るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
16件ヒット [1-16件を表示] (0.078秒)
トップページ > 種類:インスタンスメソッド[x] > クエリ:time[x] > クエリ:parse[x] > クラス:OptionParser[x]

別のキーワード

  1. time httpdate
  2. time rfc2822
  3. time iso8601
  4. time strptime

ライブラリ

キーワード

検索結果

OptionParser#reject(klass) -> () (3098.0)

OptionParser#accept で登録したクラスとブロックを 自身から削除します。

...
OptionParser
#accept で登録したクラスとブロックを
自身から削除します。

@param klass 自身から削除したいクラスを指定します。

//emlist[例][ruby]{
require "optparse"
require "time"

def parse(option_parser)
option_parser.on("-t", "--time [TIME]", Time) do...
...|time|
p time.class
end
option_parser.parse(ARGV)
end

opts = OptionParser.new
opts.accept(Time) do |s,|
begin
Time
.parse(s) if s
rescue
raise OptionParser::InvalidArgument, s
end
end

parse
(opts) # => Time
opts.reject(Time)
parse
(opts) # => unsupported argument type: Time (Arg...

OptionParser#accept(klass, pat = /.*/) {|str| ...} -> () (3068.0)

OptionParser.accept と同様ですが、 登録したブロックはレシーバーに限定されます。

...
OptionParser
.accept と同様ですが、
登録したブロックはレシーバーに限定されます。

@param klass クラスオブジェクトを与えます。

@param pat match メソッドを持ったオブジェクト(Regexp オブジェクトなど)を与えます。

//emlist[例][rub...
...y]{
require "optparse"
require "time"

opts = OptionParser.new
opts.accept(Time) do |s,|
begin
Time
.parse(s) if s
rescue
raise OptionParser::InvalidArgument, s
end
end

opts.on("-t", "--time [TIME]", Time) do |time|
p time.class # => Time
end

opts.parse!(ARGV)
//}...