るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
105件ヒット [1-100件を表示] (0.061秒)

別のキーワード

  1. date month
  2. date next_month
  3. date prev_month
  4. time month
  5. _builtin month

ライブラリ

クラス

キーワード

検索結果

<< 1 2 > >>

Time#month -> Integer (15108.0)

月を整数で返します。

...月を整数で返します。

p Time.local(2000, 1, 1).month #=> 1...

Date#month -> Integer (15102.0)

月を返します (1-12)。

月を返します (1-12)。

Date#next_month(n = 1) -> Date (6102.0)

n ヶ月後を返します。

n ヶ月後を返します。

Date#>> も参照してください。

@param n 月数

Date#prev_month(n = 1) -> Date (6102.0)

n ヶ月前を返します。

n ヶ月前を返します。

Date#<< も参照してください。

@param n 月数

Exception#==(other) -> bool (55.0)

自身と指定された other のクラスが同じであり、 message と backtrace が == メソッドで比較して 等しい場合に true を返します。そうでない場合に false を返します。

..."
def check_long_month(month)
return if Date.new(2000, month, -1).day == 31
raise "#{month} is not long month"
end

def get_exception
return begin
yield
rescue => e
e
end
end

results = [2, 2, 4].map { |e | get_exception { check_long_month(e) } }
p results...
...p { |e| e.class }
# => [RuntimeError, RuntimeError, RuntimeError]
p results.map { |e| e.message }
# => ["2 is not long month", "2 is not long month", "4 is not long month"]

# class, message, backtrace が同一のため true になる
p results[0] == results[1] # => true

# class, ba...

絞り込み条件を変える

Exception#backtrace_locations -> [Thread::Backtrace::Location] (43.0)

バックトレース情報を返します。Exception#backtraceに似ていますが、 Thread::Backtrace::Location の配列を返す点が異なります。

...require "date"
def check_long_month(month)
return if Date.new(2000, month, -1).day == 31
raise "#{month} is not long month"
end

def get_exception
return begin
yield
rescue => e
e
end
end

e = get_exception { check_long_month(2) }
p e.backtrace_locations...
...# => ["test.rb:4:in `check_long_month'", "test.rb:15:in `block in <main>'", "test.rb:9:in `get_exception'", "test.rb:15:in `<main>'"]

@see Exception#backtrace...

Time#mon -> Integer (8.0)

月を整数で返します。

...月を整数で返します。

p Time.local(2000, 1, 1).month #=> 1...

Date#<<(n) -> Date (7.0)

self より n ヶ月前の日付オブジェクトを返します。 n は数値でなければなりません。

...かもしれません。

require 'date'
Date.new(2001,3,31) << 2 #=> #<Date: 2001-01-31 ...>
Date.new(2001,3,31) << 1 << 1 #=> #<Date: 2001-01-28 ...>

Date.new(2001,3,31) << 1 << -1 #=> #<Date: 2001-03-28 ...>

Date#prev_month も参照してください。

@param n 月数...

Date#>>(n) -> Date (7.0)

self から n ヶ月後の日付オブジェクトを返します。 n は数値でなければなりません。

...かもしれません。

require 'date'
Date.new(2001,1,31) >> 2 #=> #<Date: 2001-03-31 ...>
Date.new(2001,1,31) >> 1 >> 1 #=> #<Date: 2001-03-28 ...>

Date.new(2001,1,31) >> 1 >> -1 #=> #<Date: 2001-01-28 ...>

Date#next_month も参照してください。

@param n 月数...

Time#httpdate -> String (7.0)

2616 で定義されている HTTP-date の rfc1123-date 形式の文字列を 返します。

...HTTP-date の rfc1123-date 形式の文字列を
返します。

@return 以下の形式の文字列を返します。
//emlist{
day-of-week, DD month-name CCYY hh:mm:ss GMT
//}
注意: 結果はいつも UTC (GMT) です。

使用例
require 'time'

iso8601_time = '2008-08-31T12:34:...

絞り込み条件を変える

Time#rfc2822 -> String (7.0)

2822 で定義されている date-time として表現される形式の文字列を 返します。

...me として表現される形式の文字列を
返します。

@return 以下の形式の文字列を返します。
//emlist{
day-of-week, DD month-name CCYY hh:mm:ss zone
//}
ただし zone は [+-]hhmm です。
self が UTC time の場合、zone は +0000 になります。...

Time#rfc822 -> String (7.0)

2822 で定義されている date-time として表現される形式の文字列を 返します。

...me として表現される形式の文字列を
返します。

@return 以下の形式の文字列を返します。
//emlist{
day-of-week, DD month-name CCYY hh:mm:ss zone
//}
ただし zone は [+-]hhmm です。
self が UTC time の場合、zone は +0000 になります。...

Time#strftime(format) -> String (7.0)

時刻を format 文字列に従って文字列に変換した結果を返します。

...-03 Calendar date (extended)
t.strftime("%Y-%m") # => 2001-02 Calendar date, reduced accuracy, specific month
t.strftime("%Y") # => 2001 Calendar date, reduced accuracy, specific year
t.strftime("%C") # => 2...

Time#to_a -> Array (7.0)

時刻を10要素の配列で返します。

...C 言語の tm 構造体に合わせています。ただし、
tm 構造体に zone はありません。

注意: C 言語の tm 構造体とは異なり、month は 1 月に対
して 1 を返し、year は 1998 年に対して 1998 を返します。また、
yday は 1 から数えます。...

Date#mon -> Integer (2.0)

月を返します (1-12)。

月を返します (1-12)。

絞り込み条件を変える

<< 1 2 > >>