るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
135件ヒット [1-100件を表示] (0.161秒)

別のキーワード

  1. _builtin sum
  2. string sum
  3. array sum
  4. enumerable sum

検索結果

<< 1 2 > >>

Array#sum(init=0) -> object (18191.0)

要素の合計を返します。例えば [e1, e2, e3].sum は init + e1 + e2 + e3 を返します。

...えば [e1, e2, e3].sum は init + e1 + e2 + e3 を返します。

ブロックが与えられた場合、加算する前に各要素にブロックが適用されます。

配列が空の場合、initを返します。

例:
[].sum #=> 0
[].sum(0.0)...
...#=> 0.0
[1, 2, 3].sum #=> 6
[3, 5.5].sum #=> 8.5
[2.5, 3.0].sum(0.0) {|e| e * e } #=> 15.25
[Object.new].sum #=> TypeError

配列の平均値は以下のように求められます。

例:
mean = ary.sum(0.0) / ary.length

i...
...ェクトにも使えます。

例:
["a", "b", "c"].sum("") #=> "abc"
[[1], [[2]], [3]].sum([]) #=> [1, [2], 3]

しかし、文字列の配列や配列の配列の場合 Array#join や Array#flatten の方が Array#sum よりも高速です。

例:
["a", "b", "c"].join...

Array#sum(init=0) {|e| expr } -> object (18191.0)

要素の合計を返します。例えば [e1, e2, e3].sum は init + e1 + e2 + e3 を返します。

...えば [e1, e2, e3].sum は init + e1 + e2 + e3 を返します。

ブロックが与えられた場合、加算する前に各要素にブロックが適用されます。

配列が空の場合、initを返します。

例:
[].sum #=> 0
[].sum(0.0)...
...#=> 0.0
[1, 2, 3].sum #=> 6
[3, 5.5].sum #=> 8.5
[2.5, 3.0].sum(0.0) {|e| e * e } #=> 15.25
[Object.new].sum #=> TypeError

配列の平均値は以下のように求められます。

例:
mean = ary.sum(0.0) / ary.length

i...
...ェクトにも使えます。

例:
["a", "b", "c"].sum("") #=> "abc"
[[1], [[2]], [3]].sum([]) #=> [1, [2], 3]

しかし、文字列の配列や配列の配列の場合 Array#join や Array#flatten の方が Array#sum よりも高速です。

例:
["a", "b", "c"].join...

String#sum(bits = 16) -> Integer (18162.0)

文字列の bits ビットのチェックサムを計算します。

...]{
def sum(bits)
sum
= 0
each_byte {|c| sum += c }
return 0 if sum == 0
sum
& ((1 << bits) - 1)
end
//}

例えば以下のコードで UNIX System V の
sum
(1) コマンドと同じ値が得られます。

//emlist[例][ruby]{
sum
= 0
ARGF.each_line do |line|
sum
+= line.sum
end
sum
%= 6...
...ef sum(bits)
sum
= 0
each_byte {|c| sum += c }
return 0 if sum == 0
sum
& ((1 << bits) - 1)
end
//}

例えば以下のコードで UNIX System V の
sum
(1) コマンドと同じ値が得られます。

//emlist[例][ruby]{
sum
= 0
ARGF.each_line do |line|
sum
+= line.sum
e...
...nd
sum
%= 65536
//}

@param bits チェックサムのビット数...

Enumerable#sum(init=0) -> object (18157.0)

要素の合計を返します。

...lfが空の場合、initを返します。

例:
{ 1 => 10, 2 => 20 }.sum {|k, v| k * v } # => 50
(1..10).sum # => 55
(1..10).sum {|v| v * 2 } # => 110
[Object.new].each.sum # => TypeError

init 引数を明示的に指名...
...す。

例:
{ 1 => 10, 2 => 20 }.sum([]) #=> [1, 10, 2, 20]
"a\nb\nc".each_line.lazy.map(&:chomp).sum("") #=> "abc"
[[1], [[2]], [3]].sum([]) #=> [1, [2], 3]

"+" メソッドが再定義されている場合、Enumerable#sum は再定義を無視することがあ...
...ります(例えばInteger#+)。

@see Array#sum...

