るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
288件ヒット [1-100件を表示] (0.038秒)

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 > >>

DRb::DRbIdConv#to_id(obj) -> Integer (3.0)

オブジェクトを識別子に変換します。

オブジェクトを識別子に変換します。

DRb::DRbIdConv#to_obj(ref) -> Object (3.0)

識別子をオブジェクトに変換します。

識別子をオブジェクトに変換します。

DRb::DRbObject#==(other) -> bool (3.0)

DRb::DRbObject オブジェクト同士が同じであるなら真を返します。

...DRb::DRbObject オブジェクト同士が同じであるなら真を返します。

この同値判定は、
オブジェクトが参照している URI と識別子が等しいかどうかでします。...

DRb::DRbObject#__drbref -> Integer|nil (3.0)

リモートオブジェクトの識別子を返します。

...リモートオブジェクトの識別子を返します。

DRb
::DRbObject.new_with_uri で取り出したフロントオブジェクトは
識別子を持たないため nil を返します。...

DRb::DRbObject#__drburi -> String|nil (3.0)

リモートオブジェクトの URI を返します。

リモートオブジェクトの URI を返します。

絞り込み条件を変える

DRb::DRbObject#eql?(other) -> bool (3.0)

DRb::DRbObject オブジェクト同士が同じであるなら真を返します。

...DRb::DRbObject オブジェクト同士が同じであるなら真を返します。

この同値判定は、
オブジェクトが参照している URI と識別子が等しいかどうかでします。...

DRb::DRbRemoteError#reason -> String (3.0)

wrapされている例外クラスの名前を返します。

wrapされている例外クラスの名前を返します。

DRb::DRbServer#alive? -> bool (3.0)

サーバが生存しているならば真を返します。

...サーバが生存しているならば真を返します。

@see DRb::DRbServer#stop_service...

DRb::DRbServer#config -> Hash (3.0)

サーバの設定を返します。

...サーバの設定を返します。

@see DRb::DRbServer.new, DRb.#start_service...

DRb::DRbServer#front -> object (3.0)

サーバに設定されたフロントオブジェクトを返します。

...サーバに設定されたフロントオブジェクトを返します。

@see DRb::DRbServer.new, DRb.#start_service...

絞り込み条件を変える

DRb::DRbServer#here?(uri) -> bool (3.0)

uri がサーバに紐付けられたものであれば真を返します。

uri がサーバに紐付けられたものであれば真を返します。

@param uri URI 文字列

DRb::DRbServer#safe_level -> Integer (3.0)

サーバのセーフレベルを返します。

サーバのセーフレベルを返します。

DRb::DRbServer#stop_service -> () (3.0)

サーバを停止します。

...サーバを停止します。

@see DRb::DRbServer#alive?...
<< 1 2 3 > >>