るりまサーチ (Ruby 2.6.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
14件ヒット [1-14件を表示] (0.064秒)

ライブラリ

キーワード

検索結果

REXML::Attribute#==(other) -> bool (7.0)

属性の名前と値が other と一致する場合に真を返します。

属性の名前と値が other と一致する場合に真を返します。

REXML::Attribute#clone -> REXML::Element (7.0)

self を複製し返します。

self を複製し返します。

REXML::Attribute#element -> REXML::Element (7.0)

その属性が属する要素を返します。

その属性が属する要素を返します。

REXML::Attribute#element=(element) (7.0)

self が属する要素を変更します。

self が属する要素を変更します。

@param element 変更先の要素(REXML::Element)

REXML::Attribute#namespace(arg = nil) -> String | nil (7.0)

属性の名前空間の URI を返します。

属性の名前空間の URI を返します。

URI が定義されていない場合は nil を返します。

@param arg この値を指定すると、その属性の名前空間でなく、arg という名前空間
の URI が返されます。
通常は省略します。

=== 例
require 'rexml/document'
e = REXML::Element.new("el")
e.add_attribute("xmlns:ns", "http://www.example.com/ns")
e.add_attribute("ns:r", "rval")
p e.at...

絞り込み条件を変える

REXML::Attribute#node_type -> Symbol (7.0)

「:attribute」というシンボルを返します。

「:attribute」というシンボルを返します。

REXML::Attribute#normalized=(value) (7.0)

正規化された属性値を設定します。

正規化された属性値を設定します。

通常はライブラリが自動的にこの値を設定するので
ユーザはこれを使う必要はないでしょう。

@param value 正規化された属性値

REXML::Attribute#prefix -> String (7.0)

属性の名前空間を返します。

...elns:myelement" )
e.add_attribute( "nsa:a", "aval" )
e.add_attribute( "b", "bval" )
p e.attributes.get_attribute( "a" ).prefix # -> "nsa"
p e.attributes.get_attribute( "b" ).prefix # -> "elns"
a = REXML::Attribute.new( "x", "y" )
p a.prefix # -> ""...

REXML::Attribute#remove -> () (7.0)

self を所属する要素から取り除きます。

self を所属する要素から取り除きます。

REXML::Attribute#to_s -> String (7.0)

正規化された属性値を返します。

正規化された属性値を返します。

属性値の正規化については XML の仕様を参考にしてください。

絞り込み条件を変える

REXML::Attribute#to_string -> String (7.0)

"name='value'" という形式の文字列を返します。

"name='value'" という形式の文字列を返します。

=== 例
require 'rexml/document'
e = REXML::Element.new("el")
e.add_attribute("ns:r", "rval")
p e.attributes.get_attribute("r").to_string # => "ns:r='rval'"

REXML::Attribute#value -> String (7.0)

正規化されていない属性値を返します。

正規化されていない属性値を返します。

属性値の正規化については XML の仕様を参考にしてください。

REXML::Attribute#write(output, indent = -1) -> object (7.0)

output に self の情報を name='value' という形式で書き込みます。

output に self の情報を name='value' という形式で書き込みます。

output が返ります。

@param output 書き込み先の IO オブジェクト
@param indent インデントレベル、ここでは無視される

REXML::Attribute#xpath -> String (7.0)

その属性を指定する xpath 文字列を返します。

その属性を指定する xpath 文字列を返します。

例えば "/foo/bar/@ns:r" という文字列を返します。