るりまサーチ (Ruby 2.4.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
35件ヒット [1-35件を表示] (0.112秒)
トップページ > クエリ:tracer[x] > バージョン:2.4.0[x] > クラス:Tracer[x]

別のキーワード

  1. tracer on
  2. tracer add_filter
  3. tracer set_get_line_procs
  4. tracer off
  5. tracer stdout

検索結果

Tracer::Single -> Tracer (51307.0)

@todo

@todo

Tracer.off -> nil (51070.0)

トレース出力を中断します。 トレース出力を開始するには、Tracer.onを使用します。

...トレース出力を中断します。
トレース出力を開始するには、Tracer.onを使用します。

@see Tracer.on...

Tracer.on -> nil (51058.0)

トレース出力を開始します。 ブロックを与えられた場合はそのブロック内のみトレース出力を行います。

...られた場合はそのブロック内のみトレース出力を行います。

require 'tracer'

Tracer
.on
class Test
def test
b = 2
end
end

t = Test.new
t.test

@see Tracer.off...

Tracer.on {...} (51058.0)

トレース出力を開始します。 ブロックを与えられた場合はそのブロック内のみトレース出力を行います。

...られた場合はそのブロック内のみトレース出力を行います。

require 'tracer'

Tracer
.on
class Test
def test
b = 2
end
end

t = Test.new
t.test

@see Tracer.off...

Tracer.set_get_line_procs(filename) {|line| .... } (51058.0)

あるファイルについて利用する、行番号からソースのその行の内容を返す 手続きを指定します。何も指定しなければデフォルトの動作が利用されます。 指定する手続きは行番号を唯一の引数として呼び出されます。

...my.rb の3行目から6 行目のトレース出力に !! をつける
require 'tracer'

Tracer
.set_get_line_procs('./dummy.rb'){|line|
str = "\n"
str = "!!\n" if line >= 3 and line <= 6
str
}
Tracer
.on
require 'dummy'

dm = Dummy.new
puts dm.number

=begin
# dummy.rb...

絞り込み条件を変える

Tracer.set_get_line_procs(filename, proc) (51058.0)

あるファイルについて利用する、行番号からソースのその行の内容を返す 手続きを指定します。何も指定しなければデフォルトの動作が利用されます。 指定する手続きは行番号を唯一の引数として呼び出されます。

...my.rb の3行目から6 行目のトレース出力に !! をつける
require 'tracer'

Tracer
.set_get_line_procs('./dummy.rb'){|line|
str = "\n"
str = "!!\n" if line >= 3 and line <= 6
str
}
Tracer
.on
require 'dummy'

dm = Dummy.new
puts dm.number

=begin
# dummy.rb...

Tracer.stdout=(fp) (51058.0)

トレース出力先を変更します。

...ース出力先を変更します。

@param fp 新しいトレース出力先を指定します。

require 'tracer'

fp = File.open('temptrace.txt', "w")
Tracer
.stdout = fp
Tracer
.on {
puts "Hello"
}
fp.close...

Tracer.verbose=(flag) (51058.0)

トレース出力の開始や終了を知らせる文字列("Trace on"または"Trace off")が必要なら真を設定します。

...

@param flag トレース出力の開始や終了を知らせる文字列が必要ならtrueを設定します。

require 'tracer'

Tracer
.verbose = true
Tracer
.on {
puts "Hello"
}

# 出力例
Trace on
#0:t5.rb:7::-: puts "Hello"
#0:t5.rb:7:Kernel:>: puts "Hello"
#0:t...

Tracer#stdout -> IO (51052.0)

@see Tracer.stdout

...@see Tracer.stdout...

Tracer.add_filter {|event, file, line, id, binding, klass| .... } (51022.0)

トレース出力するかどうかを決定するフィルタを追加します。 何もフィルタを与えない場合はすべての行についてトレース情報が出力されます。 与えられた手続き(ブロックまたはProcオブジェクト)が真を返せば トレースは出力されます。

...じです。

=== フィルタ手続きのパラメータ

: event
イベントを表す文字列。
以下の種類がある。カッコ内は tracer の出力での表記。

//emlist{
* line (-) ある行を実行
* call (>) メソッド呼び出し
* return (<) メソッドから...

