るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
371件ヒット [1-100件を表示] (0.054秒)

別のキーワード

  1. time utc
  2. _builtin utc
  3. time utc?
  4. _builtin utc?
  5. time utc_offset

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Time.utc(year, mon = 1, day = 1, hour = 0, min = 0, sec = 0, usec = 0) -> Time (15108.0)

引数で指定した協定世界時の Time オブジェクトを返します。

...か文字列で指定します。(60はうるう秒)

@param usec マイクロ秒を整数か文字列で指定します。

@raise ArgumentError 与えられた引数の範囲が valid でない場合に発生します。

//emlist[][ruby]{
p Time.gm(2000, 1, 1) # => 2000-01-01 00:00:00 UTC
//}...
...60 までの整数か文字列で指定します。(60はうるう秒)

@param usec マイクロ秒を整数か文字列で指定します。

@raise ArgumentError 与えられた引数の範囲が valid でない場合に発生します。

p Time.gm(2000, 1, 1) #=> 2000-01-01 00:00:00 UTC...

Time#utc -> self (15107.0)

タイムゾーンを協定世界時に設定します。

...合には注意する必要があります。

//emlist[][ruby]{
p t = Time.local(2000,1,1,20,15,1) # => 2000-01-01 20:15:01 +0900
p t.gmt? # => false
p t.gmtime # => 2000-01-01 11:15:01 UTC
p t.gmt? # => true
//}...
...って異
なる場合があります。システムを越えて Time オブジェクトを受け
渡す場合には注意する必要があります。

t = Time.now #=> 2019-12-18 22:16:49 +0900
t.gmt? #=> false
t.gmtime #=> 2019-12-18 13:16:49 UTC
t.gmt? #=> true...

Time.utc(sec, min, hour, mday, mon, year, wday, yday, isdst, zone) -> Time (15103.0)

引数で指定した協定世界時の Time オブジェクトを返します。

引数で指定した協定世界時の Time オブジェクトを返します。

引数の順序は Time#to_a と全く同じです。
引数 wday, yday, zone に指定した値は無視されます。
引数に nil を指定した場合の値はその引数がとり得る最小の値です。

@param sec 秒を 0 から 60 までの整数か文字列で指定します。(60はうるう秒)

@param min 分を 0 から 59 までの整数か文字列で指定します。

@param hour 時を 0 から 23 までの整数か文字列で指定します。

@param mday 日を 1 から 31 までの整数か文字列で指定...

OpenSSL::ASN1.#UTCTime(value) -> OpenSSL::ASN1::UTCTime -> OpenSSL::ASN1::UTCTime (6300.0)

ASN.1 の UTCTime 型の値を表現する Ruby のオブジェクトを 生成します。

...ASN.1 の UTCTime 型の値を表現する Ruby のオブジェクトを
生成します。

OpenSSL::ASN1::UTCTime.new と同じです。

@param value ASN.1 値を表す Ruby のオブジェクト(Timeのオブジェクト)
@param tag タグ番号
@param tagging タグ付けの方法(:IMPLICIT も...

OpenSSL::ASN1.#UTCTime(value, tag, tagging, tag_class) -> OpenSSL::ASN1::UTCTime (6200.0)

ASN.1 の UTCTime 型の値を表現する Ruby のオブジェクトを 生成します。

...ASN.1 の UTCTime 型の値を表現する Ruby のオブジェクトを
生成します。

OpenSSL::ASN1::UTCTime.new と同じです。

@param value ASN.1 値を表す Ruby のオブジェクト(Timeのオブジェクト)
@param tag タグ番号
@param tagging タグ付けの方法(:IMPLICIT も...

絞り込み条件を変える

ARGF.class#putc(ch) -> object (6100.0)

文字 ch を処理対象のファイルに出力します。 ch を返します。

...象のファイルに出力します。
ch を返します。

c:ARGF#inplace時にのみ使用できます。
また $stdout への代入の影響を受けません。
それ以外は Kernel.#putc と同じです。

@param ch 出力する文字を String オブジェクトで指定します。...

IO#putc(ch) -> object (6100.0)

文字 ch を self に出力します。 引数の扱いは Kernel.#putc と同じです。詳細はこちらを参照し てください。ch を返します。

...文字 ch を self に出力します。
引数の扱いは Kernel.#putc と同じです。詳細はこちらを参照し
てください。ch を返します。

@param ch 出力したい文字を、文字列か文字コード(整数)で与えます。

@raise IOError 自身が書き込み用に...
...オープンされていなければ発生します。

@raise Errno::EXXX 出力に失敗した場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
$stdout.putc "A" # => A
$stdout.putc 65 # => A
//}

@see Kernel.#putc...

