るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
410件ヒット [1-100件を表示] (0.164秒)

別のキーワード

  1. gdbm sync
  2. sync fail
  3. csv sync
  4. csv sync=
  5. zlib sync

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Sync_m#sync_synchronize(mode = EX) {...} -> object (23220.0)

ロック状態を変更してブロックを実行します。 ブロックの実行結果を返します。

...行します。
ブロックの実行結果を返します。

@param mode 変更後の状態を指定します。
通常、 Sync_m::UN, Sync_m::EX, Sync_m::SH のどれかを指定します。...

Sync_m#synchronize(mode = EX) {...} -> object (20120.0)

ロック状態を変更してブロックを実行します。 ブロックの実行結果を返します。

...行します。
ブロックの実行結果を返します。

@param mode 変更後の状態を指定します。
通常、 Sync_m::UN, Sync_m::EX, Sync_m::SH のどれかを指定します。...

CSV#sync -> bool (18124.0)

IO#sync に委譲します。

...IO#sync に委譲します。


@see IO#sync...

IO#sync -> bool (18120.0)

現在の出力が同期モードならば true を返します。そうでない場合は false を返します。

...期モードならば true を返します。そうでない場合は false を返します。

@raise IOError 既に close されていた場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
File.open("testfile", "w") do |f|
f.sync # => false
f.sync = true
f.sync # => true
end
//}...

Zlib::GzipFile#sync -> bool (18115.0)

IO クラスと同じ。flag が真の時、関連付けられている IO オブジェクトが flush メソッドを持っていなければなりません。 また、true にすると圧縮率が著しく低下します。

...が flush メソッドを持っていなければなりません。
また、true にすると圧縮率が著しく低下します。

@see IO#sync, IO#sync...

絞り込み条件を変える

OpenSSL::Buffering#sync -> bool (18108.0)

出力が同期モードなら true を返します。

...出力が同期モードなら true を返します。

@see OpenSSL::Buffering#sync=...

GDBM#sync -> self (18102.0)

要素の変更をファイルに反映します。

要素の変更をファイルに反映します。

FAST モード(GDBM.open の第3引数に GDBM::FAST を指定)のときだけ意味があります。

=== 注意
GNU gdbm version 1.8 以降より FAST モードがデフォルトになりました。

StringIO#sync -> true (18102.0)

何もせずに true を返します。

何もせずに true を返します。

Zlib::Inflate#sync(string) -> bool (18102.0)

string を入力バッファの末尾に追加し、次の full flush point まで読み飛ばします。入力バッファ内に full flush point が存在しない場合は、入力バッファを空にし false を返します。 入力バッファ内に full flush point が見つかった場合は true を返し、残りのデータは入力バッファ内に保持されます。

string を入力バッファの末尾に追加し、次の full flush
point まで読み飛ばします。入力バッファ内に full flush point
が存在しない場合は、入力バッファを空にし false を返します。
入力バッファ内に full flush point が見つかった場合は
true を返し、残りのデータは入力バッファ内に保持されます。

@param string 入力バッファの末尾に追加する文字列を指定します。

Sync_m#sync_unlock(mode = EX) -> self (17120.0)

ロックを解除します。

...ロックを解除します。

@param mode 変更後の状態を指定します。
通常、 Sync_m::UN, Sync_m::EX, Sync_m::SH のどれかを指定します。...

絞り込み条件を変える

Sync_m#sync_try_lock(mode = EX) -> bool (17114.0)

ロック状態を変更します。 変更できたかどうかをtrueかfalseで返し、ブロックしません。

...かどうかをtrueかfalseで返し、ブロックしません。

@param mode 変更後の状態を指定します。
通常、 Sync_m::EX, Sync_m::SH のどれかを指定します。...

Sync_m#sync_ex_count -> Integer (17102.0)

@todo

@todo

Sync_m#sync_ex_count=(count) (17102.0)

@todo

@todo

Sync_m#sync_ex_locker -> Thread | nil (17102.0)

@todo

@todo

Sync_m#sync_ex_locker=(thread) (17102.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

<< 1 2 3 ... > >>