るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
33528件ヒット [1-100件を表示] (0.316秒)

別のキーワード

  1. openssl p
  2. openssl p=
  3. fileutils mkdir_p
  4. dh p
  5. dsa p

ライブラリ

クラス

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

OpenSSL::PKey::DH#p -> OpenSSL::BN (18124.0)

DH 鍵共有プロトコルの鍵パラメータ p を返します。

...DH 鍵共有プロトコルの鍵パラメータ p を返します。

このパラメータは安全な素数でなければなりません。

@see OpenSSL::PKey::DH#p=...

OpenSSL::PKey::DSA#p -> OpenSSL::BN (18124.0)

DSA 鍵のパラメータ p を返します。

...DSA 鍵のパラメータ p を返します。

p
は公開鍵、秘密鍵の両方に属する情報です。...

Matrix::LUPDecomposition#p -> Matrix (18102.0)

LUP分解の置換行列部分を返します。

...LUP分解の置換行列部分を返します。...

OpenSSL::PKey::RSA#p -> OpenSSL::BN (18102.0)

鍵の1つめの素数です。

鍵の1つめの素数です。

秘密鍵の情報です。

Pathname#expand_path(default_dir = &#39;.&#39;) -> Pathname (15301.0)

Pathname.new(File.expand_path(self.to_s, *args)) と同じです。

...Pathname.new(File.expand_path(self.to_s, *args)) と同じです。

@param default_dir self が相対パスであれば default_dir を基準に展開されます。

//emlist[例][ruby]{
require "pathname"

p
ath = Pathname("testfile")
P
athname.pwd # => #<Pathname:/path/to>
p
ath.expand_...
...path # => #<Pathname:/path/to/testfile>
p
ath.expand_path("../") # => #<Pathname:/path/testfile>
//}

@see File.expand_path...

絞り込み条件を変える

Rake::PackageTask#package_dir_path -> String (15201.0)

パッケージに含むファイルを配置するディレクトリを返します。

...リを返します。

//emlist[][ruby]{
# Rakefile での記載例とする
require 'rake/packagetask'

Rake::PackageTask.new("sample", "1.0.0") do |package_task|
p
ackage_task.package_dir_path # => "pkg/sample-1.0.0"
end
//}...
パッケージに含むファイルを配置するディレクトリを返します。

Shell#expand_path(path) -> String (12301.0)

Fileクラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

...Fileクラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param path ファイル名を表す文字列を指定します。

@see File.expand_path...

Array#repeated_permutation(n) -> Enumerator (12202.0)

サイズ n の重複順列をすべて生成し,それを引数としてブロックを実行します。

...オブジェクトを返します。

@param n 生成する配列のサイズを整数で指定します。
整数以外のオブジェクトを指定した場合は to_int メソッドによる暗
黙の型変換を試みます。

@raise TypeError 引数に整数以外の(暗黙...
...1, 2]
a.repeated_permutation(1).to_a #=> [[1], [2]]
a.repeated_permutation(2).to_a #=> [[1,1],[1,2],[2,1],[2,2]]
a.repeated_permutation(3).to_a #=> [[1,1,1],[1,1,2],[1,2,1],[1,2,2],
# [2,1,1],[2,1,2],[2,2,1],[2,2,2]]
a.repeated_permutation(0)...
....to_a #=> [[]] # one permutation of length 0

@see Array#repeated_combination, Array#permutation...

Array#repeated_permutation(n) { |p| ... } -> Array (12202.0)

サイズ n の重複順列をすべて生成し,それを引数としてブロックを実行します。

...オブジェクトを返します。

@param n 生成する配列のサイズを整数で指定します。
整数以外のオブジェクトを指定した場合は to_int メソッドによる暗
黙の型変換を試みます。

@raise TypeError 引数に整数以外の(暗黙...
...1, 2]
a.repeated_permutation(1).to_a #=> [[1], [2]]
a.repeated_permutation(2).to_a #=> [[1,1],[1,2],[2,1],[2,2]]
a.repeated_permutation(3).to_a #=> [[1,1,1],[1,1,2],[1,2,1],[1,2,2],
# [2,1,1],[2,1,2],[2,2,1],[2,2,2]]
a.repeated_permutation(0)...
....to_a #=> [[]] # one permutation of length 0

@see Array#repeated_combination, Array#permutation...