Kernel.#putc(ch) -> object (6100.0)

文字 ch を 標準出力 $stdout に出力します。

...オブジェクトを引数に
指定した場合に発生します。

putc("ch")
putc(?c)
putc(99)
putc(355)
#=> cccc

putc(99.00) #=> c
putc(33333333333333333333333333333333333) # bignum too big to convert into `long' (RangeError)

@see IO#putc...

OpenSSL::ASN1::UTCTIME -> Integer (6100.0)

ASN.1 UNIVERSAL タグの、 UTCTIME のタグ番号 23 を表す定数です。

...ASN.1 UNIVERSAL タグの、
UTC
TIME のタグ番号 23 を表す定数です。...

StringIO#putc(ch) -> object (6100.0)

文字 ch を自身に書き込みます。 ch が数字なら 0 〜 255 の範囲の対応する文字書き込みます。 ch が文字列なら、その先頭の文字を書き込みます。ch を返します。

文字 ch を自身に書き込みます。 ch が数字なら 0 〜 255 の範囲の対応する文字書き込みます。
ch が文字列なら、その先頭の文字を書き込みます。ch を返します。

@param ch 書き込みたい文字を、整数か文字列で指定します。ch が Float や Rational であっても、整数に変換されてから書き込まれます。

@raise IOError 自身が書き込み用にオープンされていなければ発生します。

絞り込み条件を変える

Zlib::GzipWriter#putc(ch) -> object (6100.0)

文字 ch を自身に出力します。

...require 'zlib'

filename='hoge1.gz'
fw = File.open(filename, "w")
Zlib::GzipWriter.wrap(fw, Zlib::BEST_COMPRESSION){|gz|
gz.putc ?u
gz.putc ?g
gz.putc ?o
}
fr = File.open(filename)
Zlib::GzipReader.wrap(fr){|gz|
puts gz.read
}
#=> ugo

@see IO#putc, Kernel.#putc...

OpenSSL::ASN1::UTCTime (6000.0)

ASN.1 の UTCTime 型(Universal タグのタグ番号23)を表すクラスです。

...ASN.1 の UTCTime 型(Universal タグのタグ番号23)を表すクラスです。...

Time#utc? -> bool (3131.0)

self のタイムゾーンが協定世界時に設定されていれば真を返します。

...設定されていれば真を返します。

//emlist[][ruby]{
p t = Time.local(2017,9,19,15,0,0) # => 2017-09-19 15:00:00 +0900
p t.utc? # => false
p utc_t = t.getutc # => 2017-09-19 06:00:00 UTC
p utc_t.utc? # => true
//}...
...が協定世界時に設定されていれば真を返します。

t = Time.local(2017,9,19,15,0,0) # => 2017-09-19 15:00:00 +0900
t.utc? # => false
utc
_t = t.getutc # => 2017-09-19 06:00:00 UTC
utc
_t.utc? # => true...

Time#utc_offset -> Integer (3119.0)

協定世界時との時差を秒を単位とする数値として返します。

...合][ruby]{
p Time.now.zone # => "JST"
p Time.now.utc_offset # => 32400
//}

タイムゾーンが協定世界時に設定されている場合は 0 を返します。

//emlist[協定世界時の場合][ruby]{
p Time.now.getgm.zone # => "UTC"
p Time.now.getgm.utc_offset # => 0
//}...
...ている場合(アメリカなど)には負の値になります。

p Time.now.zone # => "JST"
p Time.now.utc_offset
# => 32400

タイムゾーンが協定世界時に設定されている場合は 0 を返します。

p Time.now.zone # => "JST"
p Time.now.getgm.utc_offset
# => 0...

Time#getutc -> Time (3106.0)

タイムゾーンを協定世界時に設定した Time オブジェクトを新しく 生成して返します。

...

//emlist[][ruby]{
p t = Time.local(2000,1,1,20,15,1) #=> 2000-01-01 20:15:01 +0900
p t.gmt? #=> false
p y = t.getgm #=> 2000-01-01 11:15:01 UTC
p y.gmt? #=> true
p t == y #=> true
//}...
...成して返します。

t = Time.local(2000,1,1,20,15,1) #=> 2000-01-01 20:15:01 +0900
t.gmt? #=> false
y = t.getgm #=> 2000-01-01 11:15:01 UTC
y.gmt? #=> true
t == y #=> true...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 3 ... > >>