るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
107件ヒット [1-100件を表示] (0.093秒)

別のキーワード

  1. gdbm sync
  2. sync fail
  3. csv sync=
  4. csv sync
  5. zlib sync

ライブラリ

クラス

キーワード

検索結果

<< 1 2 > >>

Sync.new -> Sync (35240.0)

Sync_mをincludeしたクラスのオブジェクトを返します。 使い方はSync_mを参照してください。

...
Sync
_mをincludeしたクラスのオブジェクトを返します。
使い方はSync_mを参照してください。

@see Sync_m...

GDBM.new(dbname, mode = 0666, flags = 0) -> GDBM (18107.0)

dbname で指定したデータベースをモードを mode に設定してオープンします。

...

@param flags flags には、GDBM::FAST, GDBM::SYNC, GDBM::NOLOCK
の論理和を指定します。デフォルト値は指定なし(つまり0)です。
flags に GDBM::READER, GDBM::WRITER, GDBM::WRCREAT, GDBM::NEWDB
のいずれかを与えて読み書...

CSV#sync=(newstate) (6223.0)

IO#sync= に委譲します。

...IO#sync= に委譲します。


@see IO#sync=...

IO#sync=(newstate) (6207.0)

自身を同期モードに設定すると、出力関数の呼出毎にバッファがフラッシュされます。

...自身を同期モードに設定すると、出力関数の呼出毎にバッファがフラッシュされます。

@param newstate 自身を同期モードに設定するかを boolean で指定します。

@raise IOError 既に close されていた場合に発生します。

@see IO#sync...

Mutex#synchronize { ... } -> object (6106.0)

mutex をロックし、ブロックを実行します。実行後に必ず mutex のロックを解放します。

...また、Signal.#trap に指定したハンドラ内で実行
した場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
m = Mutex.new
result = m.synchronize do
m.locked? # => true
# critical part
"result"
end
m.locked? # => false
result # => "result"
//}...

絞り込み条件を変える

Thread::Mutex#synchronize { ... } -> object (6106.0)

mutex をロックし、ブロックを実行します。実行後に必ず mutex のロックを解放します。

...また、Signal.#trap に指定したハンドラ内で実行
した場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
m = Mutex.new
result = m.synchronize do
m.locked? # => true
# critical part
"result"
end
m.locked? # => false
result # => "result"
//}...

NEWS for Ruby 2.6.0 (6090.0)

NEWS for Ruby 2.6.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...NEWS for Ruby 2.6.0
このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

それぞれのエントリーは参照情報があるため短いです。
十分な情報と共に書かれた全ての変更のリス...
...作成するディスクリプタに FD_CLOEXEC フラグは設定されます。) 14907

* KeyError
* 新規オプション
* KeyError.new に :receiver と :key にオプションが追加されて
Ruby コードからも設定できるようになりました。 14313

* Met...
...* e2mmap
* forwardable
* irb
* logger
* matrix
* mutex_m
* ostruct
* prime
* rexml
* rss
* shell
* sync
* thwait
* tracer

* BigDecimal
* 以下のメソッドが削除されました。
* BigDecimal.allocate
* BigDecimal.ver...

NEWS for Ruby 2.7.0 (6054.0)

NEWS for Ruby 2.7.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...NEWS for Ruby 2.7.0
このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

それぞれのエントリーは参照情報があるため短いです。
十分な情報と共に書かれた全ての変更のリス...
...name: "Alice", children: [{name: "Charlie", age: age}]}
#=> NoMatchingPatternError
//}

* 詳細は https://speakerdeck.com/k_tsj/pattern-matching-new-feature-in-ruby-2-dot-7 のスライドを参照してください。
* スライドは少し古い内容になっていることに注意して...
...する gem をインストールしてください。
* CMath (cmath gem)
* Scanf (scanf gem)
* Shell (shell gem)
* Synchronizer (sync gem)
* ThreadsWait (thwait gem)
* E2MM (e2mmap gem)

* Proc
* Proc#to_sの形式が変更されました。 16101

* Rang...

ruby 1.6 feature (3282.0)

ruby 1.6 feature ruby version 1.6 は安定版です。この版での変更はバグ修正がメイン になります。

...00019>))

: 2002-09-11: Queue#((<Queue/pop>))

Queue#pop に競合状態の問題がありました ((<ruby-dev:17223>))

: 2002-09-11: SizedQueue.new

引数に 0 以下を受けつけるバグが修正されました。

: 2002-09-05: ((<リテラル/式展開>))

stable snapshot で、一...
...フォルト値 (((<Hash/default>))) も == で等しい
ときに等しいとみなされるようになりました。

p Hash.new("foo") == Hash.new("bar")

=> ruby 1.6.7 (2002-03-01) [i586-linux]
true
=> ruby 1.6.7 (2002-08-21) [i586-linux]
false...
...rch.