Enumerable#sum(init=0) {|e| expr } -> object (18157.0)

要素の合計を返します。

...lfが空の場合、initを返します。

例:
{ 1 => 10, 2 => 20 }.sum {|k, v| k * v } # => 50
(1..10).sum # => 55
(1..10).sum {|v| v * 2 } # => 110
[Object.new].each.sum # => TypeError

init 引数を明示的に指名...
...す。

例:
{ 1 => 10, 2 => 20 }.sum([]) #=> [1, 10, 2, 20]
"a\nb\nc".each_line.lazy.map(&:chomp).sum("") #=> "abc"
[[1], [[2]], [3]].sum([]) #=> [1, [2], 3]

"+" メソッドが再定義されている場合、Enumerable#sum は再定義を無視することがあ...
...ります(例えばInteger#+)。

@see Array#sum...

絞り込み条件を変える

OptionParser#summarize(to = [], width = self.summary_width, max = width - 1, indent= self.summary_indent) -> () (6301.0)

サマリを指定された to へと加えていきます。

...|opts|
opts.on_head("-i", "--init")
opts.on("-u", "--update")
opts.on_tail("-h", "--help")
end

opts.summarize
# => [" -i, --init\n", " -u, --update\n", " -h, --help\n"]
opts.summarize(["description\n"], 10, 8, " ")
# => ["description\n", " -i\n", " --init\n", " -u\n", "...

OptionParser#summarize(to = [], width = self.summary_width, max = width - 1, indent= self.summary_indent) {|line| ... } -> () (6301.0)

サマリを指定された to へと加えていきます。

...|opts|
opts.on_head("-i", "--init")
opts.on("-u", "--update")
opts.on_tail("-h", "--help")
end

opts.summarize
# => [" -i, --init\n", " -u, --update\n", " -h, --help\n"]
opts.summarize(["description\n"], 10, 8, " ")
# => ["description\n", " -i\n", " --init\n", " -u\n", "...

Gem::Specification#summary=(summary) (6201.0)

この Gem パッケージの短い説明をセットします。

...この Gem パッケージの短い説明をセットします。

@param summary 短い説明を指定します。...

Fiber#resume(*arg = nil) -> object (6101.0)

自身が表すファイバーへコンテキストを切り替えます。 自身は resume を呼んだファイバーの子となります。

...自身が表すファイバーへコンテキストを切り替えます。
自身は resume を呼んだファイバーの子となります。

ただし、Fiber#transfer を呼び出した後に resume を呼び出す事はでき
ません。

@param arg self が表すファイバーに渡した...
...が表すスレッド間をまたがる場合、自身が resume を
呼んだファイバーの親かその祖先である場合に発生します。
また、Fiber#transfer を呼び出した後に resume を
呼び出した場合に発生し...
...ます。

例:

f = Fiber.new do
Fiber.yield(:hoge)
:fuga
end

p f.resume() #=> :hoge
p f.resume() #=> :fuga
p f.resume() #=> FiberError: dead fiber called...

Gem::Command#summary -> String (6101.0)

コマンドの短い説明を返します。

コマンドの短い説明を返します。

絞り込み条件を変える

Gem::Command#summary=(description) (6101.0)

コマンドの短い説明をセットします。

コマンドの短い説明をセットします。

@param description コマンドの短い説明を指定します。

Gem::Package::TarHeader#checksum -> Integer (6101.0)

tar のヘッダに含まれるチェックサムを返します。

tar のヘッダに含まれるチェックサムを返します。

Gem::Package::TarHeader#update_checksum (6101.0)

チェックサムを更新します。

チェックサムを更新します。

Gem::Specification#summary -> String (6101.0)

この Gem パッケージの短い説明を返します。

この Gem パッケージの短い説明を返します。

Net::FTP#resume -> bool (6101.0)

現在のリジュームモードの状態を返します。

...* Net::FTP#get
* Net::FTP#put
* Net::FTP#getbinaryfile
* Net::FTP#putbinaryfile

転送が中断したかどうかは転送先に問題のファイルが存在するか
どうかで判定され、そのファイルサイズで再開する位置を
決めます。

@see Net::FTP#resume=...

絞り込み条件を変える

Net::FTP#resume=(boolean) (6101.0)

現在のリジュームモードを設定します。

...現在のリジュームモードを設定します。

@param boolean trueならばリジュームモードを on にします。
@see Net::FTP#resume...
<< 1 2 > >>