Addrinfo#ipv6_to_ipv4 -> Addrinfo|nil (12201.0)

IPv6 の v4 マップド/互換アドレスを v4 のアドレスに変換します。

...IPv6 の v4 マップド/互換アドレスを v4 のアドレスに変換します。

それ以外のアドレスの場合 nil を返します。

require 'socket'

Addrinfo.ip("::192.0.2.3").ipv6_to_ipv4 #=> #<Addrinfo: 192.0.2.3>
Addrinfo.ip("::ffff:192.0.2.3").ipv6_to_ipv4 #=> #<Addr...
...info: 192.0.2.3>
Addrinfo.ip("::1").ipv6_to_ipv4 #=> nil
Addrinfo.ip("192.0.2.3").ipv6_to_ipv4 #=> nil
Addrinfo.unix("/tmp/sock").ipv6_to_ipv4 #=> nil...

絞り込み条件を変える

Net::Telnet#preprocess(string) -> String (12201.0)

ホストから受け取った文字列の前処理をします。

...このメソッドを呼ぶ必要があるでしょう。

前処理の内容は Net::Telnet#telnetmode や
Net::Telnet#binmode によって変わります。

@param string 前処理対象の文字列
@return 変換後の文字列
@see Net::Telnet.new, Net::Telnet#telnetmode, Net::Telnet#binmode...

Object#pretty_print(pp) -> () (12201.0)

PP.pp や Kernel.#pp がオブジェクトの内容を出力するときに 呼ばれるメソッドです。PP オブジェクト pp を引数として呼ばれます。

...
P
P.pp や Kernel.#pp がオブジェクトの内容を出力するときに
呼ばれるメソッドです。PP オブジェクト pp を引数として呼ばれます。

あるクラスの pp の出力をカスタマイズしたい場合は、このメソッドを再定義します。
そのと...
... pretty_print メソッドは指定された pp に対して表示したい自身の内容を追加して
いかなければいけません。いくつかの組み込みクラスについて、
p
p ライブラリはあらかじめ pretty_print メソッドを定義しています。

@param pp PP...
...オブジェクトです。

例:

require 'pp'
class Array
def pretty_print(q)
q.group(1, '[', ']') {
q.seplist(self) {|v|
q.pp v
}
}
end
end

@see Object#pretty_print_cycle, Object#inspect, PrettyPrint#text, PrettyPrint#group, PrettyPrint#breakable...

Object#pretty_print_cycle(pp) -> () (12201.0)

プリティプリント時にオブジェクトの循環参照が検出された場合、 Object#pretty_print の代わりに呼ばれるメソッドです。

...
Object#pretty_print の代わりに呼ばれるメソッドです。

あるクラスの pp の出力をカスタマイズしたい場合は、
このメソッドも再定義する必要があります。

@param pp PP オブジェクトです。

例:

class Array
def pretty_print_cycle(q...
...)
q.text(empty? ? '[]' : '[...]')
end
end

@see Object#pretty_print...

Object#pretty_print_inspect -> String (12201.0)

Object#pretty_print を使って Object#inspect と同様に オブジェクトを人間が読める形式に変換した文字列を返します。

...Object#pretty_print を使って Object#inspect と同様に
オブジェクトを人間が読める形式に変換した文字列を返します。

出力する全てのオブジェクトに Object#pretty_print が定義されている必要があります。
そうでない場合には RuntimeEr...
...ror が発生します。

@raise RuntimeError 出力する全てのオブジェクトに Object#pretty_print が定義されて
いない場合に発生します。...

Object#pretty_print_instance_variables -> [String | Symbol] (12201.0)

プリティプリント時に表示すべき自身のインスタンス変数名の配列をソートして返します。 返されたインスタンス変数はプリティプリント時に表示されます。

...表示すべき自身のインスタンス変数名の配列をソートして返します。
返されたインスタンス変数はプリティプリント時に表示されます。

p
p に表示したくないインスタンス変数がある場合にこのメソッドを再定義します。...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 3 ... > >>