((<ruby-bugs:PR#140>)), ((<ruby-ext:01778>)), ((<ruby-dev:13659>))

: sync
: mutex_m

Fixed for obj.extend(Sync_m) and obj.extend(Mutex_m).((<ruby-dev:13463>))

$ ruby -v -rsocket -rmutex_m -e 's=TCPSocket.new("localhost",25); s.extend(Mutex_m)'
ruby 1.6.4 (2001-06-04) [i386-linux]...

Zlib::Deflate#flush(flush = Zlib::SYNC_FLUSH) -> String (135.0)

deflate('', flush) と同じです。flush が 省略された時は Zlib::SYNC_FLUSH が使用されます。 このメソッドはスクリプトの可読性のために提供されています。

...時は Zlib::SYNC_FLUSH が使用されます。
このメソッドはスクリプトの可読性のために提供されています。

@param flush Zlib::NO_FLUSH Zlib::SYNC_FLUSH Zlib::FULL_FLUSH などを指定します。

require 'zlib'

def case1
dez = Zlib::Deflate.new
comp_str...
...r << dez.deflate(' end', Zlib::FINISH)
dez.close
p comp_str
p Zlib::Inflate.inflate(comp_str)
end

def case2
dez = Zlib::Deflate.new
comp_str = dez.deflate('hoge')
comp_str << dez.flush
comp_str << dez.deflate(' fuga')
comp_str << dez.flush
comp_str << dez.def...

絞り込み条件を変える

CSV.open(filename, mode = "rb", options = Hash.new) -> CSV (128.0)

このメソッドは IO オブジェクトをオープンして CSV でラップします。 これは CSV ファイルを書くための主要なインターフェイスとして使うことを意図しています。

...#fcntl
* IO#fileno
* File#flock
* IO#flush
* IO#fsync
* IO#internal_encoding
* IO#ioctl
* IO#isatty
* File#path
* IO#pid
* IO#pos
* IO#pos=
* IO#reopen
* IO#seek
* IO#stat
* StringIO#string
* IO#sync
* IO#sync=
* IO#tell
* IO#to_i
* IO#to_io
* File#truncate...
...lename ファイル名を指定します。

@param mode IO.open に指定できるものと同じものを指定できます。

@param options CSV.new のオプションと同じオプションを指定できます。

//emlist[例 読み取り・ブロック指定なし][ruby]{
require "csv"

Fil...
..."20"]
csv << ["2", "jiro", "suzuki", "18"]
csv << ["3", "ami", "sato", "19"]
csv << ["4", "yumi", "adachi", "21"]
end
print File.read("test.csv")

# => id,first name,last name,age
# 1,taro,tanaka,20
# 2,jiro,suzuki,18
# 3,ami,sato,19
# 4,yumi,adachi,21
//}

@see CSV.new, IO.open...

CSV.open(filename, mode = "rb", options = Hash.new) {|csv| ... } -> nil (128.0)

このメソッドは IO オブジェクトをオープンして CSV でラップします。 これは CSV ファイルを書くための主要なインターフェイスとして使うことを意図しています。

...#fcntl
* IO#fileno
* File#flock
* IO#flush
* IO#fsync
* IO#internal_encoding
* IO#ioctl
* IO#isatty
* File#path
* IO#pid
* IO#pos
* IO#pos=
* IO#reopen
* IO#seek
* IO#stat
* StringIO#string
* IO#sync
* IO#sync=
* IO#tell
* IO#to_i
* IO#to_io
* File#truncate...
...lename ファイル名を指定します。

@param mode IO.open に指定できるものと同じものを指定できます。

@param options CSV.new のオプションと同じオプションを指定できます。

//emlist[例 読み取り・ブロック指定なし][ruby]{
require "csv"

Fil...
..."20"]
csv << ["2", "jiro", "suzuki", "18"]
csv << ["3", "ami", "sato", "19"]
csv << ["4", "yumi", "adachi", "21"]
end
print File.read("test.csv")

# => id,first name,last name,age
# 1,taro,tanaka,20
# 2,jiro,suzuki,18
# 3,ami,sato,19
# 4,yumi,adachi,21
//}

@see CSV.new, IO.open...