絞り込み条件を変える

Tracer.add_filter(proc) (51022.0)

トレース出力するかどうかを決定するフィルタを追加します。 何もフィルタを与えない場合はすべての行についてトレース情報が出力されます。 与えられた手続き(ブロックまたはProcオブジェクト)が真を返せば トレースは出力されます。

...じです。

=== フィルタ手続きのパラメータ

: event
イベントを表す文字列。
以下の種類がある。カッコ内は tracer の出力での表記。

//emlist{
* line (-) ある行を実行
* call (>) メソッド呼び出し
* return (<) メソッドから...

Tracer::EVENT_SYMBOL (51022.0)

トレース出力のシンボルのハッシュです。 下記のような文字列があります。

..."line" => "-",
"call" => ">",
"return" => "<",
"class" => "C",
"end" => "E",
"c-call" => ">",
"c-return" => "<",
}

@see Tracer.add_filter...

Tracer#add_filter(p = proc) (51004.0)

@todo

@todo

フィルターを追加します。

@param p Proc オブジェクトを指定します。

Tracer#get_line(file, line) -> String (51004.0)

@todo

@todo

@param file

@param line

Tracer#get_thread_no -> Integer (51004.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

Tracer#off -> () (51004.0)

トレース出力を中断します。

トレース出力を中断します。

Tracer#on -> () (51004.0)

トレース出力を再開します。

トレース出力を再開します。

ブロックを与えるとブロックの実行中のみトレースを出力します。

Tracer#on { ... } -> () (51004.0)

トレース出力を再開します。

トレース出力を再開します。

ブロックを与えるとブロックの実行中のみトレースを出力します。

Tracer#set_get_line_procs(file, p = proc) (51004.0)

@todo

@todo

Tracer#trace_func(event, file, line, id, binding, klass, *) -> object | nil (51004.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

Tracer.display_c_call -> bool (51004.0)

真ならば、ビルトインメソッドの呼び出しを表示します。 デフォルトは偽です。

真ならば、ビルトインメソッドの呼び出しを表示します。
デフォルトは偽です。

Tracer.display_c_call=(flag) (51004.0)

ビルトインメソッドの呼び出しを表示するかどうかを設定します。

ビルトインメソッドの呼び出しを表示するかどうかを設定します。

@param flag ビルトインメソッドの呼び出しを表示するならば、真を指定します。

Tracer.display_c_call? -> bool (51004.0)

真ならば、ビルトインメソッドの呼び出しを表示します。 デフォルトは偽です。

真ならば、ビルトインメソッドの呼び出しを表示します。
デフォルトは偽です。

Tracer.display_process_id -> bool (51004.0)

真ならば、プロセス ID を表示します。 デフォルトは、偽です。

真ならば、プロセス ID を表示します。
デフォルトは、偽です。

Tracer.display_process_id=(flag) (51004.0)

プロセス ID を表示するかどうかを設定します。

プロセス ID を表示するかどうかを設定します。

@param flag プロセス ID を表示するならば、真を指定します。

絞り込み条件を変える

Tracer.display_process_id? -> bool (51004.0)

真ならば、プロセス ID を表示します。 デフォルトは、偽です。

真ならば、プロセス ID を表示します。
デフォルトは、偽です。

Tracer.display_thread_id -> bool (51004.0)

真ならば、スレッド ID を表示します。 デフォルトは、真です。

真ならば、スレッド ID を表示します。
デフォルトは、真です。

Tracer.display_thread_id=(flag) (51004.0)

スレッド ID を表示するかどうかを設定します。

スレッド ID を表示するかどうかを設定します。

@param flag スレッド ID を表示するならば、真を指定します。

Tracer.display_thread_id? -> bool (51004.0)

真ならば、スレッド ID を表示します。 デフォルトは、真です。

真ならば、スレッド ID を表示します。
デフォルトは、真です。

Tracer.new (51004.0)

自身を初期化します。

自身を初期化します。

絞り込み条件を変える

Tracer.stdout -> object (51004.0)

トレース出力先を参照します。

トレース出力先を参照します。

Tracer.stdout_mutex -> Mutex (51004.0)

@todo

@todo

Tracer.verbose -> bool (51004.0)

真ならばトレース出力の開始や終了を知らせます。

真ならばトレース出力の開始や終了を知らせます。

Tracer.verbose? -> bool (51004.0)

真ならばトレース出力の開始や終了を知らせます。

真ならばトレース出力の開始や終了を知らせます。

Tracer.trace_func(*vars) -> object | nil (27004.0)

debug ライブラリの内部で使用します。

debug ライブラリの内部で使用します。

絞り込み条件を変える