るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
99件ヒット [1-99件を表示] (0.022秒)
トップページ > クエリ:spec/safelevel[x]

別のキーワード

  1. format spec
  2. format spec=
  3. oldformat spec
  4. installer spec
  5. uninstaller spec

検索結果

セキュリティモデル (23000.0)

セキュリティモデル RubyにはCGI等のプログラミングを安全に行うことを助ける為に、セキュリティ 機構が備わっています。

セキュリティモデル
RubyにはCGI等のプログラミングを安全に行うことを助ける為に、セキュリティ
機構が備わっています。

Rubyのセキュリティモデルは「オブジェクトの汚染」と「セーフレベル」という
仕組みによってなりたっています。

=== オブジェクトの汚染

Rubyではオブジェクトは「汚染されている」とみなされることがあります。この
しくみは大きく分けて二つの使われ方をします。

ひとつ目は、信用できない入力をもとに作られたオブジェクトを「汚染されてい
る」とみなし、「危険な操作」の引数として使えないようにすることです。悪意
あるデータによって、プログラムが意図しない動作をする事...

Ruby用語集 (12.0)

Ruby用語集 A B C D E F G I J M N O R S Y

...ッド呼び出し等に
制限を課していた。
しかし、Ruby 2.7 でこの機構は実質的に無効化された。

参照:spec/safelevel

: 鬼雲
: Onigmo
Ruby 2.0 以降採用されている正規表現エンジン。鬼車のフォーク。

参照:spec/regexp

: 鬼車...
...無い。

: セーフレベル
オブジェクトの汚染状態に基づき、行える操作に制限を加える仕組み。

参照:spec/safelevel

: セッター
: setter
オブジェクトのインスタンス変数に値を代入するためのメソッド。
インスタンス変...

ENV (6.0)

環境変数を表すオブジェクト。Hash と同様のインターフェースを持ち ます。ただし、Hash と異なり、ENV のキーと値には文字列しか とることができません。

...ません。

ENV で得られる文字列は ENV['PATH'] 以外は常に汚染されています。
オブジェクトの汚染に関しては spec/safelevel を参照して下さい。
ENV['PATH'] はその要素が誰でも書き込み可能なディレクトリを含ん
でいる場合に限り...

Kernel$$SAFE -> Integer (6.0)

カレントスレッドのセーフレベルを表す整数です。

...カレントスレッドのセーフレベルを表す整数です。

セーフレベルについてはspec/safelevel を参照してください。

Thread.current.safe_level と同じです。
非整数を代入しようとすると TypeError が発生します。

この変数はスレッドロ...
...カレントプロセスのセーフレベルを表す整数です。

セーフレベルについてはspec/safelevel を参照してください。

Thread.current.safe_level と同じです。
非整数を代入しようとすると TypeError が発生します。

この変数はグローバル...

Method#===(*args) -> object (6.0)

メソッドオブジェクトに封入されているメソッドを起動します。

...染されている場合、そのメソッドは、セーフレベル 4 で実行されます

@param args self に渡される引数。

@see spec/safelevel

//emlist[例][ruby]{
class Foo
def foo(arg)
"foo called with arg #{arg}"
end
end

m = Foo.new.method(:foo) # => #<Method: Foo#foo>
m[...
...のメソッドは、セーフレベル 4 で実行されます

@param args self に渡される引数。

@see UnboundMethod#bind_call
@see spec/safelevel

//emlist[例][ruby]{
class Foo
def foo(arg)
"foo called with arg #{arg}"
end
end

m = Foo.new.method(:foo) # => #<Method: Foo#foo>
m[1...

絞り込み条件を変える

Method#[](*args) -> object (6.0)

メソッドオブジェクトに封入されているメソッドを起動します。

...染されている場合、そのメソッドは、セーフレベル 4 で実行されます

@param args self に渡される引数。

@see spec/safelevel

//emlist[例][ruby]{
class Foo
def foo(arg)
"foo called with arg #{arg}"
end
end

m = Foo.new.method(:foo) # => #<Method: Foo#foo>
m[...
...のメソッドは、セーフレベル 4 で実行されます

@param args self に渡される引数。

@see UnboundMethod#bind_call
@see spec/safelevel

//emlist[例][ruby]{
class Foo
def foo(arg)
"foo called with arg #{arg}"
end
end

m = Foo.new.method(:foo) # => #<Method: Foo#foo>
m[1...