CSV.open(filename, options = Hash.new) -> CSV (128.0)

このメソッドは IO オブジェクトをオープンして CSV でラップします。 これは CSV ファイルを書くための主要なインターフェイスとして使うことを意図しています。

...#fcntl
* IO#fileno
* File#flock
* IO#flush
* IO#fsync
* IO#internal_encoding
* IO#ioctl
* IO#isatty
* File#path
* IO#pid
* IO#pos
* IO#pos=
* IO#reopen
* IO#seek
* IO#stat
* StringIO#string
* IO#sync
* IO#sync=
* IO#tell
* IO#to_i
* IO#to_io
* File#truncate...
...lename ファイル名を指定します。

@param mode IO.open に指定できるものと同じものを指定できます。

@param options CSV.new のオプションと同じオプションを指定できます。

//emlist[例 読み取り・ブロック指定なし][ruby]{
require "csv"

Fil...
..."20"]
csv << ["2", "jiro", "suzuki", "18"]
csv << ["3", "ami", "sato", "19"]
csv << ["4", "yumi", "adachi", "21"]
end
print File.read("test.csv")

# => id,first name,last name,age
# 1,taro,tanaka,20
# 2,jiro,suzuki,18
# 3,ami,sato,19
# 4,yumi,adachi,21
//}

@see CSV.new, IO.open...

CSV.open(filename, options = Hash.new) {|csv| ... } -> nil (128.0)

このメソッドは IO オブジェクトをオープンして CSV でラップします。 これは CSV ファイルを書くための主要なインターフェイスとして使うことを意図しています。

...#fcntl
* IO#fileno
* File#flock
* IO#flush
* IO#fsync
* IO#internal_encoding
* IO#ioctl
* IO#isatty
* File#path
* IO#pid
* IO#pos
* IO#pos=
* IO#reopen
* IO#seek
* IO#stat
* StringIO#string
* IO#sync
* IO#sync=
* IO#tell
* IO#to_i
* IO#to_io
* File#truncate...
...lename ファイル名を指定します。

@param mode IO.open に指定できるものと同じものを指定できます。

@param options CSV.new のオプションと同じオプションを指定できます。

//emlist[例 読み取り・ブロック指定なし][ruby]{
require "csv"

Fil...
..."20"]
csv << ["2", "jiro", "suzuki", "18"]
csv << ["3", "ami", "sato", "19"]
csv << ["4", "yumi", "adachi", "21"]
end
print File.read("test.csv")

# => id,first name,last name,age
# 1,taro,tanaka,20
# 2,jiro,suzuki,18
# 3,ami,sato,19
# 4,yumi,adachi,21
//}

@see CSV.new, IO.open...

Zlib::Deflate#deflate(string, flush = Zlib::NO_FLUSH) -> String (28.0)

string を圧縮ストリームに入力します。処理後、ストリームからの 出力を返します。このメソッドを呼ぶと出力バッファ及び入力バッファは 空になります。string が nil の場合はストリームへの入力を 終了します。(Zlib::ZStream#finish と同じ)。 flush には Zlib::NO_FLUSH, Zlib::SYNC_FLUSH, Zlib::FULL_FLUSH, Zlib::FINISH のいずれかを指定します。 詳しくは zlib.h を参照して下さい。

...flush には Zlib::NO_FLUSH, Zlib::SYNC_FLUSH,
Zlib::FULL_FLUSH, Zlib::FINISH のいずれかを指定します。
詳しくは zlib.h を参照して下さい。

@param string 圧縮する文字列を指定します。
@param flush Zlib::NO_FLUSH, Zlib::SYNC_FLUSH,
Zlib::FULL_FLUSH,...
...Zlib::FINISH のいずれかを指定します。

require 'zlib'

dez = Zlib::Deflate.new
p dez.deflate("123" * 20, Zlib::FINISH) #=> "x\2343426$\027\001\000e\217\v\271"...

絞り込み条件を変える

Mutex_m (18.0)

スレッド同期機構である Thread::Mutex のモジュール版です。クラスに Module#include することでそのクラスに Mutex 機能を持たせることができます。 また、普通のオブジェクトを Object#extend により Mutex にする事ができます。

...ールによるロックは再入不可能です。再入可能な同等品が必要な場合は
Sync
_m の利用を考えてください。

「mu_」の付かないメソッド(Mutex_m#lock, Mutex_m#synchronize,
Mutex_m#locked?, Mutex_m#try_lock, Mutex_m#unlock)
はモジュールにincludeした...
..."mutex_m"
class Foo
include Mutex_m
...
end
obj = Foo.new
obj.synchronize do
# 危険領域(critical section)
...
end

オブジェクトに Object#extend する例
require "mutex_m"
obj = Object.new
obj.extend(Mutex_m)
obj.lock
# 危険領域(critical section)...
<< 1 2 > >>