge('../../../../g') #=> #<URI::HTTP:0xb7ca10a4 URL:htt...

URI::Generic#==(uri) -> bool (11186.0)

引数に指定した URI (文字列またはURIオブジェクト)との一致判定を行い ます。URI は正規化して比較されます。

...した URI (文字列またはURIオブジェクト)との一致判定を行い
ます。URI は正規化して比較されます。

@param uri 比較したい URI URI オブジェクトで指定します。

例:
require 'uri'
u1 = URI.parse('http://example.com/?hoge')
u2 = URI.parse('ht...

URI::Generic#-(src) -> URI::Generic (11143.0)

与えられた URI を表す src からの相対パスを返します。

...えられた URI を表す src からの相対パスを返します。

@param src 自身の相対パスを算出するための、ルートとなる Absolute URI を与えます。

例:
require 'uri'
p URI.parse('http://example.com/foo/bar.html') - 'http://example.com/'
#=> #<URI::Generic:0x...

絞り込み条件を変える

URI::Generic#route_from(src) -> URI::Generic (11143.0)

与えられた URI を表す src からの相対パスを返します。

...えられた URI を表す src からの相対パスを返します。

@param src 自身の相対パスを算出するための、ルートとなる Absolute URI を与えます。

例:
require 'uri'
p URI.parse('http://example.com/foo/bar.html') - 'http://example.com/'
#=> #<URI::Generic:0x...

URI::Generic#route_to(dst) -> URI::Generic (11132.0)

自身から dst への相対パスを返します。

...自身から dst への相対パスを返します。

@param dst URI を文字列かURIオブジェクトで与えます。

例:
require 'uri'
p URI.parse('http://example.com/').route_to('http://example.com/foo/bar.html')

#=> #<URI::Generic:0x20100198 URL:foo/bar.html>...

URI::Generic#find_proxy -> URI | nil (11130.0)

プロキシ URI を返します。

...プロキシ URI を返します。

プロキシ URI は http_proxy, ftp_proxy, no_proxy などの環境変数から取得
します。適切なプロキシが見つからない場合は nil を返します。

環境変数は大文字にしたもの(HTTP_PROXY, FTP_PROXY, NO_PROXYなど)も調べ...
...設定されうるためです。そのため、
HTTP_PROXY(環境変数が大文字小文字を区別しない場合は http_proxy も) は使
われません。代わりに CGI_HTTP_PROXY が使われます。


@raise BadURIError selfが相対URIであった場合に発生します。

@see ENV...

URI::Generic#find_proxy(env = ENV) -> URI | nil (11130.0)

プロキシ URI を返します。

...プロキシ URI を返します。

プロキシ URI は http_proxy, ftp_proxy, no_proxy などの環境変数から取得
します。適切なプロキシが見つからない場合は nil を返します。

環境変数は大文字にしたもの(HTTP_PROXY, FTP_PROXY, NO_PROXYなど)も調べ...
...区別しない場合は http_proxy も) は使
われません。代わりに CGI_HTTP_PROXY が使われます。

@param env 環境変数 ENV の代わりに参照するオブジェクトを指定します。

@raise BadURIError selfが相対URIであった場合に発生します。

@see ENV...
<< 1 2 3 ... > >>