Method#call(*args) -> object (6.0)

メソッドオブジェクトに封入されているメソッドを起動します。

...染されている場合、そのメソッドは、セーフレベル 4 で実行されます

@param args self に渡される引数。

@see spec/safelevel

//emlist[例][ruby]{
class Foo
def foo(arg)
"foo called with arg #{arg}"
end
end

m = Foo.new.method(:foo) # => #<Method: Foo#foo>
m[...
...のメソッドは、セーフレベル 4 で実行されます

@param args self に渡される引数。

@see UnboundMethod#bind_call
@see spec/safelevel

//emlist[例][ruby]{
class Foo
def foo(arg)
"foo called with arg #{arg}"
end
end

m = Foo.new.method(:foo) # => #<Method: Foo#foo>
m[1...

Method#call(*args) { ... } -> object (6.0)

メソッドオブジェクトに封入されているメソッドを起動します。

...染されている場合、そのメソッドは、セーフレベル 4 で実行されます

@param args self に渡される引数。

@see spec/safelevel

//emlist[例][ruby]{
class Foo
def foo(arg)
"foo called with arg #{arg}"
end
end

m = Foo.new.method(:foo) # => #<Method: Foo#foo>
m[...
...のメソッドは、セーフレベル 4 で実行されます

@param args self に渡される引数。

@see UnboundMethod#bind_call
@see spec/safelevel

//emlist[例][ruby]{
class Foo
def foo(arg)
"foo called with arg #{arg}"
end
end

m = Foo.new.method(:foo) # => #<Method: Foo#foo>
m[1...

Object#taint -> self (6.0)

このメソッドは Ruby 2.7 から deprecated で、Ruby 3.2 で削除予定です。

...得られる文字列)など一部のオブジェクトは最初から汚染されています。
オブジェクトの汚染に関してはspec/safelevelを参照してください。

//emlist[][ruby]{
$SAFE = 1

some = "puts '@&%&(#!'"
p some.tainted? #=> false
eval(some) #=> @&%&(#!

some.tain...

Object#tainted? -> bool (6.0)

...オブジェクトの「汚染マーク」がセットされている時真を返します。

オブジェクトの汚染に関してはspec/safelevelを参照してください。

//emlist[][ruby]{
p String.new.tainted? #=> false
p ENV['OS'].tainted? #=> true
//}

このメソッドは Ruby 2.7...

絞り込み条件を変える

Object#untaint -> self (6.0)

オブジェクトの「汚染マーク」を取り除きます。

...取り除くことによる危険性はプログラマが責任を負う必要が
あります。

オブジェクトの汚染に関してはspec/safelevelを参照してください。


ruby -e 'p ARGV[0].tainted?;t=+ARGV[0];t.untaint;p t.tainted?' hoge
# => true
# false

このメソッド...

SecurityError (6.0)

セキュリティ上の問題が起きたときに発生します。

...セキュリティ上の問題が起きたときに発生します。

spec/safelevel
も参照してください。...

Thread#safe_level -> Integer (6.0)

セーフレベルを返します。

...$SAFEがプロセスグローバルになったため、このメソッドは obsolete になりました。

セーフレベルについてはspec/safelevelを参照してください。

//emlist[例][ruby]{
thr = Thread.new { $SAFE = 1; sleep }
Thread.current.safe_level # => 0
thr.safe_level...
...、このメソッドは obsolete になりました。
単純に $SAFE をチェックしてください。

セーフレベルについてはspec/safelevelを参照してください。

//emlist[例][ruby]{
thr = Thread.new { $SAFE = 1; sleep }
Thread.current.safe_level # => 0
thr.safe_level...

オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby リファレンスマニュアル (6.0)

オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby リファレンスマニュアル * Ruby オフィシャルサイト https://www.ruby-lang.org/ja/ * 開発版対応リファレンス * 原著:まつもとゆきひろ * 最新版URL: https://www.ruby-lang.org/ja/documentation/

...

Ruby でのオブジェクト:
* spec/object
* spec/class

プロセスの実行:
* spec/eval
* spec/terminate
* spec/thread
* spec/safelevel

Ruby の文法:
* spec/lexical
* spec/program
* spec/variables
* spec/literal
* spec/operator
* spec/control
* spec/call
* s...