るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
80件ヒット [1-80件を表示] (0.115秒)
トップページ > クエリ:rfc822[x] > 種類:インスタンスメソッド[x]

別のキーワード

  1. date rfc3339
  2. date rfc822
  3. date rfc2822
  4. time rfc2822
  5. time rfc822

ライブラリ

クラス

キーワード

検索結果

Date#rfc822 -> String (15102.0)

2822 で定められた書式の文字列を返します。

2822 で定められた書式の文字列を返します。

Time#rfc822 -> String (15102.0)

2822 で定義されている date-time として表現される形式の文字列を 返します。

2822 で定義されている date-time として表現される形式の文字列を
返します。

@return 以下の形式の文字列を返します。
//emlist{
day-of-week, DD month-name CCYY hh:mm:ss zone
//}
ただし zone は [+-]hhmm です。
self が UTC time の場合、zone は +0000 になります。

使用例
require 'time'

iso8601_time = '2008-08-31T12:34:56+09:00'
t = Time.iso8601...

URI::MailTo#to_rfc822text -> String (3102.0)

URI オブジェクトからメールテキスト文字列を生成します。

URI オブジェクトからメールテキスト文字列を生成します。

例:
require 'uri'
p mailto = URI.parse("mailto:ruby-list@ruby-lang.org?subject=subscribe&cc=myaddr")
print mailto.to_mailtext

=> #<URI::MailTo:0x20104a0e URL:mailto:ruby-list@ruby-lang.org?subject=subscribe&cc=myaddr>
To: ruby-list@ruby-lang.org
Sub...

Net::IMAP::FetchData#attr -> { String => object } (25.0)

各メッセージのアトリビュートの値をハッシュテーブルで返します。

...ERNALDATE
メッセージの内部日付。文字列。
: RFC822
BODY[] と同じ。文字列。
: RFC822.HEADER
BODY.PEEK[HEADER] と同じ。文字列。
: RFC822.SIZE
メッセージの 822 サイズ。整数。
: RFC822.TEXT
BODY[TEXT] と同じ。文字列。
: UID
UID...

Net::IMAP#fetch(set, attr) -> [Net::IMAP::FetchData] (13.0)

FETCH コマンドを送り、メールボックス内のメッセージに 関するデータを取得します。

...hData seqno=6, attr={"BODY[HEADER.FIELDS (SUBJECT)]"=>"Subject: test\r\n\r\n"}>]
data = imap.uid_fetch(98, ["RFC822.SIZE", "INTERNALDATE"])[0]
p data.seqno
#=> 6
p data.attr["RFC822.SIZE"]
#=> 611
p data.attr["INTERNALDATE"]
#=> "12-Oct-2000 22:40:59 +0900"
p data.attr["UID"]
#=> 9...

絞り込み条件を変える

Date#rfc2822 -> String (2.0)

2822 で定められた書式の文字列を返します。

2822 で定められた書式の文字列を返します。

Time#rfc2822 -> String (2.0)

2822 で定義されている date-time として表現される形式の文字列を 返します。

2822 で定義されている date-time として表現される形式の文字列を
返します。

@return 以下の形式の文字列を返します。
//emlist{
day-of-week, DD month-name CCYY hh:mm:ss zone
//}
ただし zone は [+-]hhmm です。
self が UTC time の場合、zone は +0000 になります。

使用例
require 'time'

iso8601_time = '2008-08-31T12:34:56+09:00'
t = Time.iso8601...

URI::MailTo#to_mailtext -> String (2.0)

URI オブジェクトからメールテキスト文字列を生成します。

URI オブジェクトからメールテキスト文字列を生成します。

例:
require 'uri'
p mailto = URI.parse("mailto:ruby-list@ruby-lang.org?subject=subscribe&cc=myaddr")
print mailto.to_mailtext

=> #<URI::MailTo:0x20104a0e URL:mailto:ruby-list@ruby-lang.org?subject=subscribe&cc=myaddr>
To: ruby-list@ruby-lang.org
Sub...